転職活動やキャリアについての悩みや疑問に、現役キャリアアドバイザーが答える「転職お悩み相談室」。今回は27歳・SES企業営業職の女性のお悩み相談です。

SES営業・女性(27歳)のお悩み

SES企業に営業職で入社し現在3年目です。営業担当は上司と私の2人だけなのですが、この上司と上手くいかずに悩んでいます。

上司は自分が結果を出したいスタンドプレイヤータイプ。一方の私は積極的に情報共有してチームとしての結果を求めるタイプです。仕事の進め方はもちろん、根本的な考え方の違いや、上司のパワハラ気味な発言もストレスになっていて、そろそろ我慢の限界です。

会社の規模的に異動の可能性がなく、転職を考えているのですが、昨今の状況下では難しいでしょうか。人材業界に興味があるのですが、もう少し今の会社で耐えて、キャリアコンサルタントの資格を取ってから転職活動した方がよいかとも考えています。

転職のプロによるアドバイス

1.変えたいのは仕事?環境?改めて自己分析を

大変な状況が伝わってくるご相談内容です。人間関係の悩みは本当に辛いですよね。

我慢の限界とのことですが、転職活動を始める前に、まずはご自身の意思を整理してみましょう。

無形商材を扱う法人営業経験は、強い武器。人材以外にもITやSaaS、広告など、全くの異業界へのキャリアチェンジの可能性もあります。

しかしながら、早期活躍や年収アップを狙えるのは、やはり同業種への転職です。

転職して変えたいのは仕事でしょうか、それとも環境でしょうか?

そもそも今の会社に入社した理由は何だったのか。人間関係の問題がなければ、SES営業という仕事自体は継続できるのか?希望されている人材業界で何を実現したいのか?改めて考えてみましょう。

2. 入社後ギャップを防ぐリスクヘッジを

社風や上司の人柄などは実際に働かなければわからないことも多いですが、入社前に確認できる部分もあります。次の職場でも同じようなミスマッチが起こらないよう意識して、転職活動を進めましょう。

例えば入社前の会社見学や、配属予定部署の上司・同僚との面談は、現場の雰囲気を掴めるよい機会となります。またエージェントを使って転職活動することで、企業への要望も伝えやすくなります。ぜひ積極的に活用してください。

3. 資格よりも実務経験が大事

コロナ禍で大きく影響を受けた人材業界も、そろそろ復調傾向にあります。相談者様のSES営業経験は、ご希望の人材業界への転職に有利に働くでしょう。さらに、キャリアコンサルタントの資格があれば、書類選考で目に留まりやすいかもしれません。

しかし企業が注視しているのは資格よりも実務経験です。現在資格取得に向けて勉強中であることをアピールしながら転職活動を進め、早めに実務経験を積むことを優先しましょう。

27歳という年齢は、社会人として一定のキャリアがあり、かつ新しいことを柔軟に吸収できる、転職にちょうどよい年齢です。

30歳までの3年間は、その後のキャリアを左右する大切な時期になるので、悔いのない選択をして下さい。

転職エージェントMAP 笹森 芳輝

今回のお悩み相談員

転職エージェントMAP 笹森 芳輝

北海道出身。大学時代を岩手で過ごし、新卒でMAPに入社。若手人材の転職支援を行っている。学生時代に行っていたラクロスと野球は現在も継続中。

20代、30代の転職エージェント MAP

年収アップ、異業種転職他成功実績多数あり。転職のプロによるキャリアアドバイスや職務経歴書の作成、面接対策、スケジュール調整など、転職活動を成功に導くサポートが、すべて無料で利用できます。転職サイトには掲載されない「非公開求人」も。