【MAPウーマンキャリア】20代の女性へ。ライフステージの変化に左右されない強いキャリアは、必ず財産になります。

MAPウーマンキャリア
MAPウーマンキャリアの事業責任者・菊池華恵インタビュー後半。27歳で業界未経験から転職エージェントのコンサルタントに転身し、多くの女性の転職をサポートしてきた菊池。MAPの新サービスとなる女性専用転職支援サービス立ち上げに至った経緯、ライフステージが変わっても働くことを諦めたくない20代女性へ伝えたいことは?
転職活動の伴走者として、心がけていること


私に限らず、MAPグループのコンサルタント全員に言えることですが、それぞれがお持ちの価値観や将来のビジョンについて、かなり深いところまでお聞きするようにしています。もしかしたらこれまでのご経歴や保有資格など、履歴書上に出てくる要素よりも重要視している部分かもしれません。

人それぞれ、仕事に対する価値観は違って当然です。私のようにずっと現場で動き続けたいという人間もいれば、ライフステージの変化に応じて働き方も柔軟に変えていきたいという人もいる。

女性は特に、結婚・出産などきっかけとして転職活動に踏み切る方が多い印象があります。働き方も生き方も多様化する現代、どんなスタイルがいい悪い、正解不正解と簡単に割り切ることはでません。

一番大切なのは、自分が何を望んでいて、どうなりたいか。面談の場で私たちコンサルタントが投げかける質問に答えながら、心の深いところに潜んでいる想いを言語化することで、

「自分の中にこんな価値観や希望があったんだ!」

と気付かれる方はとても多いです。その発見は転職活動を始めるにあたってとても大切なので、希望職種や条件面以外に、仕事に求めている「真の要望」を徹底的にお聞きするように心がけています。

 

 

女性専門転職エージェント「MAPウーマンキャリア」を立ち上げた理由


MAPの転職支援サービスを利用される求職者の約半数は女性です。当然、従来のサービスでも女性の転職を数多くお手伝いしてきたのですが、かなり深いところまでご自分のことを話していただき、想いを徹底的に深堀りする、言わばカウンセリングスタイルの面談をしていると、同性のコンサルタントのほうが話しやすい、本音を伝えやすいのではないかと感じる場面は多々ありましたし、実際に女性コンサルタントを希望する声もありました。

また、まだ20代前半くらいの年齢の方、つまりこれから本格的なキャリア形成をしていく段階から、将来的に長く働ける自分になるために転職したいという女性もとても多くて。

今後起こるであろうライフプランの変化に影響されず、社会で活躍し続けたい。そんな考えを持った女性が年々増えていると、ここのところ強く感じていました。

現在、MAPには現在子育て中の時短社員やリモート勤務の女性社員がいます。子供が小さいうちはどうしても勤務時間に制約ができてしまいますが、短時間しか仕事にコミットできない分、集中力がすごい。仕事に対する熱意も、他の社員に決して引けを取らないんです。

制限のある条件下でも働くことを諦めたくない、限られた時間でできうる限りのパフォーマンスを上げるぞ!という気概のようなものを本人から感じ、他の社員とは違った働き方でも能力を発揮できる環境を整えたいと強く感じました。

現在大阪支社に在籍している時短社員は営業経験があるので、本人は第一線で営業に携わりたいという希望がある。一方、小さな子供が2人いるため時間的リソースが足りず、キャリアを活かせる場がないことに悩んでいました。確かに、私たちコンサルタントの仕事は、夜間にお客様との面談が入るケースが多く、早く帰宅しなくてはならない彼女には難しい。

でも、発想を少し変えれば、時短でも営業経験を生かして働くことは可能なんです。

彼女は現在スケジュール調整や資料作成、電話での面談やメールや対応などの営業アシスタント業務をメインに、遠方にお住まいのお客様との電話面談等、一部営業領域の業務も担当しています。

働く時間に制約のある社員の業務範囲を明確にし、無理のない範囲で高いパフォーマンスを発揮してもらう。これは本人にとっても他の社員にとっても、そして経営側にとっても非常にチャレンジングな試みではありました。それでも現場に協力を仰ぎながら試行錯誤し、一旦仕組みを作ってしまえば後はうまく回っていく。子育て中のママでも、フルタイム勤務が難しくても、これまでの経験を存分に発揮する道が必ず開けてくるんです。

