転職活動やキャリアについての悩みや疑問に、現役キャリアアドバイザーが答える「転職お悩み相談室」。今回は28歳・飲食チェーン店店長男性からのお悩み相談です。

飲食チェーン店店長・男性(28歳)のお悩み

大学卒業後、新卒で入社した外食チェーン企業に勤務して5年が経過。現在は複数店舗の兼任店長をしています。

店長昇格後は、配属店舗の売上記録を常に更新したり、アルバイトスタッフの育成に携わったりと、全力で仕事に取り組んできました。仕事はやりがいも達成感もあるのですが、夜勤・連勤が続くこともあり、年々体力が追いつかなくなっているのを感じます。現場を離れて本社勤務を目指すことにも魅力を感じず、20代のうちに転職したいと考えています。

飲食・サービス業は離れたい、夜勤がなく土日休みの仕事がいい…といった漠然とした希望はあるものの、正直なところ、飲食業での経験しかない30歳目前の自分がチャレンジできる仕事があるのか、そもそも世の中にどんな企業が存在するのかさえもわかりません。

選り好みはせず、可能性のある求人なら内容問わず応募したいのですが、職務経歴書に書く内容も思い付きません。こんな状態で、一体何から就職活動を始めればいいのでしょうか。

転職のプロによるアドバイス

飲食店店長を辞めたいけれど、転職活動に不安。職務経歴書に書くことがない。

1. なぜ飲食業を選んだのか、改めて自己分析を

実は私も学生時代、大手飲食チェーン店で夜勤のアルバイトをしていた経験があり、相談者さまのご苦労はよくわかります。

現在の仕事に対し、体力的な限界を感じておられるとのことですが、長時間勤務や夜勤といった懸念材料がクリアになるなら、同じ飲食での転職も視野に入れますか?それとも一時的にせよ年収を下げてでも、異業種への転職を希望されますか?「土日休み」を希望する明確な理由はありますか?

これまで積み上げてきた実績が高く評価されるのは、やはり同業種への転職です。飲食をはじめ、サービス業はハードワークなイメージが強いですが、夜勤のある仕事ばかりではありません。

新卒からなぜ飲食の道に進まれたのか。サービスに関わる仕事で何を叶えたかったのか。就活時代を振り返って、今一度自己分析してから、転職活動方針を決定することをおすすめします。

2. 飲食店店長経験が活かせる仕事は少なくない

サービス業を離れたいとのことですが、飲食以外でもサービス経験を活かせる仕事は多々あります。

例えば小売店の販売業務やスポーツジムのインストラクターの仕事なら、飲食店で身につけたスキルが歓迎されます。また、大手チェーン店店長の経歴は、フランチャイズ展開を計画している企業へのアピール材料になるでしょう。

サービス業以外なら、営業職やカスタマーサクセスにも可能性があります。食品受発注システムや業務用厨房機器など、飲食店に関係するプロダクトやサービスを取り扱う企業なら、前職で養った「ユーザーの視点の経験」が活かせるはず。

店長としてのマネジメントスキルを発揮するなら、コールセンターのスーパーバイザーなど、多数のメンバーをまとめる仕事にも注目してみてください。

3.飲食からの転職活動は経歴を可視化する作業から

転職活動はまず経歴を可視化することから始めましょう。これまでの経験を整理する「スキルの棚卸し」の作業をしないままに職務経歴書の作成を始めても、まず失敗してしまいます。

現職ではすでに当たり前のものとなっているスキルでも、一歩外に出てみれば大きな強みとなるケースは多々あります。例えば、採用と育成に苦心している、シフト管理に課題がある企業に対しては、相談者様が複数店舗で採用・勤怠管理を担ってきた経験は、強いアピール材料になります。

とはいえ、自分自身のことはなかなか客観視できないもの。

  • 上司に評価されたのはどこか
  • 同僚と比べて得意だったことは何か
  • 部下は自分のどこを見習っていたか

など、異なる立場の人たちからの意見を参考にして、ご自身の強みを徹底的に言語化しましょう。

転職エージェントMAP  岡部 光宏

今回のお悩み相談員

転職エージェントMAP 岡部 光宏

人材紹介一筋8年目。アドバイザー業務の他、新拠点の立ち上げや、RPAを活用した事業の責任者なども経験。個人の良さを引き出すサポートが得意。野球と温泉、食べ物の話に目がない。

サービス業からの転職ならgoody

goodyは販売・サービス経験者専用の転職支援サービスです。アパレルのほか、ブライダル、宿泊、旅行など、販売や接客経験で培ったホスピタリティスキルを活かせる転職をサポートします。