入社5年目の決断。徹底的に自分と向き合って、たどり着いたキーワードは「成長軸」

MAP
F.Rさん(転職時年齢 27歳)
前職:広告代理店の営業
転職後:運用型広告事業 コンサルティング営業

27歳で転職を経験しもうすぐ1年。転職活動で徹底的に自分と向き合ったからこそ今があると彼女は言います。悩み、迷いながらも彼女が驚いた、コンサルタントの質問とは?

このままずっと続けていくのが難しいと思った、3つの理由

1社目ではずっとガムシャラに働いていました。当初は3年経ったら転職しようと決めていたのですが、3年が過ぎた頃から仕事の楽しさがわかりはじめ、そのまま5年が経過。その後、ようやく先のキャリアについて考えるようになりました。

27歳で転職を決めた理由は、大きく3つあります。

1つは、尊敬できる人がいなかったこと。
先輩も後輩もとても好きでしたし、上司にも可愛がってもらいました。居心地のいい職場です。でも営業、ビジネスパーソンとして、この人についていきたいと思える人がいなかったです。

社内には教育体制がなく自身の成長に限界を感じていて。学びを求めて社外に交流の幅を広げるように。もちろん、尊敬できる先輩もいたのですが退職され、自分が超えられない絶対的な存在がいる環境の重要性を感じました。

2つめは、月80時間の残業時間に見合う成長が実感できなかったこと。
課長クラスまで全員が残業しており、改善しようにも難しい状況でした。広告代理店の仕事はお客様の要望に応えることが第一なので、残業あるのが当たり前。でも、残業しながら、これは私が今やることなのかな?と疑問に思うこともありました。

そこまでやっても、月80時間分の残業に見合う成長は実感できなかった。このまま40歳になって、同じスキルで同じことを続けていくのは納得できませんでした。

3つめは、広告に縛られないキャリアを構築したいという考え。
クライアントの採用に携わったことが、広告業界について考えるきっかけになりました。広告は集客の観点はあるけれど、採用まで考えるのは媒体の構造上難しく、改善にも限界がある。目標達成する代理店も減っている今、将来性も考慮し、働く業界を変える選択もあるのではと考えました。

やりたくないことはわかるのに、やりたいことが、わからない。

転職を決意した当時は仕事がとても忙しく、時間的にも精神的にも余裕がありませんでした。転職して年収が下がるのではという不安もあり、時間がない中でとにかく情報収集をしていました。

大手転職エージェントやヘッドハンティング会社など、複数に登録したところ、有難いことにたくさんの求人紹介がありました。そんな中で、MAPの北村さんにお願いしようと決めたのは、具体的なビジョンがない段階からていねいに話を聞いて下さったからです。

いつまでに転職するとか、こういう仕事をしたい、といった明確な考えがないまま向かった、MAPでの初面談。北村さんに伝えたのは、現職を続ける漠然とした不安や、他の会社もみてみたいという希望。そして、自分に合った仕事を知りたいという想いでした。

今までの経験や、やりたくないことはスラスラ出てくるのに、今後どうしたいかが上手く言葉にできない。北村さんは私のコアな部分を引き出すために徹底したヒアリングをしてくれました。

この人は、単にキャリアや経歴を見て求人を紹介するのではなく、私を、そして私の生き方を見てくれている。

そんな北村さんの姿勢がとても心強かったです。同じく転職を考えていた友人を何人か紹介させてもらいました。

考えを深堀りしていく中で、出てきたキーワードは「成長軸」

MAPの紹介で受けた3社すべてから内定をいただくことができました。とてもうれしい反面、各企業に違った良さがあります。どこに入社すれば自分の求める仕事ができるのか、わからなくなってしまいました。

前職は1社のみ受けてそのまま入社。アルバイトなら1社に絞らず掛け持ちすることができる。「入社する企業を選ぶ」という立場になったのは初めての経験。たくさん悩み、北村さんにとことん相談しました。

この時北村さんから、私がこれまでどういう人生を歩んできたかとか、子供の頃はどうだったかなどを聞かれました。正直「そこからさかのぼる?」って驚きましたけど、私が何が好きで、どういうことに不安を感じるのか。今本当に求めていることは何か、そして現職を辞める理由についても、再確認する機会を作ってくれたんです。

求人に直接関係ない話は遠慮すべき、と考える人もいるかもしれませんが、これは北村さんが私のために必要だと判断して聞いてくれたこと。私も話しながら、自分の気持ちが整理されていくのを感じました。