ライフステージの変化に左右されない強いキャリアは、必ず財産になります。20代の早いうちから広く社会で通用する経験を積んでいれば、スキルを武器にして働き方も選べるようになるんです。

どんな状況になっても通用するキャリアを早い段階から作っておきたい。将来を見据え、自由に働き方を選べる自分になりたい。そんな声を受けてスタートしたのが、女性専用転職支援サービス「MAPウーマンキャリア」なのです。

 

 

MAPウーマンキャリアだからできること


女性向けの転職情報サイトや支援サービスはたくさんありますが、MAPウーマンキャリアの特徴は

・働きやすい環境が整っている企業を中心に紹介
・入社をゴールと捉えず、活躍を目的にした転職支援
・MAPで経験を積んだコンサルタントによるサポート
・専用チャットアプリを使った迅速かつ密なコミュニケーション
・カウンセリング型の丁寧な面談により、長期的なキャリア形成のための仕事探しが可能

株式会社MAPウーマンキャリア ホームページ

特にMAPメソッドを用いたキャリア面談では

「自分では見えていなかった潜在的な望みに気付いた」

「徹底したキャリアの棚卸ができ、自分の強みが明確になった」

といった声を多数いただいており、私たちも特に自信を持っている部分です。転職はしたいけれど、一人で考えていても突破口がみつからない。そんな方こそコンサルタントと徹底的に向き合っていただき、一緒に希望を叶えていきたいと思います。

また、女性の活躍に積極的な企業の求人をご紹介できるのも私たちの強み。求職者の方にも、そして採用する企業側にも

「MAPウーマンキャリアが取り扱う求人=女性が働きやすい企業」

というイメージを持っていただけるように、サービスのクオリティを高めていくことが当面の目標です。

MAPウーマンキャリアはまだスタートしたばかりのサービスですし、会社の規模も決して大きくはないですが、その分血の通った密なお手伝いができると考えています。

 

 

働き方を選べる自分になるため「強いキャリア」を20代からつくる

これから転職やキャリア形成を考えている20代の女性に伝えたいのは

「ライフステージの変化をネガティブにとらえないで欲しい」

ということ。

面談でお話ししていると、結婚や出産の他、これまでの転職経験などが今後のキャリア形成において不利に働くと考えている女性が少なくないんです。

もちろん男性に比べて女性はプライベートの変化よって時間的制約ができたり、転職を余儀なくされるケースが多いかもしれません。でも、これまでの仕事で培ってきた知識やキャリアは絶対に消えることはない。いろんな経験をしたからこそわかること、できること、誰かに与えられることが、必ずあります。

情報過多の現代、女性ならばこうすべき、妻だから、母だからこうあらねば、という呪縛に苦しんでいる女性はたくさんいます。けれど先ほどもお話ししたように、女性の働き方に正解なんてない。人ぞれぞれ、その時々のストーリーを描けばいい。

だからこそ、今後の働き方を選べる自分になるためのキャリアプランを、20代の頃から作っていって欲しいなと思います。

 

 

どうせやるなら、夢中になりたい。仕事は自己実現のステージだから

私にとって仕事とは、自己表現、自己実現。プライベートの楽しさとはまた違う、自分自身をのびのびと表現できる場であり、成長できる舞台です。

大変なこともあるけれど、努力した先には成長した自分がいることがわかっているので、苦しくはありません。 どうせやるなら、夢中になれる仕事をしたいですよね。

20代で転職を経験し、30代の今も全力で仕事を楽しんでいる私は、MAPウーマンキャリア利用者の方にも、入社をゴールと考えないで欲しいと思っています。もっと先の未来、入社後の活躍を見据えた転職活動にしていただきたいし、新たなステージへ進むサポートをすることが、私たちコンサルタントの使命ですから。

菊池華恵(きくち・はなえ)
株式会社MAP執行役員統括マネージャー、MAPウーマンキャリア取締役。東北地方出身。歴史好きで、休日は城跡や遺跡巡りをするのが楽しみ。