200

生命保険会社の総合職から、IT企業のカスタマーサクセスへ!経験を活かせる転職。

転職体験談:保険会社の総合職 から、IT企業のカスタマーサクセス職へ 女性の転職ノウハウ
新しいチャレンジがしたい!そんな思いから、業種も、規模も全く異なる企業のカスタマーサクセス職への転身を果たした鬼塚さん。転職を意識したきっかけや、転職エージェントの活用方法についてお聞きしました。

転職体験談:保険会社の総合職 から、IT企業のカスタマーサクセス職へ

●プロフィール●
鬼塚映里さん 28歳
転職前:保険会社の総合職
転職後:IT企業のカスタマーサクセス職

大学卒業後、生命保険会社に総合職として入社。様々な部署での業務を経験しました。入社後すぐコールセンターに配属され、スーパーバイザーとして勤務。コールセンター業務は直接お客様と接することはありませんが、電話を通じて自社サービスのよさがお客様に正しく伝わるプロセスにやりがいを感じていました。

その後は全く毛色の違う営業企画部へ異動。既存顧客に向けてさらに便利なサービスをご提案するのが主な仕事でした。

がむしゃらに働き、今後のことを考える余裕もなく4年半が過ぎた頃、社内研修を受ける機会があって。このタイミングで初めて、自分のこれからのキャリアについて考えました。

この先、どんな風に働く?この会社で今後どんな仕事をしていくの?

そう考えたときに、目指したいと思えるロールモデルが見つけられなかったんです。また、規模の大きさゆえに、意思決定に時間がかかる会社の体質にもどかしさもありました。

私はスピード感を持って仕事を進められる環境で、好奇心や向上心が強い人と刺激し合いながら働きたい。でも、今の会社ではそれは叶わない。今がタイミングだ!と決意し、転職活動を始めました。

エージェント1社に絞った転職活動

これまでの経験も活かせる、新しいチャレンジ。

担当アドバイザーの三枝

転職活動の方向性を決めきらない状態のまま、転職エージェントに登録し、3社ほどでキャリア相談をしました。

実際にお会いした転職エージェントはいずれも私の希望条件についてヒアリングしてくれましたが、自分がまだ言語化できていない部分や、ほんとはこういうことがしたいのでは?という提案も含め、MAPの三枝さんがいちばん丁寧に聞いてくれて。質問の仕方が上手く、私の心を紐解いてくれる感じ。

信頼できる人だと思えたので、他のエージェントさんはお断りして、三枝さんにお願いしようと決め、まずは仕事に求めるものをすり合わせる作業から始めました。

最低でも今の年収はキープしたい。さらに現職のように規模が大きい会社ではなく、スピード感があって、周りの人から刺激をもらえて、自分が成長できる会社がいい ――。

三枝さんからの質問や提案によって、自分では意識していなかった希望やこだわりにも気付くことができました。自分の言葉で話すのがあまり得意ではないため、選考中は三枝さんに面接対策を何度もお願いし、面接ごとに毎回電話でも細かくアドバイスをしていただけたのも心強かったです。

コールセンターでの経験も活かせる、新しいチャレンジ

転職体験談:保険会社の総合職 から、IT企業のカスタマーサクセス職へ

MAPを通じて11社に応募し、うち4社の面接に進み、3社から内定を頂きました。

最終的に選んだのは、IT企業でのカスタマーサクセスというポジション。既存顧客のフォローをしたり、やりたいこと、実現したいことに向けたサポートや提案をする仕事です。

内定受諾前には実際にオフィスに行って、職場の雰囲気を確認させてもらいました。新しいことにチャレンジしたいといいつつ、あまりにもガツガツしている会社にはついていけないのでは?という不安があったため、入社前に実際に目で見て、社風を確認できたのは安心材料になりました。

仕事を通じて成長できそうだと思えたのが、この仕事を選んだいちばんのポイント。今後IT技術がどんどん発展していく中で、ただ受け身でいるのではなく、自分がサービスを提供する側に回りたいと考えていたので、それが実現できそうなところに強く惹かれました。また、新事業の展開など、将来性も魅力でした。

カスタマーサクセスはお客様をサポートするだけではなく、提案も必要なためコンサルに近い仕事でもあります。前職時代に培ったコールセンター業務経験を活かしつつも、新しいジャンルに挑戦できる転職になりました。

約1ヵ月行動し続けた、濃密な転職活動期間

転職体験談:保険会社の総合職 から、IT企業のカスタマーサクセス職へ

三枝さんと初めて面談したのが11月末で、12月27日には新しい会社への入社を決めたので、今回の転職活動期間は約1ヶ月。年越しまでには決めたいという目標があったので、間に合ってホッとしました。

前職の上司には最終面接前のタイミングで転職意向を伝えたところ、引き止めの言葉をかけていただいたものの、スムーズに退職手続きができました。

転職活動中は自分の選択を客観的にみるために、とにかく周りの友達や先輩、上司、いろんな人に相談し、意見をたくさん聞きました。凝縮された濃い1ヵ月で、ほぼ毎日何かしら行動していた気がします。

現在は内定先からお借りしたおすすめの本をはじめ、入社後の業務に役立つ本を数冊読むなど入社に備えて準備しているところ。次の会社の規模は全員で100人強。前職とは環境がガラリと変わる、念願の「新しいスタート」に向けて、頑張ります!

 

これから転職活動を始める人へのアドバイス

私がそうでしたが、社会に出てからは目の前の仕事をこなしていくことに精一杯で、自分がどうなりたいか考える時間もないままずるずると過ごしている人も多いのではないでしょうか。

転職活動は学生時代の就活のように、自分がどんなことをしたいかを考えられる貴重な期間です。5年後10年後にふりかえったときに、後悔したくない。そう思ったので、未来の自分に恥じない選択をするという気持ちを持って転職活動をしました。

エージェントの担当者さんとの相性はとても大事。自分がうまく言葉にできないことや、職務経歴書・履歴書での表現方法について、三枝さんはとても丁寧にサポートしてくれました。顕在化していない自分の要望に気付かせてくれてたり、提案やアドバイスをもらえたので、信頼のおけるアドバイザーさんとの出会いは大事だと思いました。

担当アドバイザー 三枝より

鬼塚さんの第一印象は「笑顔が素敵な芯のある女性」でした。
聡明さを持ちながらも、初めての転職に対する不安を抱えていらっしゃった姿が印象に残っています。何が不安なのか、どうして現職では駄目なのか、うまく言語化できないなりにも、しっかり自分の気持ちをぶつけてくださいましたね。

「転職の目的」がしっかり見えている人は、入社後も頑張る意味を見失わずに走っていけると思います!新天地でも頑張ってくださいね!!

 

転職エージェントMAP 転職体験談

【プロフィール】三枝 舞子(みえだ・まいこ)
埼玉県出身。大学時代に演劇を始め、観たり創ったりの学生生活を送る。卒業後は演劇プロデューサーや関連会社の営業などに携わった後、MAPに入社。おしゃべり、お酒、ミュージカルが大好き。

▶︎▶︎イキイキと働く女性を増やしたい