ベストモチベーションチームアワード2018に選定されました。

高卒の給料はどれくらい?業界別年収ランキング

最終学歴が高卒の人の給料はどのくらいなのでしょうか?

また、今後はどれくらい稼げるのでしょうか?

 

一般的には大卒の方が高卒より年収や生涯賃金が高いと言われていますが、高卒でも稼げる仕事はあります。

この記事では、厚生労働省の調査結果を元に高卒者の給料について解説します。

 

今より給料を上げたい人は、転職先の参考にもしてください。

それでは、さっそく見ていきましょう。

高卒の額面給料

お金

最終学歴が高卒の人の男女合わせた全世代の平均年収は423万円です。(額面)

平均月給296,900円、ボーナス673,700円です。

※厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」のデータから独自に計算しました。

参考:厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査

ちなみに、最終学歴が大卒・大学院卒の人の男女合わせた全世代の平均年収は607万円となっています。(額面)

大卒以上と高卒では、平均年収に約184万円の開きがあります。

※企業規模や都道府県もすべて合わせた平均年収です。

高卒の手取り給料

給料明細

上記は額面の給料ですが、当然額面から色々と引かれてしまい、残ったものが手取りの給料です。

額面の給料から引かれるものは、

  • 健康保険料
  • 厚生年金保険料
  • 雇用保険料
  • 所得税
  • 住民税

などです。

企業によっては組合費などが引かれることもあります。

 

高卒の平均年収423万円から引かれるものは、

  • 健康保険料:約215,000円
  • 厚生年金保険料:約385,000円
  • 雇用保険料:約17,000円
  • 所得税:約149,000円
  • 住民税:約246,000円
  • 引かれる合計額:約1,012,400円

となります。

※上記の計算は、独身で扶養家族がなく、基礎控除と給与所得控除のみ、東京都の企業に勤めている場合で計算。

 

額面423万円-引かれる金額約101万円=手取り322万円くらいとなります。

健康保険、厚生年金、雇用保険、所得税、住民税など引かれる金額は、額面給与のおおよそ20~25%です。

※一般的な年収の場合。

高卒男性の世代別の給料

男性の給料

では、最終学歴が高卒の男性の世代別の平均の給料を見てみましょう。

転職を考えている人は、現在の年齢と照らし合わせて見てください。

※企業規模や都道府県もすべて合わせた給料情報です。

  • 19歳まで:261万円
  • 20~24歳:335万円
  • 25~29歳:387万円
  • 30~34歳:425万円
  • 35~39歳:471万円
  • 40~44歳:521万円
  • 45~49歳:545万円
  • 50~54歳:579万円
  • 55~59歳:564万円
  • 60~64歳:383万円
  • 65~69歳:312万円
  • 70歳以上:292万円

となっています。※すべて額面年収です。

 

ちなみに、全世代を通した高卒男性の平均年収は476万円です。

高卒女性の世代別の給料

女性の給料

高卒の女性の世代別の給料を見てみましょう。

こちらも、転職を考えている女性は現在の年収と照らし合わせて見てください。

※企業規模や都道府県もすべて合わせた給料情報です。

  • 19歳まで:227万円
  • 20~24歳:275万円
  • 25~29歳:288万円
  • 30~34歳:297万円
  • 35~39歳:312万円
  • 40~44歳:327万円
  • 45~49歳:336万円
  • 50~54歳:344万円
  • 55~59歳:339万円
  • 60~64歳:279万円
  • 65~69歳:270万円
  • 70歳以上:287万円

となっています。※すべて額面年収です。

 

ちなみに、全世代を通した高卒女性の平均年収は313万円です。

 

高卒女性の給料は、男性と比べると大きく落ちるのが特徴です。

女性ほど、どういった企業に就職・転職するかで給料が大きく変わりますので、企業選びは慎重に行いましょう。

業種別の高卒の年収ランキング

業種

続いて、高卒の給料が高い順に業種別の年収ランキングを作ってみました。

どういった業種を選ぶと給料が高いのか?低いのか?を知っておきましょう。

就職・転職先を選ぶときの重要な情報となります。

 

年収ランキングを上位から紹介していきます。

参考:厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査

1位:IT企業

ソースコード

高卒の年収ランキング1位はIT企業です。

IT企業の高卒の平均年収は532万円です。

 

IT企業の男女合わせた高卒の世代別の給料をご紹介します。

※企業規模や都道府県もすべて合わせた給料情報です。

  • 19歳まで:242万円
  • 20~24歳:286万円
  • 25~29歳:339万円
  • 30~34歳:388万円
  • 35~39歳:469万円
  • 40~44歳:577万円
  • 45~49歳:626万円
  • 50~54歳:717万円
  • 55~59歳:645万円
  • 60~64歳:366万円
  • 65~69歳:362万円
  • 70歳以上:255万円

