学生時代に身に着けたスキルで転職へ。29歳、未経験職種への挑戦

内定・転職者の声
<プロフィール>
名前:城生光城さん 転職時年齢:29歳
転職前の仕事:家電量販店 販売営業
転職後の仕事:株式会社TWO keskin/海外事業部 http://two2.jp/

転職後も定期的に連絡をくれる城生さん。学生時代は、留学先から帰国すると就職活動がはじまっていて周りに大きく遅れをとっていたところからのスタートだったそうです。

休学して1年留学。語学力を活かした仕事がしたいと思った

中国に興味を抱いたのは、大学時代に書道部で中国の文化や歴史を学び始めたことがきっかけでした。文化の違いが衝撃的で、現地で学びたいと思い、大学3年の終わりに1年間休学し北京留学をしていました。

新卒で入社した会社は、当時、中国含むグローバル展開を目指していました。「中国語のスキルを活かせるかな」と考えていたこともあり入社を決めたところがあります。

6年半続けた販売職から、転職を決意した理由

新卒で入社し6年半、役職なしで主に店頭販売を担当。
接客はもちろん、値段・在庫など、数字意識が強くないと競合と戦えない状況でした。

仕事の内容が毎日同じことの繰り返しと感じることもある一方で、管理職のような業務も担当。メイン業務と管理職業務をこなし、そのことが逆にキャリアアップのイメージが掴めませんでした。役職こそないものの、管理職の仕事はもう既にやっていることばかり。このまま仕事を続けていても変わらないと思いました。
とはいえ、新しい環境に対して、恐怖感があったことも事実。転職については慎重でした。

転職を決断したのは、29歳(もうすぐ30歳)になる年齢の節目だったから。今しかないと思い転職を決断しました。

転職エージェントには4社登録。その中から2社で転職活動を開始

転職をはじめるにあたり、まずは大手転職サイトに登録。しかしどうしても情報を受け取るだけの「受け身」になっていて、内定が出る気がしませんでした。
そんな中『転職エージェント』の存在を知り、4社ほど登録。
希望に沿う提案がなく、すぐにお断りしたエージェントさんもありましたが、MAPさんともう1社はとても親身になってくれました。

MAPさんはキャッチボールしながらの面談。自然と志望する進路が絞れていきました。
転職軸になったのは「自己成長できる環境」であること。中国語のスキルを使いたいという強い気持ちもありました。

転職活動をはじめた頃、複数エージェントを利用して活動していいのかわからず、担当の田中さんに、「もう1社、別の転職エージェントさんを使っているのですが、いいですか?」と質問したことがありました。
「もちろんです。自分に合うエージェントで進めた方が良いですよ」とすぐに回答をもらい、安心して転職活動を進めることができました。

キャリアアップの道を拓いたのは学生時代の留学経験でした

面接でも積極性や内面、中国語のスキルなどを評価していただいたとのことで、本当に嬉しいです。入社してしばらく経ちますが、社内の色々な業務に携わらせてもらっています。本当に入社してよかったと感じていますね。

私の会社は企業に対して自社製品を提案していて。家電量販店業界にいた私にとっては異業界での法人営業。これまでのフランクな販売接客業とは違うので入社後はまずビジネスマナーの覚え直しから始まりました。

現在は、中国語をどうしても使いたいという私の希望が通り、海外事業部に配属しています。私の部署には様々な外国人スタッフがいますが、メイン業務は海外の企業開拓です。

自社製品の良さを世の中にもっと広めたい、そのためにもスキルアップを

数年先の目標は、英語と中国語のスキルを更に身につけること。英語に関しては、海外事業部内でのコミュニケーションを円滑にするのは勿論、他部署とのスムーズな連携役を自身が担っていきたいです。
中国語も1年の留学では足りないと感じています。中国での商談は中国人スタッフとの同行ですが、そのサポートが不要になって、1人で完全に商談を進められるまでになりたいです。

「自社製品を誰もが知っているものになれば、少しでも世に広まれば」と切に思います。

株式会社TWO(トゥー) / TWO Inc. http://two2.jp/

<転職希望者へのアドバイス>

条件にこだわりすぎて苦戦した転職活動。大事なのは自分の転職軸を明確にすることでした。

転職活動を始めた当初、かなり絞り込んで企業を選んでいましたが、それによって真に志望する企業に出会うのが遅れてしまった。そこが反省点です。なので第3者の視点を借りて考えるということは重要です。

そして腐らないことが大切。私も合計8社の企業を受けて、ほぼ1次面接で落とされました。そんな時に投げやりにならないこと。選考のたびに毎回振り返って、「本当にこの企業で良いのか?」と確認し、自分をブラッシュアップしていくことが重要ですね。

「●●に入社したい」という願望が、「入社する」という確信になる時がある。そういう企業こそ大切にしてください。曖昧なまま闇雲に選考を受けるのは、勿体ないと思います。

エージェントの選び方のポイントは人柄と求職者に対しての連絡体制。
レスポンスの速さや、こちらをつついてくれるタイミングを見ていくといいと思います。電話対応でも十分、信頼できるかわかります。その点ではMAPさんは間違いなかったですね。田中さんの人柄はもちろん何よりレスポンスが速い。連絡に使っていた365のアプリもチャット形式でとても使いやすく、便利でした。

私の経験が、皆さんの参考に少しでもなれば幸いです。

【プロフィール】田中 亮多(RYOTA TANAKA)
東京生まれ 30歳を機にMAPにジョイン
両面型コンサルタント 20代の頃はブレイクダンスに明け暮れる日々。社内プロジェクト発足などフットワークの軽さに定評あり リーダー・マネージャークラスの領域に強み・現在は人事担当として新卒育成担当の責任者も兼務。
▶︎▶︎「実現したい未来」をつかむためのサポートをさせていただきます!