転職活動やキャリアについての悩みや疑問に、現役キャリアアドバイザーが答える「転職お悩み相談室」。今回は26歳・派遣社員女性からのお悩み相談です。

派遣社員女性(26歳)のお悩み

大学卒業後はプロになることを目標に音楽活動を続け、それと並行して飲食、コールセンター、結婚式場などのアルバイトをしていました。

しかし年齢的にもそろそろ夢を諦めるタイミングだと考え、現在はフルタイムの派遣でジュエリー販売の仕事をしています。

派遣期間満了後は直接雇用になる予定でしたが、正社員ではなく準社員での採用であること、派遣の時より手取りが下がってしまうことなどから、新たに転職活動をしています。

すでに数社の面接を受けましたが「なぜ今まで正社員の経験がないのか」と突っ込まれても上手く答えられないからか、なかなか内定がもらえず焦っています。また、自分の経歴でどんな仕事に可能性があるのかわからず「販売経験を活かして人に関わる仕事がしたい」以外に、これといったアピール材料も思いつきません。

もう26歳だというのに、社会人としてのまともなキャリアがない自分と、新卒入社して着実に経験を積んでいる友人たちを比べてしまい、辛いです。

キャリアアドバイザーの転職アドバイス

アルバイトや派遣もれっきとした「経験」

さまざまな業種で接客業に携わってきたことは、雇用形態問わずれっきとした「経験」です。

経験を活かして引き続き販売・サービス関連の仕事を正社員で探すのもよいですし、別のキャリアに進むなら営業職にチャレンジしてはいかがでしょうか?

特にジュエリー販売の経験はアピールできる経歴です。営業職の募集要件として「高単価商材取り扱い経験者」を挙げている企業も少なくありません。

また、今の年齢なら大きく方向転換してIT関連の仕事に進める可能性も。IT業界は技術と知識が重要な印象が強いですが、実は対人折衝能力が求められる仕事も多いのです。入社後の研修が充実していて、未経験からでもチャレンジできる企業もありますよ。

正社員就業経験がない理由を、ポジティブに伝える工夫を

25歳まで音楽活動を続けていたことは、転職活動において必ずしもマイナス要素ではありません。目標に向けて努力し続けられる、ひとつの物事に集中できるなど、ポジティブな側面もあるのではないでしょうか?

また、まだまだやり直しのきく25歳という年齢で夢に見切りをつけ、計画的に転職活動を始められた点も、好印象です。例えば面接では「25歳までに結果を出せなければやめると決めていた」など、有期のチャレンジであったと伝えれば、悪い印象にはなりません。現時点では何もない、スタートが遅いからこそ今後は努力したいという熱意も合わせて伝えられるといいですね。

大切なのは、ご自身のこれまでの経歴に自信を持つこと。夢に向かって努力してきた経験は恥ずかしくありません。面接でも堂々と説明しましょう。

目先の転職だけでなく、5年、10年先の未来を考えて

すでに3年以上の実務経験がある同級生と、まだスタート前地点にいる相談者様のキャリアに差があるのは当然のこと。でも、これからの3年努力すれば、周りと同じくらい、もしくはそれ以上のキャリアを身に着けることは可能です。

焦りから現在の転職活動で精一杯になってしまうお気持ちはよくわかりますが、3年経ってもまだ20代。26歳は、新たなキャリアを選択できる年齢です。

目線を遠くにおいて、5年後、10年後にどんな仕事をしていたいか。どんな人になっていたいかなど、少し先の目標を設定し、そこから逆算して今どんな選択をするべきかを考えてみましょう。

相談者様の新しい挑戦を、応援しています!

転職エージェントMAP 村上 美智子

今回のお悩み相談員

転職エージェントMAP 村上 美智子

ブライダル業界で接客からマネジメント、海外赴任に販促企画まで幅広く経験したのち、アドバイザーに転身。現在は保育園へ通う子供に「初めての体験」をさせることに夢中。

事務系正社員への転職なら「安定のお仕事」

「安定のお仕事」は、職探しが困難な若者のための「正社員雇用型スキルアップ/転職支援事業」です。正社員での転職を希望するフリーターや派遣社員の方を、MAPグループの正社員として雇用。オフィスワークに必要なPCスキルやビジネスマナー研修を実施したのち、社内外の複数プロジェクトで就業を開始します。