「気になるしごと」で活躍している人が登場するインタビューシリーズです。今回はITエンジニアからのキャリアチェンジに特化した転職エージェント『キャリアクチャー』の担当アドバイザー・貴志さんに「ITエンジニアからの異業種転職」についてお聞きします。

転職エージェントキャリアクチャ― 貴志 麗香さん

Profile

転職エージェントキャリアクチャ― 貴志 麗香さん

新卒で大手ITアウトソーシング会社にてバックオフィスを経験した後、国家資格キャリアコンサルタントを取得し、人材業界へ転職。2022年にITエンジニアからのキャリアチェンジ転職に特化したエージェント・キャリアクチャ―を立ち上げる。

客先常駐がキツイ、大変?エンジニアの働き方

私は人材業界でのキャリアをスタートしてから一貫してIT関連職、特にエンジニアの方の転職をお手伝いしてきました。

転職を決意する理由は人それぞれですが、20~30代のエンジニアの転職理由としてよく挙がるのは、

時間が不規則な生活への不満
客先常駐型の働き方でのモチベーション低下

といったもの。エンジニアの仕事自体は続けたいけれど、働く環境を変えたいというご相談もよくあります。

特に、担当するプロジェクトによって勤務先が頻繁に変わる客先常駐型は、仕事を継続するモチベーションや所属している会社への帰属意識が生まれにくい働き方。長く続けるイメージが湧きにくいのも頷けます。

私自身も新卒で入社したITアウトソーシング企業で8年間、BPO業務(※)に従事していた経験があります。数ヶ月〜数年単位のプロジェクトにアサインされる客先常駐で、営業事務サポート、データ集計、資料作成などを担当していました。

幸い環境に恵まれて、客先常駐型の働き方を辛いと思ったことはありません。でも、勤務先が変わるたびにお客様や一緒に働くメンバーとの関係を構築し直さなければならない大変さはよくわかります。

※BPO…ビジネス・プロセス・アウトソーシング。企業活動における業務プロセスの一部を一括して専門業者に業務委託すること。

エンジニア辞めたい!向いてない!

多くの方がITエンジニアとしてのキャリアアップ転職を模索される中で、エンジニア以外の仕事への転職について相談されることも少なくありません。

エンジニアとは別の仕事に転職したい理由は、エンジニアとして常に最新技術をキャッチアップしなければならないことへの疲れや、適正によるものなど。「将来性を期待して新卒でエンジニアになったが、実際に経験してみて文系の自分には向いていないとわかった」という方もいらっしゃいました。

ITエンジニアは引き続き採用ニーズの高い職種なので、経験者の方が転職で困ることはまずありません。IT特化、エンジニア専門の転職エージェントなら、当たり前のようにエンジニアへの転職を勧められ、膨大な数の求人を紹介されるでしょう。

だからこそ、エンジニア以外の仕事にキャリアチェンジしたいと考えていても、結局エンジニアとして働く選択肢しか浮かばず、転職を諦めてしまったり、転職しても何も変化を感じられなかったり…。というパターンに陥ってしまうのです。

エンジニア経験者は、エンジニアとして転職する。これが最も安定したキャリア構築の方法ではあります。けれど、エンジニア適正のなさを自覚している、職場環境ではなくエンジニアの仕事自体が辛い方は、早い段階で方向転換し、新たなキャリアを選ぶ必要があるのではないでしょうか。

「エンジニアからのキャリアチェンジ転職専用」サービスを立ち上げた理由

ビジネスシーンでDXがバズワードとなって久しいですが、業界によっては未だDX化を進められない企業が多数存在します。そんな状況の中、実務経験の浅い、いわゆるエントリーレベルのエンジニアであっても、基本的なIT知識を有している若手人材が活躍できる仕事は増加傾向にあるのです。

エンジニアが多様なキャリアを描けるチャンスが到来しているにもかかわらず、エンジニアやIT業界以外への転職をサポートしてくれるエージェントは存在しません。

ならば私自身が持つIT業界での転職支援経験と、幅広い職種の転職支援実績があるMAPの特性を活かして、エンジニア経験者がポテンシャルを発揮できる転職をサポートするサービスを開発したい。「エンジニア出身者」だからこそ実現できる、新たなキャリア構築を提案したい!

