20代の転職は、5年後、10年後のなりたい姿に近づくための第一歩。30代以降のキャリアの方向性を決める大きな選択です。

「20代の戦略的キャリアデザイン講座」は、現役キャリアアドバイザーによる長期的なキャリアプラン指南。仕事内容や働き方など、理想のキャリアを叶えるためのモデルルートと、長期的なキャリアデザインの考え方を提案します。

case1. 25歳までにフリーターを卒業して一人暮らし、将来性のある仕事がしたい

飲食店アルバイト(21歳・男性)

戦略的キャリアデザイン Case.1

飲食店アルバイト(21歳・男性)

学歴:高卒
現職:飲食店アルバイト(フロアでの接客や調理補助を担当)
年収:250万円
課題:
・転職して正社員になりたい
・年収を上げて、一人暮らししたい
・安定した働き方ができるスキルを身に着けたい

脱・フリーターの(戦略的)キャリアデザイン

脱・フリーターのキャリア
(※クリックで拡大)脱・フリーターで年収UPを狙うなら、営業職でのキャリア構築が狙い目。一定の営業経験を積めば、その先のステップアップ転職の可能性が広がります。未経験者の採用実績があり、研修制度が整っている企業を選びましょう。

スピード重視なら営業職。コツコツ型ならエンジニア職も◎

実家暮らしを卒業したいとのこと。まずは年収目標を、一人暮らしが可能となる300万円に設定してキャリアプランを考えましょう。

年収アップのスピードを重視するなら、実力次第でインセンティブやボーナスが期待できる営業職がおすすめです。営業経験を通して身に着く対人折衝能力や目標達成意識は、汎用性の高いスキル。将来的にキャリアチェンジすることになっても、大いに活きる経験となります。

一方で、コツコツ実績を積み重ねるならエンジニアという選択肢も。情報収集能力が高い、継続的な学習が苦にならない、新しい技術をキャッチアップできる人は、エンジニアの適性あり。未経験者からチャレンジでき、長期的な年収アップが見込める仕事です。

未経験からITエンジニアデビューを目指すならWORX(ワークス)

学歴やこれまでの経歴に関係なく、成長したい人、変わりたい人が挑戦でき、未来へ目を向け進むことができる。そんな働き方を提案。実務に役立つスキルやビジネスマナー、国家資格を取得できる研修の提供など、未経験からのエンジニアデビューとキャリアアップをサポートします。

営業職で結果を出して、年収を上げる努力を

フリーターからの正社員就職、加えて未経験職種となると、転職での大幅な年収アップは見込めません。しかし入社した企業で活躍し、その実績を武器に再度転職して年収を上げる事は可能です。

営業職でキャリアを積むならば、常に「実績作り」を意識しましょう。年間売上や社内表彰受賞など定量化できる実績は、次回の転職活動で自身の能力をアピールする材料となります。数字に加えて傾聴力や提案力など、定性的なスキルも同時に磨きましょう。

条件のよい企業に転職すれば、自動的に年収が上がるのでは?と思われがちですが、そうではありません。現職で結果を出して現年収を上げることで、次回の転職を有利に進めることができるのです。

成長が期待できる業界を選ぶ

長期的なキャリアプランにおいては、今後の成長が見込める業界を選ぶことが大切。具体的にはIT、通信、医療、介護、建設・建築などが狙い目です。企業単体ではなく、業界自体の将来性も考慮して転職先を決めましょう。

21歳という若さは転職活動において大きな武器。若さと将来性を見込んで、未経験者でも積極的に採用している企業は少なくありません。

転職サイトなどで多くのオファーを受けることもあるかと思いますが、目先の年収や条件面、企業のネームバリューにとらわれることなく、中長期的な視点でこれからのキャリアを考えて下さい。

日本若者転職支援センター・伊藤 華苗

アドバイザープロフィール

日本若者転職支援センター・伊藤 華苗

新卒で入社した資格スクール大手企業にてマネージャー職を経験した後、現職。主に第二新卒やフリーター、高卒キャリア人材の転職支援を行うキャリアアドバイザー。

既卒・第二新卒、フリータの正社員転職なら

日本若者転職支援センターは、初めての正社員転職を応援します。学歴不問、未経験歓迎求人を多数ご紹介。転職相談や求人の紹介など、すべて無料で利用できます。