【転職】転職活動、働きながら?退職してから?

CAREER

転職活動は働きながら(在職中に、今の仕事と並行しながら)するのが良い?それとも、退職後にするのが良い?これは転職活動を考えている人には大きなテーマです。書類や面接の選考には、在職中であるか離職中であるかは特に関係しないため、どうするかは個人に大きく依存する部分です。それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

働きながら転職活動するメリット

経済面の心配がない

これは一番大きなメリットかもしれません。どんな状況であろうと、お金がないと生活できません。働きながらであれば財源は確保できますので、多少のストレスがあったとしてもその点では安心です。

転職の理由を説明しやすい(志望度の高さをアピール)

無職の状態での転職活動は、「他に応募しているところはありますか」と聞かれることが多くあります。その理由は「無職=選んでいる場合じゃない、どこでもいいから働きたい」というイメージを持たれやすいから。その点在職中であれば、「今も働ける場所はあるけど、それでも御社を選んだ」というように、志望度の高さをアピールすることができます。

勤務しながらスキルや知識を積める

働いていれば、その期間もスキルや知識を途切れなく磨き、積むことができます。言わずもがなのメリットです。

余裕をもって行動できる

経済的にも精神的にも余裕を持って行動ができるのが、働きながらの転職活動の大きなメリット。「うまくいかなくても、現職に残るという選択肢もあるし」と考え直すことができます。仕事がある・組織に帰属しているという状態は、普段は気づかないかもしれませんが、気持ちに大きな余裕をもたらしてくれています。時間には余裕がないかもしれませんが、経済面・精神面の余裕は大きなメリットです。

持ち帰り確認・選択できる

例えば面接で会社について質問された時も、在職中であれば後から確認することができます。また、内定が出た場合も条件や待遇・社風などを在職中の会社と比較し決定する、『選べる』状態になります。

働きながら転職活動するデメリット

時間がない

まずこれに尽きるでしょう。時間がないことを理由に、退職してから腰を据えて転職しようと考えている人は少なくありません。書類作成や自己分析はもちろん、面接は普通平日の昼間に行われることが多いですので、サラリーマンには厳しいかもしれません。

集中できない

とにかく仕事のことで手一杯になってしまい、意識が転職の方へと向きにくいかもしれません。まとまった時間が取りにくく、集中して取り組むことがしにくいです。

プライベートな時間が取りにくい

勤務時間以外を転職活動準備に充てるため、プライベートな時間を確保することが難しく、ストレスに繋がりやすいかもしれません。

在職中の会社への説明

当たり前ですが、面接で会社を休む時に正直にそのことを伝えるのは角が立ちます。かと言って、一次面接、二次面接、最終面接のたびに「風邪で…」と休むわけにもいきません。何と説明するか、スケジュール調整はどうするか。この辺りも問題になってきます。

退職後に転職活動するメリット

時間に余裕ができる

退職しての転職活動を希望する人の多くの人が、この『時間』を求めています。今まで一日8時間だった就労時間がいきなりゼロになるのですから、自由を実感できることでしょう。中には、転職活動の前に自分へのご褒美で、少し休み期間として旅行に…なんていう人も。とにかく時間があれば、何でもできます。拘束時間がなく自由になるというメリットは計り知れません。

集中できる

まとまった時間が取れるので、集中しようと思えばその時間を丸々転職活動に充てることができます。「時間がなかった」と自分に言い訳もできない環境ですので、セルフマネジメント力のある人には退職後の転職活動も不可能ではありません。

退職後に転職活動するデメリット

生活リズムが崩れやすい

では、退職後に転職活動を始めるデメリットには、どんなものがあるのでしょうか。一つは生活リズムが崩れやすいこと。特に一人暮らしだと顕著です。無限に時間があると思うと寝過ごしてしまったり、反対に夜遅くまで起きていたり…。ここには注意が必要です。

自己管理力が問われる

デメリットというよりは、自分の力が試される部分です。前述の生活リズム含むセルフマネジメントがしっかりできているかどうかで、転職活動の進み方は大きく変わってきます。「時間ならいくらでもあるから」と思うと逆にダラダラしてしまう…そんな人は退職してからの転職活動は難しいかもしれません。

経済面・精神面の焦りがでる

仕事を辞めるということは、同時に財源が確保できなくなることを意味します。最初のうちは自由を満喫できていても、時間の経過と共に経済的な余裕がなくなり焦りが出てきやすいです。また、すぐに内定が出れば良いのですが、そうでなかった場合気持ちにも焦りが出やすくなります。これらの焦りは内定になった時の入社意思の判断に影響し、「他に内定も出ないし、とりあえず内定が出たこの会社に決めちゃおう」と希望しない入社を招くきっかけにもなります。そうなった場合、入社後に後悔しまた転職活動をするということにもなりかねません。

空白期間を問い詰められる

転職活動の一般的な空白期間は平均3ヶ月といいます。退職後に転職活動をしている人の多くが3ヶ月で転職を決めているということですね。しかし、それ以上長くなると採用担当者も「内定をもらえない人なのかな?」「この期間何をやっていたんだろう」と疑問に思い、なぜこれだけの期間、無職なのかを質問してくることでしょう。その部分に答えられるかどうかは、なかなか難しい話です。

働きながら転職活動する方に軍配が上がる…?

これだけ見ると、退職してからの転職活動には、デメリットが多すぎます。財源が確保できないなどは気持ち云々より生きていく上での問題ですので、まだあなたが在職中であるならば、できれば働きながらの転職活動をおすすめしたいです。現職の退職日のタイミングなどが不安であっても、たいていの企業は入社日の調整ができる(現職中でも入社日を調整してくれる企業は多い)ため、あまり心配はいらないでしょう。仕事をしながら転職活動を成功させた人はたくさんいます。冒頭でも述べましたが、採用担当者は多くの人と面接をしており、スキルや人となり、経験を見ていますので、現職であること・離職であることは直接選考に関係ないのです。

まとめ

人材紹介会社と面談をした・企業の情報を集めてみた…この辺りは転職活動のほんの入り口。実際に動き出してからが勝負です。転職活動はあなたの今後の人生を決める大事な期間。時間は全ての人に平等であり、その使い方は人それぞれです。安易に転職活動を考えずに、慎重に動いていきましょう。やはり、繰り返しになりますが、働きながらの転職活動には多くのメリット(安心できる点)があり、おすすめです。全休ではなく半休取得などで対応しながら、うまく転職活動を進めていきましょう!