この先なりたい自分、仕事を辞める自分。考えを深堀りしていく中で出てきたキーワードは「成長軸」

条件面や業務内容も大事だけれど、私が必要としているのは「成長できる環境」だと気付き、最終的に入社する企業を決めました。

この転職活動は、私の人生の中でたくさん悩んだ期間TOP3に入ります。でも、一度決断したことは振り返らない主義。今でもこの決断をしてよかったと思えます。

辛い日も、悔しい思いも、成長している実感があるから、乗り越えられる。

悩んだ末に入社した現在の会社には、想像以上に優秀な人が揃っていました。前職ではMVP受賞経験もある私が追いつけない人が、たくさんいる。会社全体の成長スピードが半端ない。これまで数多くの企業をみてきましたが、その中でもダントツで精鋭揃いだと思いました。

少なからず営業経験があるし「なんとかなるだろう」最初はそう考えていましたが、これまで自分はうわべだけ見て仕事をしていたんだな、と思い知らされました。

扱っている商材は同じように見えても、仕事の進め方は全く違う。売上計上の方法から数字の組み立て方、達成までの数字の作り方。全てにおいて多角的に考えられていて、目線が全く違いました。

また、PDCAサイクルがとにかく早い。良かった点、悪かった点、明日から変える点。何をどう改善するかを毎日徹底的に回しています。

必要なのは経験やこれまでの実績ではなく、志向性や俯瞰力。さらに、物事を構造的にとらえる筋肉。マーケットの話など必要な情報は、調べればすぐ出てくるので誰もが知っている。今の会社に入って、自分が情報の本質を捉えられていないことを痛感しました。

私は月末に入社したため、入社後1週間で目標が与えられたのですが、この時初めて目標数字を落としました。前職では決して外したことがない目標。それがとても悔しくて、入社後2ヶ月ぐらいはどん底の状態でした。

周りの協力のおかげで、その後は無事目標を達成できています。今でも厳しい状況の時にはどん底の気持ちを思い出して、自らを鼓舞しています。

入社してからもうすぐ1年になりますが、現在はユニットのリーダーを任されるようになりました。チームマネジメントやメンバーのフォローについても学んでいます。

それでもまだ会社から与えられた目標を達成しているだけの状態です。

これからは、社内で新しい事例を生み出したい。希少性や新しさ、汎用性があるアイデアを社内でみんなにシェアする機会があるので、そこでのMVPを目指しています。

また営業として、まだまだ自分の視野が狭いと感じるので、クライアントの事業の成功や拡大を見据えた採用について、マーケット全体を捉えた上での提案ができるようになりたいです。

大変なことも多いですが、成長している実感があるから乗り越えられる。以前は仕事で辛いことがあるとお酒に逃げていましたが、転職して意識がガラッと変わりました。

<転職活動をはじめる方へのアドバイス>

1. 条件だけでなく、人も見る
条件だけで会社を選ぶと、それにぶら下がっている状態になってしまう。あまりにも年収差が大きい場合は別かもしれませんが、条件以上に「人」も大事な要素。どんな人が属していて、どんな環境なのか。そこで働く人たちを知ることも大切だと思います。

2.自分の棚卸しをしっかりする
転職は、今後自分がどうなりたいかをじっくり考えるよい機会。忙しく働いていると、これまでの棚卸しをしながらキャリアを考える時間はあまり持てません。入社後にも自分と向き合わなければならない場面が多くありましたが、転職活動時に考え尽くしたので、迷うことがなくなりました。

3. 理由が明確な退職交渉を
満退社するために、自分の考えはきちんと伝えるべきだと思います。やりたいことを提示して、新しい環境にそれを求めていることなどを話せば、退職交渉もスムーズにいくのでは。また、ちょっと嫌なことがあったからと、安易に転職するのはやめたほういい。中途入社でゼロから基盤をつくっていくのは、結構体力がいりますから。

<担当コンサルタント 北村より>
私も前職で人材の広告営業をしていたため、初めてお会いした時にご本人の能力やマインドの高さにすぐに気づくことが出来ました。
とても優秀な方で、どこにでも行ける可能性をもった方。人生の棚卸しも幼少期からさかのぼっていただき、一つひとつ整理をして『なぜ現職をやめるのか?(現在)』ではなく『転職してどうなりたいのか?(未来)』を、お話をさせていただきました。
今現在ご本人に良い決断だったと仰っていただけるのはとても嬉しいですね!
更なる飛躍を期待しております。
【プロフィール】北村 敏爵(YOSHITAKA KITAMURA)
大学卒業後、カラオケ店店長、インテリジェンス(現パーソルキャリア)にて広告事業に従事。2017年MAP入社。高卒キャリアに特化したTOP GEAR事業、既卒・第二新卒向けの日本若者転職支援センターの立ち上げに参画。新規事業の立ち上げを数多く経験しており、基盤づくり・後輩育成に強み。趣味はバスケと子育て。社内No.1イクメンを目指し中。
▶︎▶︎転職活動、不安ですよね。わかります。私も不安でした。