転職したいな…という考えが頭をよぎっても、今の仕事をいつ辞めるかどうかで悩んでしまいますよね。

仕事に身が入らないし、いっそのこと退職してから気持ちを切り替えて転職活動しようか…。

非常に悩ましいところです。

今回は転職活動を在職中に行うか・退職後に行うかについて、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

在職中に転職活動をするメリット

経済面の心配がない

在職中に転職活動をするにあたり、非常に大きなメリットは金銭面です。

どんな状況であろうと、お金がないと生活できません。

在職中の転職活動であればその点は心配ありませんね。

転職の理由を説明しやすい(志望度の高さをアピールできる)

無職の状態での転職活動は、「無職=お金がない=選んでいる場合じゃない・どこでもいいから働きたい」というイメージを持たれやすいのも事実です。

在職中であれば、「今も働ける場所はあるけど、それでもこの会社を選んだ」というように、志望度の高さを間接的にアピールすることができます。

空白期間がないので、あれこれ退職の理由を探られることもありません。

志望理由を説明する時に、より一層説得力が増します。

引き続きスキルや知識を身に付けられる

働いていれば、その期間もスキルや経験を途切れなく磨き、積むことができます。

仕事を通して努力している姿勢は、いっそう理解が得られやすいです。

精神的に余裕をもって行動できる

経済的にはもちろん、精神的にも余裕を持って行動ができるのが、在職中の転職活動の大きなメリット。

「転職がうまくいかなくても、現職に残るという選択肢もある」と考えることができます。

何より仕事がある・組織に帰属しているという状態は、普段は気づかないかもしれませんが、気持ちに大きな余裕をもたらしてくれています。

何にも所属していないという状態は自己肯定感の低下を、また、その焦りから安易な判断を招きやすくなります。

「早くこの状態をなんとかしないと」と、条件や年収の大切な部分を見落とし、内定を受諾してしまうということも…。

精神的な余裕は、正しい判断に欠かせません。

無職で転職活動をするという選択は、ある程度気持ちが座っていないと難しいのは事実です。

働く環境を選択できる

もし在職中の転職活動であれば、志望企業から内定が出た場合も、条件や待遇・社風などを改めて在職中の会社と比較し、どちらかを「選ぶ」ことができます。

転職活動は、人生の進む道を決定する大きなライフイベントなので慎重にいきたいところです。

在職中の転職活動は、色々とメリットがありますね!

在職中に転職活動をするデメリット

時間的な余裕がない

平日働いて、その合間に転職活動をする。

これは思った以上に時間をうまく使うことが求められます。

実際、在職中に転職活動をしていたけれども時間がなく、結局退職して転職活動をすることにした、という人も多くいます。

さらに企業の面接は通常、平日の日中に行われることが多いので、在職中だと厳しいかもしれません。

半休を使うなどの方法もありますが、あまりにも使いすぎると周囲からも良い印象を持たれないので、注意したいところです。

意識が分散し、仕事に身が入らない

いざ転職を決意しても、仕事があまりにも忙しいと、なかなか転職活動に本腰を入れられないという可能性もあります。

逆に、頭の中が転職活動一色になってしまい、現職の仕事に身が入らないということも…。

いずれにしても、注意力や意識が散漫になりやすい状態です。

気持ちの切り替えを上手に行い、両方を適切に進めていく必要があります。

休息が取りにくい

仕事と転職活動、両方を進めていくにも、休息はしっかりとるべきです。

時間がないからと睡眠時間を削るのは要注意。

免疫力が低下しやすく、体調不良につながりやすくなります。

大切な面接の日に体調を崩しては、元も子もありません。

他にも、趣味にあてる時間や家族との時間を削りすぎると、ストレスに繋がる可能性もあります。

何かを削るにも、程々にして、バランスが取れるようにしましょう。

在職中の会社への対応

転職先の企業面接で仕事を休まなくてはならない時に、正直にそのことを伝えるのは角が立ちます。

しかし、虚偽の申告(仮病など)をするのはNGです。

虚偽の申告は、会社規定によっては解雇になる可能性もあります。

面接のことをどう説明するか、スケジュール調整をどうするかも問題になってきます。

また、そもそも転職活動をしているということは悟られないようにするのがマナーです。

周囲に「転職活動してて…」などと話題に出すのは絶対にNGです。

変に意識せず、「私用で有給をいただきます」と、詳細を伝えずに休暇を取得するのが良いです。

在職中の転職活動は難しいですよね。ポイントとして、複数の会社に応募する場合は、1日有給を取得して午前と午後にそれぞれ別の会社の面接を入れるなど、予定を1日にまとめるのも良いです。限られた時間の中でどう動くかが重要になってきます!

