突然ですが、みなさんは転職するとき、「なんとなくの印象」で志望するポジションを決めてしまっていませんか?

例えば、Webデザイナー、マーケター、ライター…クリエイティブな仕事にはスタイリッシュで洗練されたイメージがあり、憧れる人も多いものです。

また、営業職、コンサルタントなど、アクティブな印象のポジションも人気があります。

ですが、実際の仕事内容をよく把握せずに志望・入社してしまうと、後から「想像と違った」という結果になりかねません。

今回は、「イメージだけではなく、仕事内容を正しく理解して転職する」ことの大切さについてご紹介します。

【転職とイメージ】憧れと業界・ポジション(職種)研究

キャリア面談の席で「マーケティングの仕事をしたくて転職を決めました」「ライターになりたいと思っています」…という希望をお持ちの方に、「では、その仕事に就いてみて、どんな活躍をしたいですか?」という質問をすると、言葉に詰まってしまうケースが比較的多いのです。

これは、まだその職種について理解ができておらず、研究の余地がある状態といえるでしょう。

もちろん、憧れを持つのはとても良いことであり、転職エージェントに相談する段階では志望内容が固まっていない方が大半です。

そもそも「どんな活躍をしたいか」を一緒に見つけていくために転職エージェントが存在しています。言葉に詰まってしまっても全く問題ありませんので、安心してください。

一番危惧すべきは、「憧れのまま、よく理解せずに内定まで突き進んでしまうこと」です。

「イメージが良いからその職業に就きたい」ということは、「イメージの良い肩書きを手に入れること」がゴールになってしまっている状態です。

むしろ、内定はゴールではなくスタートライン。その仕事に就いたところからが、本当のスタートです。

「◎◎になること」を目指している状態なら、「なぜその仕事に就きたいのか?」「その仕事ではどんな経験ができ、どんなスキルが身につく(活かせる)のか?」など、憧れやイメージだけではない、業界・職種への理解が必要になってきます

業務内容を把握していないまま就職してしまうと「想像と違う!」というミスマッチになりかねません。

「華やか」「自由度が高そう」「なんかカッコいい」と思っているポジションも、実際には意外と体力勝負だったり、地味な作業が多かったりするものです。

逆に、そういった側面があってもやりたい仕事かどうかを考えて転職できれば、仕事はより一層楽しく、充実したものになります。

【転職とイメージ】就きたいポジション(職種)・なりたい自分

「なりたい自分像を実現できる転職」は、とても理想的です。

しかし、業界・職種の研究が足りずにイメージが先行してしまうと、「なりたい自分」ではなく「就きたいポジション」の方に視点が偏ってしまいます。

どのように成長していきたいか・どのようにそのフィールドで活躍していくかを考える作業は、転職においてとても重要です。

つまり、業界・職種研究と同時に、自分研究=自己理解を深めることが必要になってきます。

「自分の理想像」を把握し、志望する業界・職種が自分のなりたい姿にフィットしたものかどうか、転職活動の中で考えてみましょう。

その上で、もし現職で自分の理想像を叶えられそうな余地がある場合は、急いで転職する必要はありません。もう少し今の環境で頑張ってみて、「やっぱり違うな」と思ったときにまた考えれば良いのです。

転職は「人から見てどうか」ではなく、「自分の自己実現」のための手段。

「カッコいい」「華やか」というイメージや、他者からの視点ではなく、自分の視点でしっかりと、人生に必要な経験ができるかを考えた上で、転職をするのがベストです。

【転職とイメージ】自己理解を深めるには?

自分のことは自分が一番理解している。

そう思っていても、潜在的な希望にはなかなか気付きにくいものです。

一枚の紙に、自分の中にある思考やこれまでの経験などを書き出して「自分史」を作ってみる。これは最もスタンダードながら、すぐにできる自己理解を深める方法の一つです。

また、第三者に相談し、自己理解のための壁打ち相手になってもらうのも有効です。

家族や友人に相談するのも良いですが、主観が入りすぎず、かつ転職に関するプロフェッショナルである「転職エージェント」を利用する方法が非常に有効です。

転職エージェントのアドバイザーは対話の中で、自分の考え(時に自分が思っていなかった考えも)を引き出し、整理し、目標を定めるまでのサポートをしてくれます。

こうした第三者のサポートは、自分に自信を持つきっかけにもなりえます。

相談の末、すぐの転職とならなくても、大丈夫です。

転職エージェントへの相談は無料ですので、身構えすぎずに一度利用を検討してみるのもいいかもしれません。

【転職とイメージ】転職で理想の自分に近づけるかが鍵!

さて、「自分の理想像」というと、私たちはつい「他人から見てどうか」ということを考えがちです。

素敵な人物であるか、カッコいい生き方をしているかどうか…これらは自分ではなく、他者からの視点に紐づいている理想像です。

本当の「自分の理想像」とは、「自分がどうありたいか、どう生きていきたいか」につながるもの。

憧れやイメージだけで、想像を追い求めて突き進んでしまわないためにも、第三者への相談を通して、客観的な意見も交えながら自己理解や業界・職種への知識を深めましょう。

さまざまな業界・職種に精通し、フラットな視点でアドバイスができる転職エージェントの無料相談を有効活用して、納得のいく転職を実現してください。

キャリアアップ転職ならMAP

20代、30代ビジネスパーソンのキャリアアップ転職ならMAP。一般的な転職サイトには掲載されていない「非公開求人」も多数保有しています。