栄養士からコンサルティング営業。異業種への転職で年収アップを実現。

内定・転職者の声
<プロフィール>
H・A様 転職時年齢27歳
転職前の仕事:栄養士 患者食の調理担当
転職後の仕事:コンサルティング営業

「過去の自分が選択したことだけに縛られる必要はない」と話す彼女。今回、栄養士から未経験で異業種への転職をした経緯などお話を伺いました。

 

子供の頃から料理は身近なもの。就職率の高い調理学校へ。

高校生の頃は、薬剤師になりたいと思っていました。オープンキャンパスに行ったり学祭に足を運んで学校選びをしていたのですが、動物実験などのカリキュラムをみて断念。自分が何をやりたいのか再度考えて、高校卒業から1年後に調理専門学校へ入学しました。

子どもの頃から母に料理を教えてもらっていたし、小学校低学年頃からお菓子を作ったり、私にとって料理はとても身近なものでした。

就職率の高さに惹かれて選んだ専門学校は実習が多く、ほぼ毎日課題に追われていました。自分で考案したレシピがそのまま使えるとは限らないので、放課後にカフェやファミレスに移動してさらに勉強したり。2年間の専門学校生活は非常に濃厚なものでした。

栄養士になると、多くの人は保育園や病院に就職します。学ぶことが全く異なり、就職後に携わる業務次第で身につくスキルは変わる。でも、当時は就職してからその先、5年後10年後の将来像は、考えたことがありませんでした。

栄養士として4年半。キャリアアップの限界、そして転職。

栄養士として勤務した会社は従業員の年齢層が10代〜60代と幅広く、パートさんも一緒に働いていました。スタッフ総数150名以上いる職場であるにも関わらず、その規模に見合う安定した働き方が叶わないことに違和感を感じ、早期離職する人もいました。

辞めていく人がいる中で、仕事量は増えても給料は上がらず、自分が評価されているのかどうかわからない。それでも4年半頑張ることができたのは、ハードワークなりに新しい仕事を覚える機会もあったから。今まで任されなかったこと、例えばケトン食作りや新人教育なども経験できました。

でも、ずっとこのままでいいのか。自分の成長が見えない苦しさで仕事に限界を感じていました。新しいことに挑戦したい、もっと自分を高めたい。そんな思いから「自己成長」を軸に転職活動を始めました。

 

転職活動スタート、スカウトメールで感じたこと

転職サイトに登録すると、いろんな転職エージェントからスカウトメールが届きました。でも、文面がよくわからないというか、送信者本人の自己紹介(何が好きでとか)が書いてあるメールなどもあり、私の転職とは関係ないと感じて返信しませんでした。

また、栄養士で登録していたこともあり、同業の求人がついたスカウトメールをたくさん受け取りました。でも栄養士からは離れようと考えての転職活動だったので、そういうメールも違うなと。

その後、仕事が忙しくなり転職活動を一旦中断。退職後に改めて転職活動を再開し、日本若者転職支援センターに登録しました。

 

未経験から異業種への転職で、年収アップを実現

転職活動にあたり重視したのは、成長できる環境か、また、教育制度が整っているかという点。福利厚生や年収などの条件面だけでなく、評価され、昇進できる環境かどうかをみていました。新しい仕事を任されることで、自分が成長できると実感していたからです。

栄養士を離れ、異業種にチャレンジすることに葛藤はありませんでした。周りからも「異業種でも大丈夫」という声が多かったです。料理は生きていく上で必要な作業なので、完全に手放してしまうわけではない。むしろ、仕事ではなくなった分、家でもっとできるようになると思いました。

結果、異業種・未経験でのチャレンジでしたが、年収アップに成功。さらにありがたいことに、面接で高評価をいただき、求人票の提示より高いオファー年収になりました。内定が出てすぐに家族に報告し、母も喜んでくれました。

できることを増やして、自分の可能性をもっと広げたい。

転職先ではコンサルティング営業を担当します。

栄養士として頑張り続ける道もありましたが、その先の将来を考えると「成長したい」気持ちが勝りました。この気持ちを大事にしたかったので、環境を大きく変える決意ができたんです。

今後は営業力を身につけるなど、いろんなことができるようになりたい。今はまだ何もない私ですが、選択肢を広げて、いろんな可能性がある自分でいたいです。できることをもっと増やして、その中から更にやりたいことを見つけていこうと思います。

自分を理解している人が、転職には有利だと知った

今回の転職活動では、客観的に自分を見ることができました。今まで意識してなかったこと、例えばこれまでどういう風に生きてきたのか、なぜその選択をしたのかなど。面接準備や面接を通して、毎回確認しながら言葉にしていきました。

私は結論を出すのは早い方だけれど、その過程が抜けていて「なぜそうなのか?」を言葉にするのが得意ではありません。転職活動を通して、これまでの人生を見つめ直し、棚卸しをする。改めて自分を知るいい機会になりました。

これから転職活動をする人へ伝えたいのは「自分を理解している人ほど、転職を有利に進められる」ということ。

人の意見に合わせるのも大事だけど、自分を深く知ることで、これから先が見えてくると思います。


担当アドバイザー:松井小谷

松井(左)
「多趣味で好奇心旺盛・コミュニケーションが活発。初回面談時から、非常にポテンシャルの高い方であると感じておりました。『オフィスカジュアルって何ですか!?』とお話ししたのがつい昨日のことのようです(笑)
ご転職先は、今はまだ慣れなくて大変かと存じますが、
きっと、1年後、いや3年後、さらに輝けると確信しております。」
小谷(右)
「この度は入社おめでとうございます!はじめてお会いした事は今でも覚えております。
すごくハッキリ話される、頭の回転が速い方という印象でした。
しかし、転職活動の中で『将来を考えること』に対して、とても苦労されましたね。
ぜひ、新天地では将来像を膨らませてご自身の可能性を広げてください!
営業職としてキャリアチェンジでの転職で不安や期待でいっぱいかと思いますが、応援しております!」
取材:相葉