【MAPウーマンキャリア】27歳、業界未経験での転職。私にとっては大正解でした。

MAPウーマンキャリア

MAPウーマンキャリアの事業責任者 菊池華恵インタビュー・前編。「菊池門下生」と呼ばれる多くの後進コンサルタントを育て上げてきた 菊池。これまでの自身の経歴や27歳での転職体験、20代でぶつかった大きな壁について語ります。

目立ちたい、褒められたい、そればかり考えていた20代

前職は金融会社で個人向け営業を担当していました。業務内容を簡単に言うと、富裕層など投資に興味のあるお客様に金融商品をお勧めする新規開拓営業。子供の頃から負けず嫌いな性格だったこともあり、営業職として入社したからにはトップの成績を取りたい、周りからすごいねと言われたい、同期に、男性社員に、何なら先輩にも負けたくない!という気持ちで全力で仕事に取り組んでいました。

営業という仕事は常に数字の責任がつきまといます。当然、会社に認められる結果が出せなければ上司や先輩からの叱責が待っていて、辛い立場になる。プレッシャーも大きく、かなりの努力を要する仕事ではありましたが、その分手ごたえも感じていました。幸いなことに、会社や仕事内容に対する不満はなかったんです。

ただ、営業という仕事に魅力を感じれば感じるほど、自分の営業スタイルが他の世界でも通用するのかどうかが気になってしまって。優秀な成績を収めて社内表彰を受けるなど、それなりに結果を出せてはいたのですが、これで満足していたら井の中の蛙で終わってしまうのではないか、という懸念がありました。また、ずっと対個人の仕事をしていたので、さらに提案力が必要になるであろう法人営業にチャレンジしたいという思いも強くなってきたんです。

入社4年目。リーマンショックを目の当たりにし、金融業界以外に移るタイミングなのかなと漠然と考えていた時期に、キャリアアップしたい気持ちの高まりが重なり、転職を決意しました。

 

27歳、業界未経験でコンサルタントに転身した

初めのうちは業界を特に絞らず、営業スキルを高められて、かつ法人担当ができる仕事を求めて転職活動を開始しました。

結果は営業職としてMAPに入社することになったのですが、実はそれまで転職エージェントの存在すら知りませんでした。普通の転職サイトや求人情報と何が違うの?なんて思っていたくらい。自分が転職活動をして初めて

「求職者が転職のプロに無料で相談できるサービスがあるんだ」

と理解しました。

いくつかのエージェントに登録したうちのひとつだったMAPで代表の飯田(写真左)と話す機会があり、MAPは採用側の企業と応募する側の求職者、どちらの営業も担当するスタイルを取っていると聞きました。

「転職エージェントなら、これまで培ってきた個人営業のスキルを活かしながら、法人営業にもチャレンジできるのでは」

そう考え、以降は転職エージェントなどの人材業界に絞った転職活動にシフト。自分自身は性別を意識して仕事をしていたわけではないので、女性の働きやすさはなどはさほど重視していませんでした。でも、女性が多く活躍している人材業界ならば、長期的なキャリアプランを形成できるのでは、という期待感はありました。

その後よくよく調べてみると、一人で企業側も求職者側もどちらも担当する営業スタイルを採用している転職エージェントはあまりないのだとわかり、MAPに興味を持ったんです。

それまで在籍していた金融会社は大手で従業員数も多く、安定して働ける環境でした。一方、当時のMAPはまだメンバー10名にも満たないベンチャー企業。

全く異なる業種、環境への転身ではありましたが、不思議と不安はありませんでした。まだ27歳と若かったせいもありますが、

「小さな会社のほうがよりパフォーマンスを発揮できそうだし、インパクトのある仕事ができる。企業が成長段階にある今のタイミングでジョインすれば、影響力の大きいポジションにつけるかもしれない」

そんな未来へのワクワク感のほうが遥かに大きかったんです。

転職から7年経った現在、大阪支社の立ち上げや統括、新サービスの事業責任者として日々刺激的な仕事ができています。

27歳のあの決断は大正解だった!今では心からそう思えます。でも、もちろん全てが順調にいったわけではありません。

 

まだまだ未熟だった20代。リーダーになってぶつかった壁

MAP入社後はまず希望だった法人営業を担当。その後は登録者の方と接するコンサルタントも兼任するようになりました。

転職してからも、とにかく全力で突っ走るスタイルは変えませんでした。営業の仕事は好きだし、数字を追いかけるのも面白い。猪突猛進、ひたすら営業活動に没頭する日々が続いていました。

私はどちらかといえば一匹狼タイプで、自分自身が評価されたいし、とにかく自分が一番じゃないと気が済まない。それが営業という仕事でプラスに働く場面は多かったのですが、いざ自分がチームを持ちリーダーとしてメンバーを指導する立場になった時、大きな壁にぶつかりました。

前職で社内トップの営業成績を取った実績もあり、自分の営業力には自信を持っていたし、リーダーの立場になっても先頭で走り続けるプレイングマネージャーこそが理想だと思っていた私。
だからこそ、代表の飯田に

「いくら立派な数字を上げても、菊池個人の営業成績は評価しないよ」

と言われたときはショックでした。もうこれまでの仕事のやり方は通用しないんだ。メンバーを指導し、みんなで目標達成を目指すようなスタイルは、個人プレーが得意な私には絶対に無理だ、と。

 

20代で転職したからこそ得られた、大事な経験

思い返せばそれまでの私はスタンドプレーが多く、やる気は十分あるけれど生意気で扱いづらい人間でした。自分は気持ちよく仕事していて、結果も出せていたけれど、組織として、チームとしてどうあるべきか、今自分に求められていることは何かを考える、そんな重要な視点が抜け落ちていたんです。

立場が変わって初めて気づいた自分の弱点。仕事に対する意識を根本的に変えなければこれ以上成長できない。そう痛感した出来事でした。

その後は悩みもがきながら、社内外でいろんな人の意見を聞き入れて、少しづつ自分の立ち位置を変えていきました。今まではメンバーの先頭に立って全力疾走するリーダーだったけれど、これからの自分に求められているのは、最後尾でみんなの後姿を見ながらの後方支援なんだと気付いたからです。

ぐいぐい引っ張る先頭から、メンバーを支える最後尾に回るまでに時間はかかったし、今でも完ぺきなリーダーになれたわけではありません。でも、理想のリーダー像は会社や自分の成長フェーズに合わせて徐々に変わっていくものなのだと理解できるようになりました。

自分のキャリアの中で、これはかなり大きな転換期でした。当時は苦しかったけれど、これも転職したからこそ得られた大事な経験だと思っています。

<後編に続く>