コンサルティング業界にて2社を経験したH.Nさん。2回目となる今回の転職活動では、6つのエージェントを活用し、なんと80社以上の求人に応募!自分のビジョンに合う会社を探した転職活動について詳しくお聞きしました。

H.Nさん 20代後半

Profile

H.Nさん 20代後半

前職:コンサルティング会社 コンサルタント職
転職後:フィンテック系企業 コンサルタント兼インサイドセールス


自己成長のために、新卒でコンサルティング業界へ

新卒時は「自分自身の成長」を軸に就職活動をしていました。

コンサルタント職は、自分が商品になる仕事。力をつけるには最適だと考え、コンサルティング業界を選択しました。

新卒で入社した大手コンサルティングファームでは、ITコンサルタントとしてお客様とベンダーの折衝を担当。新人でも挑戦できる社風で、1~2年目からお客様を任せてもらえ、やりがいを感じていました。

ただ、元々希望していた海外案件に関わるチャンスが少ない、拘束時間が長くプライベートの時間が取れないといった不安材料もあり、10年20年と長く働き続けることは難しいと判断。最初の転職に踏み切りました。

転職して2社目となるベンチャーのコンサルティングファームに入社。グローバルチームに配属され、主に外資系企業のBPR(業務改善)プロジェクトを担当しました。

コンサルティング業界はスポットでのプロジェクト参加が多いのですが、この会社では長期間に渡るプロジェクトに携わる機会が少なかった分、多数の案件にて経験を積むことができました。

日常的に外国籍の方と接する機会が多く、社内のコミュニケーションに使われる言葉も英語。ライフワークバランスの改善も叶い、転職で解決したかった課題をクリアし、満足していました。

6社のエージェントに登録、応募した企業は、80社超え!

転職して時間に余裕ができたことで、今後の方向性や働き方について思考する機会が増えました。

私は以前から漠然と「イキイキしている大人を増やしたい」という想いを持っていました。その想いを叶えるためにはまず、自分がイキイキしよう!将来について考える中で、そう気持ちが固まったんです。

自分の描くビジョンに合うところ、より成長できる環境に身を起きたいと考え、2度目の転職を決意。転職活動に専念するため、あえて退職してから活動を開始しました。

まずは前回の転職時にもお世話になった転職エージェントMAPを再び訪れ、担当アドバイザーさんに自分の考えを伝えました。

アドバイザーさんは私の話を聞きながら都度噛み砕き、分かりやすく言語化しつつ確認してくれました。おかげで私が抱いている想いや希望を、齟齬なく共有できたと思います。

今回の転職活動ではできるだけ多くの企業を見たいと考えていたので、他にも計6社ほどのエージェントに登録していました。応募した企業は、なんと80社超え!

1日3回面接を組む日もあり、まるで営業アポイントのような忙しさでしたが、いろんな企業について詳しく知る楽しさもありました。また、ベンチャー企業を中心に検討していたこともあって、パッションのある人たちから興味深い話を聞くことができ、学びもありました。

多忙を極めた転職活動期間は2ヶ月半。面接では企業に合わせて自分の意見を変えることをせず、自分のビジョンが先方に伝わるような受け答えを心掛けたので、自分に合う企業を選べたと思います。

PDCAを回して、お祭りのように目標に立ち向かう

転職活動の末、3社目に選んだのは「すべての人がチャレンジできる世界を目指す」という理念を掲げるフィンテック系企業。まさに私が漠然と抱いていた想いが言語化されたビジョンに心打たれ、入社を決めました。

現在の担当業務は主に2種類あり、1つはコンサルティング。クライアントに対し、新規メディア運営の企画提案や、協力企業のマッチングなどのコンサルティングを行っています。

2つめはインサイドセールス。アポ獲得のためのメール施策やイベント企画、名刺交換した方へのアプローチや、全体の数値管理を担当しています。

転職から3ヵ月経過した現在は、以前よりPDCAを強く意識するようになりました。

目標を設定する際、通常は実現可能なラインにすることが多いですよね。それでも一定の成果は上がるでしょうが、想定を超える結果は得られないと私は考えています。

例えば、売上10億円を目標にした場合、それを下回るか、もしくはギリギリ達成で終えることが多いのでは。それならはじめから桁外れな100億円という目標を掲げて、70億円マイナスで終えたほうが、結果として大きな売上を残せます。

現在は桁外れな目標を追うことを苦しまず、達成に向けてお祭りを楽しむようにPDCAを回して、みんなで協力しあっています。

コンサルティングファームは良くも悪くも個人主義の世界です。それに比べ現職は、全員が同じ方向を向き、目標達成に向けて動くチームプレー型。わからないことがあったら自分から進んで聞きに行ける社風なので、1on1のミーティングなどを活用しながら日々自分自身の成長を実感しています。

まずは営業マンとして一人前になり、自分ひとりで売上をたてられるようになるのが、直近の目標です。

転職を考えている方へのアドバイス

転職活動は企業探しだけでなく、自分の想いやビジョンを知るチャンスです。

どんな企業を選ぶべきかと悩むことは、自分の将来を考えることと同じ。意識的に将来を設計する人もいますが、改めて時間を取って考える機会は少ないのではないでしょうか。

まずは自分自身と向き合い、転職の「道しるべ」となり得る自分のビジョンを明確にすることが大事です。

選考が進みいろんな会社のビジョンに触れていく中で、1本線のように道が定まり、自分の理想や考えが見えてくるはずです。

担当アドバイザーのコメント

「イキイキしている⼤⼈を増やしたい」H.Nさんの仕事に対する想いはここにありました。

最初の面談から選考に至るまで「理想の将来像に近づくため、今どの選択をするべきか?」を徹底的にお聞きしました。多忙な転職活動をモチベーション高く楽みつつ、H.Nさんのビジョンを実現するためのベストな選択をされたと感じています。

転職活動は、自分の人生と改めて向き合う機会。その貴重な時間を共に走るパートナーとして、私たちアドバイザーを頼っていただけたら嬉しいです。

20代、30代の転職エージェント MAP

年収アップ、異業種転職他成功実績多数あり。転職のプロによるキャリアアドバイスや職務経歴書の作成、面接対策、スケジュール調整など、転職活動を成功に導くサポートが、すべて無料で利用できます。転職サイトには掲載されない「非公開求人」も。