日々の暮らしや仕事でIT用語に触れる機会が増えました。しかしその多くが難しい言葉だったり、ネットで調べてもいまいちよくわからなかったり、ということはありませんか?このシリーズではそういったお悩みや疑問にお答えすべく、できるだけシンプルに、身近な例などを用いながら、IT用語を解説していきます。

シリーズ第一回目の今回は、「API」についてご紹介します。

【IT用語】APIとは何?

APIとは、「Application Programming Interface (アプリケーション・プログラミング・インタフェース)」の略。

インターフェースは「接点」などを指す言葉で、異なる2つのものをつなぐという意味があります。

APIは「異なるソフトウェアやプログラムをつなぐもの」です。

もっとシンプルに表すと、「Aの機能をBでも使えるようにする」…つまり、APIがあることで異なるソフト間の機能をシームレスに使えるというイメージです。

APIは普段目に見えるものではありませんが、実は色々なところで使われています。

私たちの身近なところでは「ECサイトでのオンライン決済代行サービス」がAPIによるものです。

カード番号などはそのまま入力するとセキュリティ上危険なため、一般的には番号を暗号化するAPIが多く使われています。

もっとイメージしやすいのは「占いや診断の結果をSNSにシェアする仕組み」ではないでしょうか。

きっと多くの人が、サイトで見たそのままの画像や文言をSNSでシェアしたことがあるでしょう。

この仕組みも、APIによって実現できている機能の一つです。

2つの異なるソフトウェアは「APIキー」という情報を使っての連携が可能です。

APIキーが用いられる理由は、開発情報をそのまま渡してしまうのはセキュリティ上の問題があることと、何より仕様などを簡単に説明してあげる必要があるからです。

APIキーという情報があれば、難しい開発の手順などは必要なく、ルールに則った上で、簡単に両者をつなぐことが可能になります。

またAPIキーを受け取ることで、提供元の提示した条件を満たしたというエビデンスにもなります。

まずは

・APIというものを通して、Web上の2つの異なるものが連携できるようになる
・APIで連携するには「APIキー」が必要

以上の2つのポイントを覚えておきましょう。

【IT用語】APIのメリットは?

APIが登場したことにより、エンジニアの開発環境はもちろん、店舗の在庫管理、セキュリティ、そしてサービスの受け手となる私たちの生活に至るまで、色々なことが大きく変化しました。

例えば開発者の工数がぐんと削減できるようになりました。以前は「Aで使用していた機能をBで使う」ために、B側でAの機能を1から開発する必要がありましたが、APIの登場により開発が不要に。

さらには浮いたリソースで別の開発を行ったりと、間接的にソフト(およびサービス)の質の向上にも繋がっています。

APIの影響は、直接的なソフト等の質の向上だけではありません。

APIによりユーザーがシームレスにソフトの機能を使えるようになったため、ユーザーはより幅広くソフトを利用できる(サービスを受けられる)ようになりました。

また、GoogleやFacebookなどの大手企業が開発するソフトやプラットフォームとの連携が容易にでき、セキュリティ面の強化にも繋がっています。

APIによって、開発者には簡単な開発が、ユーザーには安全で質の高いサービスがもたらされることになりました。

【IT用語】APIにはこんな側面も

メリットがたくさんあるAPIですが、大手サービスやプラットフォームに依存しやすくなるというデメリットもあります。

大手のサービスが停止したり、企業の形態が変わってしまうなどで、APIでの連携が不可能となるリスクも0ではありません。

ユーザー側にとってもデメリットとなりますが、これは「Aで使われている機能をBでも使えるようにする」でいうところの「B」運営会社が特に大きなダメージを受けるケースです。

例えばECサイトで自社の在庫や顧客情報を大手ショッピングモールサイトとのAPI連携で一元管理している場合、モール側がなんらかの理由でサービスを終了すると、自社の管理が一切できなくなってしまう恐れもあるのです。

便利なAPIですが、提供元の都合により使用の継続可否が左右される可能性があることも、押さえておきましょう。

2021年の現代においては、国内外問わず日々さまざまなソフトウェアやサービスが開発されています。業界や職種を問わず、デジタル関連用語は今やビジネスパーソンの必須知識です。

基本的な用語の意味を理解して、ITトレンドへの関心を高めましょう。

働きながら国家資格を無料取得!未経験からデジタル人材へ

WORXデジタルウーマンは、DX時代に必要なデジタルスキルのリスキリング(=学びなおし)と、正社員就業が同時に叶う、女性のための新しいキャリアのカタチです。WORXオリジナルのキャリア構築システムで、未経験からのキャリアチェンジをサポートします。