安定よりも成長したい。新たなチャレンジの場を求めて、MAPで2度の転職活動。

CAREER
T.Kさん(転職時年齢 29歳)
1社目:動物病院向け 犬猫サプリメント 営業
2社目:東証一部上場IT企業 事業部長
3社目:ITソリューション企業 コンサルタント職

原田さんは初めての転職をサポートしてくれた人。
本音で向き合ってくれるから、次もお願いしようと決めました。

自分の考えを言語化できる、求人票では見えない企業の情報がわかる。エージェントの力は、大きいです。

1社目は営業職、現職はシステム会社の営業部門でを事業部長をしています。今回、2回目の転職にチャレンジし、3社目となる企業への入社が決まっています。

専門学校卒業後に入社した会社の営業担当は私ひとりだけでした。やりがいはあるけれど、社内に営業ノウハウがない。自己流で積み上げた自分の営業手法が、正しいのかわからない状態でした。

営業の仕事は続けたかったので、もっと競争力のあるところで学び、さらなる営業力をつけたい。これが転職を考えたきっかけでした。

とはいえ、初めての転職で何をすればいいかわからない。いろんな求人サイトに登録はしたものの、求人量が多過ぎて。膨大な情報を自分一人で処理し、応募先を決める作業を繰り返す手間と時間を省きたいと考えました。

ネット検索して見つけたMAPさんに登録したのが2014年8月。担当は原田さんでした。

当時の転職条件は「営業職で研修がしっかりしているところ」、「イチからスタートを切るため、それなりに厳しい環境がベスト」というのもの。まだハッキリと希望を言語化できず、曖昧な状態から原田さんのヒアリングを経て、メーカーやIT業界、いろんな企業を提案していただきました。その中で、一番惹かれたのが現職です。

転職の軸を明確にする。対話しながら、仕事に対する考えを言語化できる。求人票だけでは見えてこない、リアルな企業情報を提供してくれる。原田さんのサポートは、かなり大きかったです。

転職後2年で事業部長に昇進。満足できる環境の中、再び転職を考え始めた理由は。

転職に成功した当時はこれが最後の転職活動だと思っていました。

入社後は最大の希望であった営業力をつけるため、夢中で働きました。その努力が実ってかなり早めの昇進を果たし、2年で事業部長になることができました。

全案件をPMとしてまとめたり、営業や設計担当、お客様との調整、規模の大きい案件では、委員会をひらいて取り仕切る。その他、会社の仕組みを変えていく方法を役員と一緒に考えるのが 、事業部長としての私の仕事です。

満足できるキャリアを手に入れた一方、自分の中で仕事に求めるものの優先順位が徐々に変わってくるのも感じていました。

今回、再び転職を考えた理由は、2つあります。

1つめは、自分の提案に限界が見えた点。
お客様にサービスを提供するにあたり、自社製品の特性上「ここまでしか提案できない」というジレンマを感じ始めていました。現状では自分が提案できる内容の幅が小さいと感じたのです。

2つめは、「組織の中の自分」の捉え方です。
このまま慣れた環境にいれば、長く働けるでしょう。でも、安定と引き換えに、自分の成長を感じられる機会は少なくなっていく。

安心して働けるのはありがたいことです。でも、仮に今の会社がなくなくなるような事態になったら、他の企業でも自分の能力が通用するのかは疑問だなと。守りに入らず、さらに能力を高めたい。成長角度を上げていきたい。そう考えるようになりました。

仕事に求めるものが変わると、転職活動のスタイルも変わると実感

今の会社では、人材業界の方と知り合う機会もあり、転職に向けた情報収集はしやすくなっていました。

当然、大手エージェントへの登録も考えましたが、結局2度目の転職もMAPの原田さんに相談することにしました。原田さんは常にいろんな人と情報交換をしていて、応募先企業の良さも悪さも正直に伝えてくれる。ありのまま、生の声を教えてくれる人だと思ったからです。

マネジメントの難しさについて原田さんに相談するうちに、自分の中に「もっと能力を高めたい」という想いがあると気付きました。自分より年齢もスキルも上のメンバーをまとめられる力をつけたい。転職に対する考えも明確になっていきました。

業界問わず営業を続けたい想いは強かったので、今までの知識と経験を活かしつつ、スキルアップも叶う環境を目指し、転職活動をスタート。

前回はとにかく営業力が身につく環境に行きたい、という軸で動いていましたが、今回はまずは各企業がどんな商材を扱っているのかを調べ、自分が何をやりたいのか、できるのかを考えながら進めました。複数社受けて、業務内容等を確かめつつ動くという、前回とは大きく違うスタイルの転職活動です。

