200

【MAP WORX】いろんなキャリアを掛け合わせて、強いキャリアを作る。WORXは、次の時代の新しい働き方(後編)

WORX事業部

MAPの新事業「WORX(ワークス)」の責任者、高橋秀誓インタビュー後編。変化に強い人材を育てる試み「長期的転職支援」の詳細を聞きました。正社員としていろんな仕事が経験できるWORXの仕組み、実現できるキャリアプランとは?

【MAP WORX】やりたい仕事がない、自分に合う仕事がわからない。初めはそれでいいんじゃないでしょうか。(前編)

いろんな仕事に挑戦できる、WORXって、どんな働き方?

2019年から始動したプロジェクト「WORX(ワークス)」は、これまでの転職支援とは違う新しい試みです。

WORXは、まずMAPの正社員として入社していただき、3~5年という長期の研修期間を経て転職市場で戦力となる人材に育成したのち、改めて転職先を紹介するシステム。

【WORXホームページ】https://map-on.co.jp/worx

MAPの正社員という立場のままで、いろんな企業やプロジェクトに参加でき、複数のキャリアを身に着けながら、自分の可能性を探っていく。そんな働き方が可能です。正社員としての就業経験がない方や、就職活動に自信のない方、未経験からエンジニアの道に進みたい方などを、長期的にサポートします。

WORXで可能になる、強いキャリアの作り方

WORXの特徴は「キャリア形成・支援を前提とした正社員入社」という点。エンジニアからキャリアをスタートさせた人が、エンジニア以外の道を目指すことも可能です。

例えば、メーカーやIT系企業でエンジニアとして就業しながら専門知識を得る。その後、WEBやHR系の業界で就業し知見を広げるという選択肢もあります。また、技術者としてのスキルだけではなく、ビジネスに不可欠なコミュニケーション力を身に着ける機会も多く得られます。

複数のキャリアを掛け合わせ、長期的な目線で自身の「市場価値」を高めていく。これが、WORX独自の長期的転職支援の形です。

WORXというネーミングには「いろんな仕事(WORK)を掛け合わせる(X)」という意味が込められています。

事務スキルを身に着けてキャリアの幅を広げる。分析力を高めるためにマーケティング系の仕事にチャレンジするなど、将来的になりたい姿から逆算し、どんな経験やスキルが必要なのかを考え、就業先を決めていきます。部署や職種の垣根を超えて活躍できるパラレルキャリア人材が求められる現在、キャリアプランにも多様性が必要なのです。

また、WORXではMAPのアドバイザーと今後のキャリアについて話し合う「キャリア面談制度」を設けています。これは、各々の現在地や目指すキャリアを確認することで、就業先や方向性のミスマッチを防ぐための制度。転職活動のプロに都度相談できることも、WORXで働く大きなメリットだと考えています。

研修期間中に十分な年収が得られるようになったらWORXを「卒業」して転職してもいいし、自立してフリーランスになる、起業するという選択もできるでしょう。また、WORXに残って事業マネジメントに携わるという道もあるので、「長期的」といっても、非常に自由度の高い働き方です。

未経験からエンジニアデビュー、WORX研修生たちの現状

2019年から開始したWORX事業は、3月までに10人近くが研修生として入社。既に複数のメンバーがLinuxにおける資格を取得しております。また、6人が全くの未経験から既にエンジニアとしてプロジェクト先企業での就労を開始しました。今後も続々入社メンバーが決定しています。

既に就業しているWORXメンバーとは、私も頻繁に連絡を取りあっています。実際にエンジニアデビューしてからの心境を聞いたり、具体的な仕事の相談に乗ったり。

全員に共通して言えるのは、日々大変なことはあっても、将来を見据えて努力できているということ。思い描いた働き方に近づいている実感があるから、目の前の困難も乗り越えられる、頑張れる、という声が上がっており、みんな急激に成長していると感じています。

やりたい仕事ができる企業への転職、年収500万以上、フリーランスになる、起業する。目指す働き方や道はそれぞれ違いますが、WORX事業を通じて、自己実現に成功する人材をひとりでも多く輩出したいですね。

人材開発における、専門教育機関になる

「身の回りに本気で自分の将来を考えてくれる人、相談に乗ってくれる人がいなかった」、「自分と向き合う機会になった」

社内研修を終えたWORXのメンバーからはこのような声が聞かれました。

我々が提供できるのはあくまでもWORXという「場」。もちろん、研修メニューは用意していますが、それ以外に資格の勉強をもっとしなさいとか、ああしろこうしろといった指導は一切していません。でも、当初私たちが想定していた以上に、自発的に努力するメンバーばかりです。
先輩社員は常にオープンに「聞く姿勢」を取り、研修生の発言を否定せず、話を遮らない。WORXは就業経験のない方でも社会や企業でのコミュニケーションに慣れてもらうこと、どんな意見も受け入れられる環境であることを大事にしているので、研修生らも発言しやすく、のびのび活動できているのではと考えています。

こうして実際に働いてみなければ、やりたいことも、できることも、求められていることもわからないのに、現状の学校教育ではそこまで教えてはくれません。

ならばWORXが「人材開発における専門教育委機関」となって、学校と企業、分断されているふたつの世界をつなぐ役割を果たしたい。

事業としての質を上げるために、研修・教育スキームのブラッシュアップ、派遣先企業やプロジェクトの開拓など、やるべきことはたくさんあります。できるだけ多くの方が、早い段階で天職に近づけるよう、私たちもスピード感を意識しながら、この新しいチャレンジを展開していきたいと考えています。

働くことが楽しめない、自信がない。今の自分を変えたい人へ

やりたいこと、できることが何もなくてもいいんです。そんなの誰もわかっていない。今の自分には何もないことをまずは受け入れる。少しづつでいいから、できることを増やしてく。何がしたいのか真剣に考える。その連続でしか、人は進むべき道を見つけることができないのだと思います。

いい会社や仕事って、実は世の中にたくさんあるんです。でも、素敵な仕事が空から降ってくるはずはなくて、行動しなければ見つけられない。やりたいこと、好きな仕事が見つかったら、それができる自分になることも大事だし、仕事選びの方法も大切。

なんとなく探しているだけでは、これだという仕事とは巡り合えません。WORXのような専門機関を使ったり、信頼できる人に相談しながら、真剣に仕事を探してほしいと思います。

心から夢中になれる仕事と出会えると、毎日が楽しくなりますよ。

 

<プロフィール>
高橋秀誓(たかはし・ひでちか)
1988年生まれ。明治大学卒業後、中古車販売店にて整備・洗車・販売を経験。その後、パーソルキャリアで広告営業を経て、2015年MAP入社。2018年に取締役として日本若者転職支援センターを設立。既卒・フリーターをはじめ、最終学歴が中卒・高卒の方の就職・転職支援を行っている。プライベートでは3児の父親。@hidechika63