退職後に転職活動するメリット

時間的に余裕を持った転職活動ができる

退職しての転職活動を希望する人の多くの人が、この「時間」を求めています。

中には、転職活動の前に自分へのご褒美で、旅行に…とリフレッシュをする人もいます。

時間的な余裕ができるというメリットは、非常に大きいですね。

意識を転職活動に集中できる

まとまった時間が取れるので、集中しようと思えばその時間を丸々転職活動に充てることができます。

「時間がなかった」と自分に言い訳もできない環境ですので、セルフマネジメント力のある人には退職後の転職活動も不可能ではありません。

退職後に転職活動するデメリット

生活リズムが崩れやすい

では、退職後に転職活動を始めるデメリットには、どんなものがあるのでしょうか。

一つは生活リズムが崩れやすいこと。

特に一人暮らしだと顕著です。

無限に時間があると思うと寝過ごしてしまったり、反対に夜遅くまで起きていたり…。

同僚からランチに誘われることもなくなるので、つい食事を抜いてしまったりという危険性もあります。

時間を浪費してしまう可能性も

自由な時間が増えるということは、セルフマネジメント力が試されるということです。

前述の生活リズム含むセルフマネジメントがしっかりできているかどうかで、転職活動の進み方は大きく変わってきます。

「時間ならいくらでもあるから」と思うと逆にダラダラしてしまう…そんな人は仕事を辞めてからの転職活動は難しいかもしれません。

経済面・精神面の焦りが出やすい

(不動産収入でもない限り)退職するということは、同時に財源が確保できなくなることを意味します。

経済的な余裕がなくなれば、焦りも出てきます。

退職後すぐに内定が出れば良いのですが、そうでなかった場合、さらに焦る気持ちが増していきます。

焦りは判断に影響し、「他に内定も出ないし、とりあえず内定が出たこの会社に決めてしまおう」と、希望しない会社への入社を招くきっかけにもなります。

そうなった場合、入社後に後悔してまた転職活動をするということにもなりかねません。

また、組織に所属していることで、人は無意識のうちに安心感を得ています。

社会人の場合、「組織=会社」に当たるわけですが、帰属するものがないと、人によっては自己肯定感が下がってしまったり、自信を無くしてしまうことにもなるので要注意です。

面接で空白期間を問い詰められる

転職活動時の一般的な空白期間(退職後のブランク、無職期間)は平均3ヶ月ともいいます。

つまり、退職後に転職活動をしている人の多くが3ヶ月以内に次の仕事を決めているということです。

しかし、それ以上長くなると採用担当者も「内定をもらえない理由があるのか?」「空白期間は、何をやっていたんだ?」と疑問に思い、色々と突っ込んだ質問を投げかけてきます。

空白期間はさらなる空白期間を呼びかねません。

何か目処が立っているとかでない限り、退職後の転職活動は少しリスクがあります。

「在職中に転職活動をする」方が無難?

これだけ見ると、退職してからの転職活動には、デメリットが多すぎます。

財源が確保できないなどは何より生きていく上での問題ですので、まだあなたが在職中であるならば、できれば働きながらの転職活動をおすすめします。

在職中の人は、退職のタイミングなどが不安であっても、たいていの企業は入社日の調整ができる(在職中であることを面接時に伝えていれば、入社日を調整してくれる企業は多い)ため、あまり心配はいらないでしょう。

在職中でもうまく現職と両立させ、転職活動を成功させた人はたくさんいます。

転職エージェントを使っての効率的な進め方もおすすめです。

ぜひ、MAPにも一度ご相談ください!

転職というライフイベントに、真剣に向き合える選択を

転職活動はあなたの今後の人生を決める大事な期間。

時間は全ての人に平等であり、その使い方は人それぞれです。

繰り返しになりますが、働きながらの転職活動には多くのメリット(安心できる点)があり、おすすめです。

スケジュール調整をうまく行いながら、転職活動を進めていきましょう!

キャリアアップ転職ならMAP

20代、30代ビジネスパーソンのキャリアアップ転職ならMAP。一般的な転職サイトには掲載されていない「非公開求人」も多数保有しています。