【コラム】『女性の社会進出』の歴史

MAPウーマンキャリア

令和の時代が幕を開けて2ヶ月ほどが経ちました。

まだまだ改善の余地はあるものの、日本でも女性が男性と同じように働くことができる環境が整い始めました。

一体いつ頃から、女性が社会で活躍できる環境に変化していったのでしょうか。

今回は、近代の日本における『女性の社会進出』の歴史について見ていきましょう。

決めつけられていた女性の役割

その昔、『女性は家庭に入るもの』という考えが広く人々に浸透しており、働くことはおろか、教育すら満足に受けられない時代もありました。

第二次世界大戦前にも女子高等学校という女性が教育を受ける場はありましたが、男子よりも格下と見なされ、カリキュラムも『良妻賢母を育てる』といった内容でした。

大きなきっかけとなったのは、第二次世界大戦後です。敗戦した日本はアメリカによる法整備が進み、男子を家長とする従来の『家制度』は崩壊。男女平等の民主主義国家へと転換していきました。教育面でも新制中学の義務化により従来の約2倍の女子が中等教育を受けることとなり、さらには男女共学が認められ、女子の就学率は著しく向上していき、教育を終えて企業に就職する女性が増えていきます。社会の中で女性の位置付けは大きく変わっていきました。

男女が平等に活躍できる場を

1985年に成立した男女雇用機会均等法は、女性の社会進出の大きなきっかけです。

この法律は、募集や採用時に男女を均等に考えること、昇進や、定年・退職・解雇などについて女性であることを理由に男性と差別することを禁止するものです。

かつては結婚や出産を理由に退職を迫られる(もしくはそのような空気が社内にある)ということも少なくなかったようですが、男女雇用機会均等の制定により、徐々に企業側の意識も改革されていきました。

2015年には女性活躍推進法が施行。この法律は、

国・地方公共団体、301人以上の大企業は、
(1)自社の女性の活躍に関する状況把握・課題分析
(2)その課題を解決するのにふさわしい数値目標と取組を盛り込んだ行動計画の策定・届出・周知・公表
(3)自社の女性の活躍に関する情報の公表(300人以下の中小企業は努力義務)
を行わなければならないというもの。2019年6月には、この一部が改正(301人以上⇨101人以上へ)されるなど、アクティブな動きを見せています。

女性の社会進出〜企業独自の努力〜

国が積極的にこのような働きをする中、各企業も女性の雇用に積極的に取り組んでいます。

独自に女性向けの特別休暇を制定したり、産休や育休の取得をしやすくしたり、また復帰後にも活躍できる環境をきちんと用意するよう取り組んだりと、様々です。出産した場合に補助金が支給されるという企業もあるようです。

こうして、女性が結婚・出産を経験しても引き続き活躍できる環境は、少しずつですが整い始めています。

まとめ:本当の意味での『女性の社会進出』

多くの人たちの働きかけによって、女性の活躍は後押しされてきました。

しかし、こうした動きの中でも、

・ルールが形骸化しており、実際には機能していない
・働きたい女性が働けない、非正規雇用の割合が多い
・管理職以上の女性の割合(7.5%)は、国際的に見ても特に低い水準

など、女性の社会進出については未だ多くの課題が残されています。

また、女性の全てが結婚や出産を経験するかというと、必ずしもそうではありません。

女性の活躍というと、結婚・出産ありきでひとくくりに考えられてしまう風潮があります。

その根底には、「結婚すべき」「結婚したなら出産すべき」「産むなら女性が育てるべき」といった、戦前から続く『家長制』の意識がまだ根強く残っているようにも感じられます。

それらを経験する女性もいれば、しない女性もいる。

性別はあれど、それ以前に『個』としてのあり方を追求して良いのです。

時代は2019年。女性の働き方も、多様化しています。

男性が女性の幸せを決めるという考えはすでに昔のものであり、今は一人一人が自立して幸せを掴むことができる時代です。

私たちが『個』としてのあり方を追求するためには、一人一人にカスタマイズされた柔軟な働き方をできる環境が必要。それを自分が実現していくという意志を持って、働くこと・生きることに向き合ってみましょう。

『女性』であっても、その事実にとらわれすぎる必要はありません。

MAPウーマンキャリアは、一人一人の女性の人生設計に寄り添って、安心して働いていける企業をご紹介しています。

あなたがあなたらしく活躍できる環境を、私たちと一緒に見つけていきましょう。