4月はオリエンテーションや研修、歓迎会などイベントが目白押し。気付けばあっという間に過ぎていきます。

そうして迎える5月。序盤の大型連休が明けると、なぜか社内のあちこちに空席が…?

そう、毎年GW明けは、どの業界でも一年で最も退職者が増加するタイミングです。

5月病という言葉もあるように、退職まで踏み切らずとも「仕事を辞めたいな…」と思う人が増える傾向にあります。

しかし、4月に入社したばかりの会社を5月で辞めると、わずか1ヶ月での退職…つまり、「早期離職」になってしまいます。

たった数か月で会社を辞めてしまうと、今後のキャリアにどんな影響があるのでしょうか?早速見ていきましょう。

連休明けの仕事はキツイ!退職を考える人は4割以上?

あるアンケートによると、8割以上の人が「3日間以上の連休明け、仕事が辛い」と感じている(「そう感じる」「どちらかと言うとそう感じる」を合わせると83.6%)というデータが。

さらに「3日以上の連休明けに退職、転職したいと思ったことがありますか」の質問には、「ある」と答えた人が4割以上という結果が出ています。(「何度もある」「何度かある」を合わせると42.8%)

多くの人が、連休明けの仕事に憂鬱な思いを持っているようです。

株式会社スタッフサービス・ホールディングス調べ

早期離職のデメリット…次の転職が大変になる?

連休明けは「転職したい」という気持ちに駆られる人がとても多いことがわかりました。

しかし、今年4月に入社したばかりだとしたら?

期間にして約1ヶ月。オリエンテーションや研修を終えたばかりで、もしかしたら実務に携わっていない段階かもしれません。

このように、短期間で退職してしまうことを「早期離職」と呼びます。

軽い気持ちで早期離職してしまう人も多いですが、少し待ってください!

早期離職にはもちろんデメリットがあります。もし転職を考えるとしても、リスクについて十分理解した上で、検討する必要があるのです。

早期離職のデメリット1:次回以降の転職活動が難航する可能性がある

早期離職の大きなデメリットとして、「次回以降の転職が難航する可能性がある」が挙げられます。早期離職に至るまでの経緯は人それぞれですが、「短期間での退職=ストレス耐性がない、根気がない」という印象に繋がりやすくなるのです。

早く次の就職先を探そうと頑張っても、会社によっては「短期間の退職はNG」で、選考を通過しにくいこともあります。

やむを得ない理由がある場合はきちんと書類に記載すれば良いのですが、「なんとなくダルくて辞めた」「何度も早期離職を繰り返している」というような場合は要注意です。

企業は基本的に長く働いてくれる人を求めるため、経歴に早期離職があると「すぐに辞めてしまうのではないか」と考えてしまいます。

つまり、入社後のリスクヘッジとして早期離職経験者の採用を見送る…というケースはよくある話です。

早期離職のデメリット2:スキルアップ、成長のチャンスを逃してしまう

早期離職をしてしまうと、成長の機会を逃してしまいます。

どんな仕事でも、一定期間腰を据えて経験してみないとスキルは身につきません。研修で知識は身につくかもしれませんが、仕事とは知識に実践を掛け合わせて、経験になっていくもの。

そしてその経験が自分の力(=スキル)になっていくのです。たった1ヶ月では、十分な経験を積むには時間が足りなすぎます。

早期離職は、もしかしたらできたかもしれない経験や身につけられたかもしれないスキルを見送ることになってしまうため、非常に勿体無いと言えます。

このように、リスクを伴う早期離職ですが、もちろん我慢しないで退職をした方が良い場合もあります。

心身に影響が出てしまいどうしても出社できない、明らかなハラスメント行為があり改善が見込めない場合などです。

キャリア形成も大切ですが、まずは健康であることが前提。

自分を大切に、イキイキと働ける環境を探しましょう。

早期離職をしないためには?防止&解決方法!

早期離職をしないためには、どうすれば良いのでしょうか?

ヒントの一つとなるのが、「ジョブローテーション」の存在です。

ジョブローテーションとは、いわゆる「社内異動」。

様々な部署で一定期間業務にあたることで、社員の適正の発見やマルチスキルの習得に役立てることができるため、多くの企業が注目しています。

転職せずとも別の仕事を経験できることで、働く側はキャリア形成で不利になりえる早期離職を回避できますし、企業側も離職を防止し、採用コストの削減にも繋げられるため、まさにWin-Winと言えます。

実際に、転職活動中の20〜30代の方へのアンケートでも、「ジョブローテーション制度があった方がいい」と答えた人は約80%。

中には「前職の会社にジョブローテーション制度があれば、わざわざ転職しなかった」という声もありました。

働く人からも、採用担当者からも注目されているジョブローテーション制度。

他にも、他部署の業務理解・自社の包括的な理解につながるなど、メンバーの視野を広げる効果も期待でき、今後導入を検討する企業は増えていきそうです。

他にも、早期離職を未然に防止する「正社員型派遣」という働き方もあります。

企業に正社員として採用された上で、別の企業に出向し業務にあたるというものです。

SESなどエンジニアのポジションがメジャーではありますが、営業アシスタントやカスタマーサポートなどの事務職でも、正社員型派遣として働くことが可能です。

正社員型派遣は一般的な契約派遣とは違い「正社員の安定感」があります。

万が一の時には常駐先を変更することもできるため、キャリアを途切れさせずにフレキシブルに働くということが可能です。

安定して働きたいけど、一つの企業でずっと働けるか自信がない…。このようなお悩みを持つ方は、正社員型派遣の道も検討してみてはいかがでしょうか。

働きながら国家資格を無料取得!未経験からデジタル人材へ

WORXデジタルウーマンは、DX時代に必要なデジタルスキルのリスキリング(=学びなおし)と、正社員就業が同時に叶う、女性のための新しいキャリアのカタチです。WORXオリジナルのキャリア構築システムで、未経験からのキャリアチェンジをサポートします。

早期離職する前に、もう一度考えてみよう!

転職が珍しくない時代ではありますが、早期離職を繰り返すと、今後のキャリアに響いてしまいます。

もし早期離職を選んでしまった場合でも今回の経験を活かし、次の場所では長く働くことを見据えて、仕事を探すよう意識しましょう。

「長く働ける職場かどうかなんて、入社してみないとわからない」「自分が頑張れる環境を見つけられる自信がない」そんな方はぜひ転職エージェントの利用を検討してください。

エージェントのアドバイザーは、いわば転職のプロ。

単なる求人紹介だけでなく、志望企業の社風、職場のリアルな情報も教えてくれるので、自分一人で転職活動を進めるよりも転職後のイメージがつきやすくなります。

もちろん、受けたい企業が決まったら、履歴書作成などの書類対策、面接対策までサポートしてくれるので、自分の適正や本質をしっかり把握した上での転職活動ができます。

転職前に企業を知り、自分を知ることで、入社後のミスマッチを起こしにくくなるのです。

今の仕事に疑問がある時、新しい環境に踏み出したい時なども、転職エージェントを上手に活用してみましょう。

キャリアアップ転職ならMAP

20代、30代ビジネスパーソンのキャリアアップ転職ならMAP。一般的な転職サイトには掲載されていない「非公開求人」も多数保有しています。