となっています。※すべて額面年収です。

 

IT業界は学歴よりも、実務経験を重視します。

高卒でも、IT技術や実務経験がある人は採用されます。

実務経験豊富な高卒の人の中には、大手IT企業に正社員で転職する人もいます。

 

実務経験が豊富になれば、年収1000万円を超える高卒の人もいます。

平均年収が高くなるわけですね。

 

ITの良いところは、未経験からでも始められることです。

理系出身でなくても未経験から始められるため、高卒の人には大きなチャンスです。

ただし、IT業界に未経験からチャレンジできるのは20代の人だけです。

 

詳しくは「今更聞けない、エンジニアってどんな仕事?」を読んでみてください。

2位:建設業

建設業

高卒の年収ランキング2位は建設業です。

建設業の高卒の平均年収は465万円です。

 

建設業の男女合わせた高卒の世代別の給料をご紹介します。

※企業規模や都道府県もすべて合わせた給料情報です。

  • 19歳まで:246万円
  • 20~24歳:334万円
  • 25~29歳:393万円
  • 30~34歳:426万円
  • 35~39歳:474万円
  • 40~44歳:523万円
  • 45~49歳:512万円
  • 50~54歳:530万円
  • 55~59歳:531万円
  • 60~64歳:449万円
  • 65~69歳:392万円
  • 70歳以上:324万円

となっています。※すべて額面年収です。

 

建設業は高卒でも給料が高くなっています。

建設業は学歴よりも実務経験と資格を重視する業界です。

 

建設業でもっとも稼げるのは施工管理という仕事です。

簡単にいうと現場監督の仕事です。

現場監督は現場作業員ではなく、全体を把握して現場管理をする仕事です。

 

施工管理技士という国家資格を取得すると年収は一気に上がります。

高卒でも施工管理技士の資格があって、実務経験があれば超大手の建設会社の正社員に転職することも可能です。

人によっては、年収1000万円を超える人もいます。

今は2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて建設人材の人件費が高騰していることもあり、給料は高めです。

 

ただし、建設業は今でも週休1日の会社も多く、激務で休みが少ない仕事です。

3位:製造業

製造業

高卒の年収ランキング第3位は製造業です。

製造業の高卒の平均年収は454万円です。

 

製造業の男女合わせた高卒の世代別の給料をご紹介します。

※企業規模や都道府県もすべて合わせた給料情報です。

  • 19歳まで:259万円
  • 20~24歳:335万円
  • 25~29歳:389万円
  • 30~34歳:426万円
  • 35~39歳:461万円
  • 40~44歳:499万円
  • 45~49歳:520万円
  • 50~54歳:548万円
  • 55~59歳:528万円
  • 60~64歳:351万円
  • 65~69歳:288万円
  • 70歳以上:291万円

となっています。※すべて額面年収です。

 

製造業も給料は高めです。

製造業は大手企業の募集も多くあります。

製造業は残業代の計算がきちんとしているため、サービス残業はない工場が多いです。

 

また、24時間体制で動いている工場であれば夜勤もあり、夜勤手当も支給されます。

残業代や夜勤手当などの手当でけっこう稼げる仕事です。

※ただし、時間外手当は基本給の25%を上回ってはいけないと法律で決められています。

4位:運送業

トラック

高卒の年収ランキング第4位は運送業です。

運送業の高卒の平均年収は441万円です。

 

運送業の男女合わせた高卒の世代別の給料をご紹介します。

※企業規模や都道府県もすべて合わせた給料情報です。

  • 19歳まで:253万円
  • 20~24歳:344万円
  • 25~29歳:386万円
  • 30~34歳:421万円
  • 35~39歳:453万円
  • 40~44歳:475万円
  • 45~49歳:476万円
  • 50~54歳:480万円
  • 55~59歳:495万円
  • 60~64歳:350万円
  • 65~69歳:296万円
  • 70歳以上:273万円

となっています。※すべて額面年収です。

 

運送業の業務内容は、

  • トラックドライバー(長距離運転手含む)
  • タクシー運転手

などです。

 

また、運送業には鉄道会社も含まれいて、鉄道会社の駅員や技術職の人、接客の人も含まれています。

5位:金融・保険業

金融マン

第5位は金融・保険業です。

金融・保険業の高卒の平均年収は446万円です。

 

