200

飲食業から未経験でエンジニアへ!30歳の節目でキャリアチェンジに成功。

20代・30代若手の転職成功体験
●プロフィール●
M・Mさん 30歳
転職前:大手飲食チェーン 店長候補
転職後:ITソリューション企業 インフラエンジニア
30歳を目前にキャリアプランを見つめ直したM.Mさん。居心地のいい職場から転職する踏ん切りがなかなかつかずにいた、彼の背中を押したのは、1本の動画でした。

高校卒業後、建設会社で2年ほど勤務した後、退職。その後は大手飲食チェーンにアルバイトとして入社し、調理や接客、清掃、シフト管理などを担当していました。

そのままフリーター生活を4年ほど続けた頃、もっとスキルアップしたい、正社員になって家族を安心させたい、という気持ちが徐々に芽生えてきて。働き方や自分のキャリアに対する考え方が変化したタイミングで、ちょうど上司から社員登用の話がありました。

飲食店の仕事は、お客様から直接ありがとうといってもらえることが何よりの喜び。さらなるやりがいを目指し、正社員として引き続き勤務することにしました。

正社員になってから3年が経過し、スタッフ育成ほか新たな業務を任されるように。また、アルバイト時代にはなかった予算達成への意識が強くなるなど、責任も増した分、スキルアップできている確かな実感がありました。

しかし、もうすぐ30歳。このままの働き方でいいのか?なにかもっと違う道があるのではないか?再び自分のキャリアについて考え始めました。

顔見知りの常連さんも多く、店でお客様と交流するのは本当に楽しい。長年慣れ親しんだ職場環境も居心地がいい。それでも30歳という節目を前に

「自分を変えるチャンスは今しかない」

と思い立ち、転職を決意しました。

エンジニアを目指すきっかけになった、1本の動画

転職を意識し始めたものの、具体的な方向性が定まらず、実際に転職活動に取り掛かかることなくそのまま1年が経過しました。

漠然と自分を変えたいと考える中、たまたまYouTubeでエンジニアの仕事内容に関する動画をみつけ、思わず見入ってしまったんです。

エンジニアという仕事は、転職サイトでみたことがあり、なんとなく認知している程度でした。でもその動画を見て、パソコンと向き合うことも、1人で黙々と作業することも好きな自分に向いているのでは?と、エンジニア職への興味が湧いてきました。

1年間も動けずにいたのに、エンジニアへの気持ちが固まってからの行動は早く、すぐに3社ほど転職エージェントに登録しました。そのタイミングで転職サイトを通じてMAPからスカウトメールが届いたことがきっかけで、話を聞きに行くことに。

MAPの面談ではすでに心が決まっていたので、担当アドバイザーの渡辺さんに、エンジニア志望であることを伝えました。

飲食店勤務から、ITエンジニアへのチャレンジ。まったくの未経験での異業種転職は、現職からの年収アップは望めないこと、年齢的なリミットがあることなど、渡辺さんからは厳しい話をお聞きしました。

新たな挑戦だからこそ、足元ではなく将来を見据え、今何を投資するべきか。どんな未来を描くのか。渡辺さんにアドバイスをもらいながら、今後の方向性を考えていきました。

覚悟を決めて挑んだ転職活動

転職を意識しながら、なかなか踏ん切りがつかなかった理由として、面接への苦手意識がありました。

しかしエンジニアの道を進むと決めた以上、面接が苦手などといっている場合ではありません。働いていた店にも退職時期を伝え、有言実行せざるを得ない状況をあえてつくって転職活動に臨みました。

その後、渡辺さんにいくつか求人を紹介してもらい、開発エンジニアやインフラエンジニアなどのポジションを募集している企業3社に応募しました。苦手な面接や書類作成の対策はもちろん、選考中に生じた疑問点にも的確な助言をいただくなど、渡辺さんのサポートのおかげもあって、本格的に転職活動を始めてから1ヶ月半で転職先が決まりました。

入社の決め手となったのは、教育体制の厚さ。未経験からのチャレンジなので、一から研修を受けられる点に魅力を感じました。また、給与体系がはっきりしており、福利厚生が充実しているところも好印象でした。

もちろん、エンジニアの仕事は自発的な勉強も不可欠。30歳の挑戦が実を結び、早く一人前のエンジニアになれるよう、努力を続けるつもりです。

これから転職活動を始める人へのアドバイス

自分自身もそうだったのですが、自分の本当にやりたいことはなんなのかを考えずに過ごしている人は多いと思います。考えることをやめず、自分自身と向き合うことが大切ではないでしょうか。また、転職エージェントを利用する際は、不安や疑問点などを徹底的にアドバイザーに聞くことが転職成功のコツではないかと感じました。

担当アドバイザー 渡辺より

初回面談からITエンジニアへの思いを熱く語ってくれる方でした。だた、ポテンシャルを秘めているものの、重い腰を上げられないでもがき苦しんでいる印象でした。私は状況の整理をし「行動するリスク」と「行動しないリスク」を考えるお手伝いをしました。

30代で未経験の領域に飛び込むのは、本当に勇気がいることなので、現状維持を選択する方が多いです。そんな中、行動すると決断し、辛く険しい道程を選定したM・Mさんは、すぐに内定を勝ち取ることができました。

多くの求職者様を支援して来ましたが、これほどまで覚悟を持って面接に挑んでいる方は、なかなかお会いすることがありません。本気になれば年齢など関係ないことを学ばせてもらった M・Mさんとの出会いに感謝するとともに、エンジニアとしてのご活躍をお祈りしております!

 

【アドバイザープロフィール】  渡辺 雅也(わたなべ まさや)

山口県出身。高校卒業後、大手自動車メーカーに勤務。紆余曲折を経て、小学校教諭を経験したのち、MAPに入社。休日は、美味しいモノを探して旅人になります。

▶︎▶︎自分の人生と向き合う時間に。