また、原田さんからは「結婚されたのだから、プライベートと仕事のバランスについても考えてみてはどうですか?」というアドバイスもいただきました。

自分では仕事と生活についてそこまで明確なイメージを持っていなかったので、働き方について改めて考えるきっかけになりました。

面接対策は、ポイントを絞って効率よく。かなりわがままも聞いてもらいました。

面接では自分の軸をきちんと伝えられるかが勝負。今回は効果的なアピール方法にポイントを絞った面接対策を手伝ってもらいました。

私は営業で鍛えてきたこともあり、対話は得意なのですが、文章能力に弱点があると感じていて。原田さんは私の足りない部分を補って、必要な文章をまとめるサポートもしてくれました。

1回目の転職活動の時は、営業経験も今より浅く、自分のアピールポイントが少ないと感じていました。どういう話し方をすればよいのかなど、基本的なところを原田さんにお聞きした記憶があります。

2回目は経験も積み自信がついてきたので、自分のことを一歩引いて客観視することができ、その分かなりわがままを原田さんにお願いしたように思います。自分の市場価値を活用した転職がしたい。さらにやりたいことにチャレンジしたい。そんな思いがありましたから。

どんな仕事も、人と人のつながりが大事。縁を大切に育てていきたいです。

2回目の転職で入社する決め手となったのは、サービスが柔軟な企業だったこと。
新しい環境に飛び込むのは、今からとても楽しみです。

入社は2ヵ月先なので、休みを取って旅行に行くのもいいな。なんて考えていましたが、結局は現職でギリギリまで仕事をすることにしました。今の会社のサービスにもいいところがたくさんあるので、退職後も違った立場から提案できれば。企業と企業、人と人をつなぐ役割ができたら理想的ですね。

私は仕事を通じて、本当にいい人達と出会えたと思っているんです。退職が決まった今の会社でも、人には恵まれていました。同僚も私の転職を応援してくれているので、今の会社の人たちとは今後もいい付き合いができるだろうと考えています。

企業対企業でも、結局は1:1のつながりだから、縁を大切にしたい。人とのつながりを強くして、周りの能力も伸ばしていきたい。そうすれば、自ずと充実した仕事ができるのではないでしょうか。

2回の転職を支援していただいた原田さんには、本当に親身に相談に乗っていただきました。真剣に話を聞いてくれて、対応に誠意を感じたので安心して転職活動ができましたし、私が忙しい中で、時間も融通してもらいました。頼れる存在とのつながりにも、感謝しています。

<転職活動をはじめる方へのアドバイス>

1. まずは相談してみる
相談することが一番いいのでは。誰かに話すのはハードルが高く感じる人もいますが、話を聞いてもらうと自分を見直すことができます。転職を決意してからではなく、今辞めたら引き止めにあうかな?ぐらいの時に相談してみるのも悪くないのでは。

2.親身になってもらえる人の力を借りる
転職エージェントは、入社が決まったら成果報酬型として企業からお金が入る仕組みです。同じ仕組みであってもシステム化されている会社より、1:1で親身になってくれるところを選ぶと失敗しないと思います。

<担当コンサルタント 原田より>
この度は、ご入社決定おめでとうございます。私にとっても印象に残っている方です。
1回目の転職活動では、最終面接を10分程で「お見送り」になりましたが諦めず、熱い想いを綴った志望動機書をお書きいただき、再度最終面接の機会を獲得。再度の面接では、同じく10分程で合格されました。
入社日までに書籍を参考にホームページを作成し提出するなど努力家であり、「想い」をもった方ですので私も心から応援したくなりました。
今回の転職でも努力の成果が評価され、難関企業に転職を決められました。これからも、その想いをもって活躍をされることを、切に願っています。
【プロフィール】原田 奉治 (TOMOHARU HARADA)
大学卒業後、スタッフサービスにて営業・新規事業推進を経験。その後、中堅メーカーにてソリューション営業を経験した後に、採用・教育など人事全般を経験。
29歳で現職へ。法人担当ほかコンサルタントチームのマネジメントを経験し、現在はグループデザイン事業部・株式会社コーポレートスタッフ事業責任者を兼任。サッカー経験20年以上、2人の娘と遊ぶのも楽しみ。
▶︎▶︎『月曜日が楽しみになるシゴト』への転職をサポートします。