そう考えて立ち上げたのが、ITエンジニアからのキャリアチェンジ転職に特化したエージェント「キャリアクチャー」です。

キャリアクチャーで想定しているユーザーは、20代の若手エンジニア。IT関連の基本的な知識と技術を持っており、それらを活かした異業種転職を希望している方です。企業側からは年齢に見合った実務経験を求められることが多いため、キャリアチェンジを希望されるならば早いうちに行動することをおすすめします。

エンジニアからのキャリアチェンジでご紹介したい職種は多岐に渡ります。一例としてはWebマーケティング、データサイエンティスト、IT講師、セキュリティコンサルなど。また、人事や採用もIT知識が歓迎されるケースが増えているポジションです。

エンジニアからの転職が難しいといわれる理由

企業のDX推進が必須の現在、DX人材は業界問わず採用ニーズが高い傾向があります。しかし、採用する企業側が、自社の計画に対してどのような人材が適しているのかを正しく把握できておらず、そもそも求人情報が完成していなかったり、選考をすすめてもミスマッチが発生しやすかったりという課題も生まれているようです。

DX人材として期待されるエンジニア経験者の採用は、条件の一致やスキルセットだけで測れるものではなく、マインドや志向性、カルチャーフィットも重要な要素です。このような「言語化・数値化が難しい要素の分析によるマッチング」ができるのが、キャリアクチャーの最大の強み。せっかく好条件で転職に成功したのに、社風や仕事の進め方にギャップを感じて早期離職…とならないよう、求職者様の要望や長期的なキャリアプラン、採用企業側の募集背景や人間関係、オフィス環境など、双方の状況や要望を徹底的にヒアリングし、分析しています。

エンジニアからの転職先例

私が実際にご支援した「エンジニアからのキャリアチェンジ転職」例をご紹介します。

まずは、新卒で入社した企業で思いがけずシステム部に配属され、エンジニアとして2年間勤務した女性の例。黙々と作業するスタイルが性に合わず、男性社会特有の雰囲気も辛かったとのこと。本来希望していた事務職への憧れもあり、転職を決意されました。

この方はエンジニア経験者ゆえにPCを難なく使いこなせること、そして元来のコミュニケーション能力の高さが評価され、希望通り事務職での転職に成功しました。事務職のように売上を作らない非生産部門では、業務効率化が大きなミッションとなります。ロジカルかつスピード感のある仕事を求められるエンジニアの経験は、実は業務効率化と非常に相性がいいのです。彼女の転職は、エンジニアからのキャリアチェンジのポテンシャルを感じた成功例でした。

他には、開発エンジニアからWebディレクターへ転身した方も。Web業界の中途採用は実務経験者を求められることが多いですが、この企業は業界経験よりもマインド重視で採用したい考えをお持ちでした。とはいえ、PCに不慣れな人材ではさすがにスキル不足。人柄とマインドに対する評価にプラス、基本的なIT知識を有するエンジニア経験者である点が、採用の決め手となりました。

このように「エンジニア経験」は、本人が想像しているよりもずっと市場価値の高いスキルなのです。

エンジニアからのキャリアチェンジに必要なこと

私自身がBPOの現場から人材業界の営業職へと転身したこともあり、エンジニアからのキャリアチェンジには大きな可能性を感じています。

私はもともと人への興味が強く、大学では心理学を学んでいました。学生時代には一切触れなかったIT分野に、敢えて仕事として携われば、苦手意識を払拭できるのでは?そう考えて、BPO企業に入社しました。結果、一通りのPC操作はできるようになりましたが、長く働き続けるイメージができなかったため、全く異なる分野である人材業界へとキャリアチェンジしています。

私はエンジニアではありませんが、BPO業務を経験したおかげでITが得意分野になりました。また、今の仕事でエンジニアの方の転職支援をする上でも、当時の経験が役に立っています。

キャリアカウンセリングで20代の方からお話を伺っていると

「コスメやメイクに興味があるから、化粧品業界にチャレンジしたい」
「趣味のゲームに関連する仕事に就いてみたい」

など「好きを仕事に」的な考え方で転職活動に挑む方がいらっしゃいます。

もちろん、興味のある分野での転職を模索するのは間違いではありません。でも、興味のある業界に理想の働き方があるとは限りません。希望の業務を担当するまでは、長い下積みが必要な場合もあります。逆に、想像さえしていなかった業界で、自分のスキルを活かしながら自分らしく輝ける仕事に出会う可能性もあるので、視野を狭めずに考えてみてほしいです。

エンジニアからのキャリアチェンジ転職にあたって、まずはご自身が仕事に対して本当に望むものは何か?譲れない要素は何なのか?を明確にする必要があります。

一人で考えていても、答えにたどり着くのは難しい、それが自己分析です。異業種への転職を考えはじめたエンジニアの方はぜひ、キャリアクチャ―のアドバイザーに相談していただきたいですね。

年間1万人以上が活用中!転職を成功させる無料カウンセリング

「もっと自分の強みを活かせる仕事がしたい」
「未経験の職種に挑戦したい」
「ライフイベントを控えて、働き方を見直したい」

こんな仕事の悩みを「転職の地図無料キャリア相談」で解決しませんか?

【ご利用者の声】
・これからのキャリアの方向性が定まった
・‫転職すべきタイミングを見定められた
・考えが整理され、本当にやりたい仕事がわかった
・仕事と家庭を両立できる仕事が見つかった
・20代後半で未経験職種への転職に成功した

ご利用はすべて無料です。