33歳シングルマザー。仕事と子育て、忙しくても実現した「妥協なき転職」

内定・転職者の声
<プロフィール>
33歳 M・Iさん 社会人14年目 3児のシングルマザー
(転職前) 生命保険営業 (転職後) 有形商材の法人営業

3児の子育てと仕事を両立するため「母として働く」条件を重視した転職活動。働くシングルマザーとして多忙を極めながらも、異業種へのキャリアチェンジを果たしたM・Iさんに「妥協なき転職」を成功に導いたポイントについてお聞きしました。

「なんとなく」の事務職で、内定は出たけれど

前職からの転職を考えたきっかけのひとつは、営業経費でした。生命保険の営業という仕事自体にはやりがいを感じていたものの、仕事で必要な経費は全て自己負担。そのため実質手取りが目減りしてしまうことが、大きな負担となっていました。

転職活動をしようにも具体的な進め方がわからなかった私は、まずハローワークを利用することに。今までと同じく営業職、あとは、なんとなく事務職でも探していました。

ハローワークで見つけた求人に応募したところ、無事に選考を通過。「なんとなく」で探していた事務職での内定をもらうことができたんです。

でも、改めて考えてみると事務職では年収の上限も限られるし、拘束時間も厳しい。何よりもずっと営業職で動いていた私が、デスクワークでじっといるのは無理じゃないかと思えてきて。

一方で営業はインセンティブや報酬もあるし、会社によってはフレックス制度もある。子供がいる私にはやはり営業職のほうが合っているのではないかと考えはじめました。

そんな時に、転職サイトを通じて届いた、MAPからのスカウトメール。事務職での内定は辞退して、もう少し他の仕事をみてみようと思い直しました。

3児の子育てに奮闘中。多忙なシングルマザーの転職活動

私は現在、3人の子供を育てているシングルマザーです。

仕事が終わって帰宅すれば家事育児に追われ、土日も子どもの習い事送迎などが待っている。自分のことに構う暇なんてないくらい、目まぐるしい毎日を送っています。

そんな忙しい日々の中の転職活動。MAPでは専用のチャットアプリで求人を確認しながら、担当アドバイザーとフランクにやりとりができたのでかなり助かりました。メールだと少し堅苦しいやり取りになってしまうし、時間も取られがち。でも、チャットなら気負わず、近い距離で質問ができるし、アドバイザーさんも素早く対応して下さるので安心できます。

さらに、私のように転職活動のためにまとまった時間が取れなくても、履歴書や職務経歴書の書き方を効率よく教えてくれたり、添削までしてもらえる。忙しい人にとって、無料で利用できる転職エージェントはとてもいいサービスだと思いました。

希望をすべて叶えた「妥協なき転職」

今回の転職活動ではMAPを通じて応募した企業より内定をいただき、営業職として入社が決まりました。

希望条件が100%叶う転職は難しい。どこかで妥協はしなくてはいけない、と言われますが、私はアドバイザーの方に希望を全て伝えました。欲しい条件は一度全部話した上で、そこから妥協点を探っていけばいいと思って。でも、最終的には希望がすべて叶う転職ができました。

営業経験はありますが、異業種への転身に多少の不安はあります。でも、ワークライフバランスが叶う職場と聞いているので、3人の子供がいる私にとってはありがたい環境だと思っています。

自分が知らない世界を見ると、転職活動が変わる

実は今回入社を決めた会社については、男性社員がメインで活躍しているイメージを強く持っていました。だから、もしも自力で転職活動をしていたら、応募することすらなかったでしょうね。

実際男性社員の割合が多い会社なのですが、みなさん気さくな方ばかり。選考時に営業同行をさせてもらったときには、女性が少ないからか、返って丁寧に接して下さる様子も伺えました。

この会社に入りたい!現場をみてピンときてからは、担当アドバイザーさんに面接対策をしてもらいつつ、内定をいただけるよう頑張りました。

ここがいいな、ここで働きたいなと自分で思えたからこそ、忙しい中でも前向きに、ポジティブに転職活動に向き合えたんだと思います。

私が「男性メインの会社」だと思い込んでいたように、自分が知っている情報だけを頼りに仕事を探していると、つい偏った判断になりがち。結果、自らの可能性をつぶしてしまう危険もあると思うんです。

将来の可能性や選択肢を探るためにも、いろんな業種や職種に精通しているエージェントを利用し、自分が知らない世界を知る。これが転職成功の近道だと感じました。

視野を広げて探してみると、男女関係なく仕事はたくさんありますよ。

これから転職活動を始める人へのアドバイス
視野を広げる。これに尽きます。
世の中には自分が知らないお仕事。知っているつもりでも、向いていないと思いこんでいるお仕事など、色々なお仕事があります。転職エージェントに相談して話を聞けば、何かしらのヒントが得られるのではないでしょうか。
<担当アドバイザー 古川より>
M・Iさんはマネジメントも経験されており、とてもバイタリティが高い方だと感じました。お子様がいらっしゃるため、職種や働き方について悩んでおられましたので、転職軸やライフスタイルとの兼ね合いといった価値観のすり合わせを何度も行い、見事第一志望の企業からの内定を獲得されました。最終面接ギリギリまでチャットでやり取りをしていたのが懐かしいです。本音ベースでお話をさせてもらい、時には厳しいこともお伝えしました。結果として全ての希望を叶えられたのは今までの頑張りと、M・Iさんのお人柄あってこそだと思います!

今回の転職は同じように悩んでいるワーキングママのロールモデルになり得ると思いますし、私自身の学びにも繋がりました。今後のさらなるご活躍をお祈りしています!