「本音の女性転職座談会」後編は、キャリアアドバイザーならではの辛口コメントも飛び出す本音トーク!内定が出ない、転職活動が難航する人の特徴、やりたい仕事がないと悩んでいる人へのアドバイス、20代女性が今すべきことなど、女性の転職のこれからについて、3人のアドバイザーが熱く語り尽くします。

「女性に人気の仕事」より「自分が叶えたいこと」を

水上:未経験からの転職では事務、人事、広報、商品企画などを希望される女性が多いです。

佐藤:これらが人気職種というわけではなく「女性が活躍している仕事」というイメージが強いから候補に挙がりやすい、という感じじゃないですか?

水上:それは大いにあります。今とは違う仕事がしたい、未経験だけどなんとなく商品企画に憧れがあります!という方は多いです。

菊池:一見華やかに見える仕事だからですかね。

水上:憧れの仕事に就きたい!という熱意は必要ですし、夢を叶えるお手伝いはしたいです。でも、よくよく話を聞いてみると、商品企画では本当にやりたいことはできない、といったパターンもあって。

菊池: 「やりたい(と思っている)仕事」と「本質的に仕事で叶えたいこと」にズレが生じているケースですね。

水上:例えば、現在営業職の方で「後輩の指導をしていて、人材育成に興味が出てきた」という理由で人事を希望される方がいます。

でも深堀りしていくと、誰かに気付きを与えたり、職場の課題を解決することに達成感を得る傾向がある。ならば人事にこだわる必要はなく、人材紹介やHRテックサービスの営業職なども視野に入ってきますよね。

菊池:女性は現実的な考え方をされる方が多いので、私たちに仕事で実現したいことについて話しているうちに

「あれ?私がやりたいことってホントは人事部の仕事じゃないかも?」

と気付かれることもありますね。

佐藤:確かに、職種だけにこだわりすぎないほうがいい。最初から可能性を狭めてしまうのは、もったいないです。

やりたい仕事がなくても、転職できる?

菊池:一方で

「転職はしたいけど、やりたい仕事が特にない、わからない」

と悩んでいる方もいます。

佐藤:キャリアアップなど前向きな理由で転職される女性が多いですが、ネガティブ要素がひとつもない転職なんてないですよね。やりたい仕事は特になくても、何かを変えたいからこそ、転職するわけで。

水上:具体的にやりたい仕事が決まっていなくても、全く問題ないですよ。

菊池:そうですね、私たちがご紹介して初めて知った業界や仕事に興味を持たれる方も多いですし。そもそも、世の中に存在する仕事全てを熟知している人なんていないですから。

佐藤:これまで仕事でやりがいを感じた瞬間、モチベーションの源泉、得意なことは何か。転職につながるいろんな要素に光を当てながら、固定観念を外し、やりたい仕事を探るお手伝いをするのも、私たちの仕事です。

菊池:企業面接に行って、会社の印象や社風、働いている人たちと触れて初めて意向が上がったり。まだ知らない仕事の中に天職が潜んでいることもありますよ。

女性の転職、なかなか内定が出ない人の傾向

菊池:やりたい仕事やキャリアプランが明確になっていても、なかなか転職に成功しない人もいます。

水上:厳しい言い方になってしまいますが、柔軟さがなく、視野が狭い方は転職活動が難航する傾向があります。

例えば、面接後に企業から重要なフィードバックがあっても、指摘された問題点を改善できず、次も同じ理由で「お見送り」になってしまうとか。

佐藤:人柄や柔軟性が重視される中途採用において、これは明らかにマイナスポイント。他者からの評価を受け入れられず、結果として不本意な転職をしてしまう人もいますよね。

菊池:柔軟性のなさとは逆に、人の意見に影響されすぎる、自分で決められないなど、芯がなくブレてしまう方も厳しいです。

素直さは大事ですが、自分自身の考え、これだけはゆずれないという「軸」は持っていた方がいい。

自分を理解するために、徹底したアウトプットを

佐藤:自分自身の考えを理解し、的確に言語化できる人って実は少ないんです。

だからキャリア面談では「転職に本当に求めているもの」が明確になるまで、対話の形でどんどんアウトプットしていただきます。あらゆる角度から本心を深堀りしていくのも、私たちの役割です。

水上:今の仕事の何が違えば転職しなかった?現職で叶えられなかったことは何?