金融・保険業の男女合わせた高卒の世代別の給料をご紹介します。

※企業規模や都道府県もすべて合わせた給料情報です。

  • 19歳まで:200万円
  • 20~24歳:258万円
  • 25~29歳:280万円
  • 30~34歳:321万円
  • 35~39歳:356万円
  • 40~44歳:423万円
  • 45~49歳:480万円
  • 50~54歳:529万円
  • 55~59歳:532万円
  • 60~64歳:430万円
  • 65~69歳:458万円
  • 70歳以上:476万円

となっています。※すべて額面年収です。

 

金融・保険業の特徴は、40代後半から年収が高くなることです。

若いうちは苦労する人が多いです。

 

銀行は高卒で正社員で転職するのは難しいですが、保険会社は高卒でも転職できます。

保険会社に転職すると、保険営業の仕事になります。

 

ちなみに、私も最終学歴は高卒で、保険営業の仕事を7年やりました。

私がいた某外資系の保険会社に勤務していました。

ほぼ完全出来高の給料だったため、保険がたくさん売れれば年収はいくらでも上がりますが、保険が売れなければ生活も厳しい仕事です。

6位:小売業

販売員

第6位は小売業です。

小売業の高卒の平均年収は400万円です。

 

小売業の男女合わせた高卒の世代別の給料をご紹介します。

※企業規模や都道府県もすべて合わせた給料情報です。

  • 19歳まで:235万円
  • 20~24歳:278万円
  • 25~29歳:318万円
  • 30~34歳:351万円
  • 35~39歳:395万円
  • 40~44歳:437万円
  • 45~49歳:452万円
  • 50~54歳:477万円
  • 55~59歳:460万円
  • 60~64歳:334万円
  • 65~69歳:295万円
  • 70歳以上:280万円

となっています。※すべて額面年収です。

 

小売業の給料は低めです。

小売業の業務内容は、

  • 百貨店の販売職
  • 自動車ディーラーの営業マン
  • 家電量販店の販売スタッフ
  • アパレルの店員さん
  • その他、店舗スタッフ

などです。

7位:医療・福祉

病院

7位は意外にも医療・福祉業界です。

医療・福祉の高卒の平均年収は335万円です。

 

医療・福祉の男女合わせた高卒の世代別の給料をご紹介します。

※企業規模や都道府県もすべて合わせた給料情報です。

  • 19歳まで:224万円
  • 20~24歳:286万円
  • 25~29歳:305万円
  • 30~34歳:322万円
  • 35~39歳:337万円
  • 40~44歳:348万円
  • 45~49歳:350万円
  • 50~54歳:360万円
  • 55~59歳:373万円
  • 60~64歳:309万円
  • 65~69歳:276万円
  • 70歳以上:325万円

となっています。※すべて額面年収です。

 

医療業界で給料が高いのは医師や看護師です。

高卒である以上、医学部や看護学校を卒業していないため、どうしても給料は低くなります。

特に、介護業界は人材不足でありながら給料は低いです。

8位:飲食店・宿泊業

飲食店

最下位は飲食店・宿泊業です。

飲食店・宿泊業の高卒の平均年収は329万円です。

 

飲食店・宿泊業の男女合わせた高卒の世代別の給料をご紹介します。

※企業規模や都道府県もすべて合わせた給料情報です。

  • 19歳まで:223万円
  • 20~24歳:264万円
  • 25~29歳:298万円
  • 30~34歳:330万円
  • 35~39歳:354万円
  • 40~44歳:384万円
  • 45~49歳:385万円
  • 50~54歳:365万円
  • 55~59歳:354万円
  • 60~64歳:274万円
  • 65~69歳:258万円
  • 70歳以上:235万円

となっています。※すべて額面年収です。

 

飲食店・宿泊業の年収は全世代を通して低いです。

平均年収が400万円を超えません。

 

若いうちは良いでしょうが、30代・40代と年齢を重ねていくと厳しいものがあります。

まとめ

応援する女性

最終学歴が高卒の人の給料は、業種によってけっこう変わります。

飲食店、宿泊業、介護職は募集は多いですが給料は低いというデメリットがあります。

 

現代における「安定」とは、有名企業に勤めることや大卒であることではありません。

日本はどんどん実力主義になっており、実務経験や技術がある人が重宝されます。

実務経験や技術がある人は、多くの企業から欲しがられるため、転職には困りません。

 

20代の若いうちに、技術を身につけて将来くいっぱぐれのない仕事の実務経験を積んでおけば、長く安定して稼ぐことができます。

最終学歴が高卒で20代の人は、20代にどういう仕事をして、どういう実務経験を積むかがとても重要です。

20代の過ごし方が一生を決めると言っても過言ではありません。

高卒向け転職エージェント、TOP GEARへの登録はこちら