転職活動やキャリアについての悩みや疑問に、現役キャリアアドバイザーが答える「転職お悩み相談室」。今回は大手企業で派遣社員として働く32歳女性からのお悩み相談です。

大手企業の派遣社員・女性(32歳)のお悩み

ここ数年派遣社員として働いており、現在は大手総合商社で営業アシスタントの仕事をしています。

この度、契約満了のタイミングで派遣先から直接雇用の話がありました。しかし、正社員採用ではなく契約社員でのオファー。福利厚生は魅力ですが、待遇面はあまりよくなく、当面派遣時代より年収が下がりそうです。昇格試験にパスすれば将来的には正社員の道はあるけれど、現時点で確約はできないと言われて迷っています。慣れた環境での安定した働き方には惹かれるものの、大企業特有の古風な社風に違和感を感じてもいます。

「派遣より正社員になったほうがいい」とよく聞きますが、一時年収を下げてでも、今の会社で正社員の道を目指すべきか。それとも定時で帰れる派遣の仕事を改めて探した方がいいのか。もしくはこのタイミングで転職活動をして、正社員の仕事を探すべきか。まだ子供が小さいこともあり、迷っています。

ちなみに採用アシスタントの経験が少しあるので、転職するなら営業アシスタントではなく、人事労務系の正社員が理想です。

転職のプロからのキャリアアドバイス

1. 正社員=絶対安定ではない

相談者様は現在派遣社員とはいえ、時給や待遇面での条件は決して悪くないとのこと。ならば正社員という雇用形態にこだわらなくてもよいのでは。

このご時世、どんな会社でも正社員にさえなれれば一生安泰、というわけではありません。雇用形態で仕事を選ぶのではなく、仕事内容や働く環境で判断し、正社員に大きなメリットを感じられない場合は派遣社員や契約社員としてキャリアを作るのもひとつの選択だと思います。

2. バリューを発揮できる環境を大切に

安定感のある大手企業、しかも慣れた環境で引き続きキャリアアップできるのは魅力です。年収ダウンが許容範囲内に収まるならば、契約社員のオファーを受けてもよいのではないでしょうか。直接雇用の打診があったということは、今の職場で認められている、相談者様のバリューを発揮できているという証。求められ、活躍できる環境は貴重ですよ。

もちろん、転職して現状と同程度の福利厚生が望める大手企業に、正社員として入社できるのが理想的ですが、好条件の求人は当然競争率が高く、かなり厳しい転職活動になるでしょう。ご希望されているほぼ未経験職種へのキャリアチェンジも30代からは難しいので、現在の就業先で正社員になれる確率のほうが高いかもしれません。

3.  仕事に求めるものは何か、優先順位をつけて考えて

厳しいことを言うようですが、希望が100%叶う転職というものはほぼありません。現職で契約社員になるか、正社員目指して転職するか、はたまた高時給の派遣で働き続けるか。さまざまな選択肢を前に、ご自身が仕事に求めているものは何か、どうありたいのかを改めて整理することをおすすめします。

例えば、お子さんが小さい間は、時間に融通がきく派遣を選ぶ。求められる環境で実力を発揮することにやりがいを感じるならば、現職で働き続ける。将来を見据えて新たなキャリアを構築するため、アシスタントからのスタートになっても未経験職種にチャレンジする―など、希望に優先順位をつけて整理していきましょう。

ご自身で整理する作業が難しいと感じられたら、転職エージェントのアドバイザーに相談してみてください。

転職エージェントMAP 伊藤 華苗

今回のお悩み相談員

転職エージェントMAP 伊藤 華苗

新卒でパソコン・資格スクール運営企業に入社。拠点マネージャーを経験したのち、キャリアアドバイザーに転身。現在は主に未経験職種への転職を支援している。スパイスから仕込むカレー作りにハマり中。

女性の転職なら、MAPウーマンキャリア

ライフステージの変化に左右されない強いキャリアが欲しい。スキルアップして、もっと活躍したい。そんな女性の転職とキャリアアップをサポートする転職エージェント、MAPウーマンキャリア。アドバイザーは全員女性だから、安心して相談できます。