キャリア面談ではそんな質問を投げかけながら、ご本人が持っている本質的な希望を一緒に探っていく作業をします。情報を共有しながら、どんどんピースを埋めて形にしていくんです。

佐藤:だからキャリア面談時に

「こんなこと言ったら笑われるかな」

なんて恥ずかしがる必要はありません。本音をぶつけてこそ転職で重視すべきポイントがクリアになっていくので、隠し事はなしでお願いします(笑)

水上:アウトプットには想像以上の効果があるんです。自分のことをひたすら話すだけでも、思考が整理されていきますから。

菊池:アウトプットしながらキャリアの棚卸しができるのは、転職エージェントを利用する最大のメリットですよね。

対話することで自分では気付かなかった適性や強みを発見して、意外な求人に目を向けることができる。結果、キャリアの可能性が広がります。

水上:話好きっていうのは女性のアドバンテージですよね。カフェで何時間もおしゃべりし続けられる、まさにあの感じ(笑)

菊池:MAPウーマンキャリアはアドバイザーが全員女性なので、女性が転職について気兼ねなく話せる環境だと思います。

佐藤:女性のアドバイザーに転職相談したくてここを選びました、という方も多いですよ。

女性が活躍し続けるために、今すべきこと

水上:今後転職してもしなくても、20代の若いうちは、目の前の仕事に全力で取り組むこと。それが何より大事!

今実力をつけておかないと、チャンスが来た時に挑戦できないですから。

佐藤:将来の自分のために、今頑張る。転職したら頑張ろう、やりたい仕事に就けたら本気出す、では遅いです。

菊池:「選ばれる自分になる」は、MAPウーマンキャリアのコンセプト。男性より女性の方が長期的なキャリア形成が困難な側面があることは、まだまだ否定できません。

水上:それでも選ばれる存在になるには、20代から本気にならないと!

菊池:将来性を加味した評価をしてもらえるのは20代のうちだけ。30代以降はプラスアルファの能力や経験値が必要とされますよ。

2020年の転職を狙うなら、タイミングは今

佐藤:年明けからは、普段はなかなか空かないポジションの求人が出るケースがあります。また、新卒社員が入社する4月より前に中途採用を終わらせる企業も多く、選考スピードが早い。短期決戦できる可能性があります。

水上:確かに、新卒採用する企業は4月以降新人育成期間に入るので、未経験での中途採用は見送る傾向がありますね。

佐藤:転職は大きな決断だから「待っていればもっといい求人がでるかも?」と先送りしがち。でも、転職活動において、スピード感はとても大事です。

菊池:2020年の春には新しいステージにいたいと考えるなら、いますぐに動くべし!ですね。

MAPウーマンキャリア・2020春の転職応援キャンペーン

社会で活躍できる強いキャリアを形成したい。ライフイベントを経ても、自分らしいスタイルで働き続けたい。そんな女性の転職とキャリアアップを同世代の女性アドバイザーがサポートする女性専用転職エージェント、MAPウーマンキャリア。

MAPウーマンキャリアでは、2020年春からの転職を目指す女性のためのキャンペーンを実施中です。期間中専用ページから新規ご登録の上、転職が決定した方にソウ・エクスペリエンスの体験型ギフトをプレゼントします。

MAPウーマンキャリアは2020年も女性のキャリアアップを応援します。

女性の転職なら、MAPウーマンキャリア

ライフステージの変化に左右されない強いキャリアが欲しい。スキルアップして、もっと活躍したい。そんな女性の転職とキャリアアップをサポートする転職エージェント、MAPウーマンキャリア。アドバイザーは全員女性だから、安心して相談できます。