ベストモチベーションチームアワード2018に選定されました。

SPI総合検査って何?対策はあるの?

皆さんは、SPIをご存知ですか?就職活動・転職活動をしていると、面接の他にもこのSPI受験が必須という場合があります。SPI総合検査とは、リクルートマネジメントソリューションズが提供する適性検査。受験することで、その人の性格と能力の2領域を測定することができます。ちなみにSPIはSynthetic Personality Inventory(総合適性検査)の略です。今回はこのSPIが、どのようなものなのかを見ていきましょう!

1.SPIはどんなことに使われる?

SPIは前述の通り、受験者の性格と能力を測定するために使われます。受験によって得られたデータを企業は、

  • 採用担当者が面接で受験者を理解するための情報
  • 受験者の入社後の配属決定のための情報
  • 上司などに受験者の人物像を把握してもらうための情報

などとして使われます。入社試験としてだけではなく、その後の適性や特性の把握などにも役立てられるのですね。試験形式は

  1. Webテスティング…自宅などのPCで受験
  2. テストセンター…リクルートキャリアが用意する会場のPCで受験
  3. ペーパーテスティング…志望企業が用意する会場でマークシートで受験
  4. インハウスCBT…志望企業が用意するPCで受験

があります。

2.SPIの構成

2-1.能力検査

能力検査は、働く上で必要な基礎能力を測る検査です。必ずしも得点が高いから良いという訳ではなく、企業ごとで独自に決めている水準に達しているかがポイントです。

「言語分野」と「非言語分野」の2種の問題から、理解力や効率的な回答を導き出す能力を測定します。

言語分野では、言葉の意味や話の要点を理解して正しく回答できるか、また非言語分野では、数的処理やロジカルシンキングができるかが問われます。(英語の問題が出題される場合もあります。)

2-2.性格検査

性格検査は、日頃どのような考え方をしているかなどその人の性格や人となりを測定する検査です。仕事や日常の過ごし方などの現象に対し2つの選択肢が提示され、自分に当てはまるものを選択していくという形式です。

【例題】多くの人と意見を出し合い、議論することが好きだ。

 

Aそう思う/Bそう思わない

 

このような問題約300問に、30分間で回答します。

3.SPI(能力検査)の対策

さて、能力検査の対策ですが、レベルでいうと言語分野も非言語分野も中学生程度のもの。それほど難しくはありません。場合によっては問題集や過去問を解くというのも有効です。なぜなら、

  • 本番の出題形式を予習できる
  • 問題を解くという感覚を得られる
  • もしかすると似た問題が出るかもしれない

受験勉強と違って問題集や過去問は、試験の感覚を掴むために使うのがよさそうです。似たような問題が出ればラッキーだな、くらいに考えましょう。また、言語分野:長文を読んで要点を掴む練習非言語分野:効率良く多くの問題を解くことに重きを置いて対策するのが良いでしょう。

4.SPI(性格検査)の対策

SPIの性格検査には対策はありません。強いていうなら正直に回答することです。例えば、志望企業の求める人材に近づこうと無理して回答し入社しても、その後社内の雰囲気や仕事についていけなくなってしまうというミスマッチが起こることもありますので、できる限り正直にありのまま回答しましょう。

SPIの性格検査では「嘘がないか」を測定する場合もあります。例えば、「生まれて一度も風邪を引いたことがない」などの質問は、おそらく誰もが「いいえ」に当てはまります。20代ともなれば、ほとんどの人が一度は風邪を引いたことがあるでしょう。しかし、自分を良く見せようとして、誰しもに起こり得ることを「自分には当てはまらない」とばかりにと答えてしまうと、採用担当者に疑念が生まれてしまうことにもなります。(本当に一度も風邪を引いたことがない人がいたら、素晴らしい健康管理能力なので、ぜひ継続しましょう。)

また、正直に回答しないと、回答に矛盾が生じることがあります。例えばあなたが社交的な人に見られたいという気持ちから、「多くの人とわいわい楽しく作業するのが好きだ」という問題に無理をして「はい」と答えたにも関わらず、別の問題で「1人でコツコツ作業するのが好きだ」にも本音で「はい」と回答すると、人物像がぼやけてしまいます。質問は、似たような内容を言葉を変えて「大人数で楽しむのが好きだ」「たくさんの人と関わることに意味を感じる」など)や、上記のように真逆の内容「大人数で楽しむのが好きだ」「1人でコツコツ作業するのが好きだ」)を出題されることもありますので、一貫性のある回答が求められます。とにかく取り繕わないで、ありのまま正直に答えれば問題ありません。

5.まとめ

SPI対策は何をすればいいのかという話題は、頻繁に耳にします。ですがSPIとはそもそもその人の本質をはかる検査なので、対策という対策はあまりないというのが正直なところです。強いていうなら、繰り返しになりますが

  • 言語分野は長文に慣れておく、言い回しや言葉を覚える
  • 非言語分野は多くの問題を効率よく解いていく
  • 性格検査は正直に回答する

というところです。あまり取り繕わず、ありのままのあなたの姿を見てもらうようにしましょう!