ベストモチベーションチームアワード2018に選定されました。

高卒の給料で一人暮らしは余裕?どのくらいの費用が必要?

いつまでも実家暮らしではなく、一人暮らしをしたい…というみなさん。

一人暮らしにどのくらいの金額がかかるか、計算したことはありますか?

「高卒の給料でも余裕!」「一人暮らしは楽しい!」色々な声がありますが、実際に一人暮らしは、どのようなものなのでしょうか?

一人暮らしにかかる費用や必要な心構えについて、紹介していきます。

1.一人暮らしは高卒の給料なら余裕…って本当?

まずは、一人暮らしに必要な毎月の費用を考えてみましょう。

  • 住まいに必須の家賃
  • ガス・電気などの光熱費
  • 生活に欠かせない水道代
  • 意外とかかる食費
  • Wi-fi・携帯料金の通信費
  • 飲み会などの交際費
  • 病院・歯科・眼科など…医療費

そのほかにも雑費(衣類・美容・消耗品・その他)などがプラスαされますが、今回は上記の最低限必要な項目に限定して、月々のランニングコストを考えてみましょう。

物価や家賃に地域差はありますが、東京のワンルームと仮定し数字を設定してみます。

  • 家賃:60,000円
  • 光熱費:10,000円
  • 水道代:3,000円
  • 食費:30,000円
  • 通信費:10,000円
  • 交際費:20,000円
  • 医療費:10,000円

これで、合計143,000円/月となります。

もちろん、これは最低限必要な金額なので、これだけでは生活できません。日々の生活用品を揃えるお金や、服や化粧品などを買うためのお金も必要になります。そのための雑費がこの数字に加わるので、最低でも160,000円/月くらいは見積もっておいた方が良いでしょう。生命保険など各種保険に加入すると、月々にさらにその金額が加算されます。

一方で、高卒の初任給の平均は約162,100円/月。(男女の平均数値)ギリギリ払える!…と思うかもしれません。

参考

平成29年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1学歴別にみた初任給厚生労働省

ただしこれはいわゆる総支給額なので、手取りは130,000〜140,000円/月ほど。

高卒社会人1年目のお給料で考えると、一人暮らしをすると赤字になる可能性が高いのです。

2.ランニングコストだけではない!一人暮らしの引越し費用

見ていただいた通り、一人暮らしには意外とお金がかかります。

月々で考えると、なんとかなりそう…。そう考えている人がうっかり見落としがちなのが、引越し費用です。

実家から引っ越すには荷物の搬出が必要。もちろん、家具家電など新しく買い足さなければならないものもあります。

必要な家具の例…

  • ソファ
  • ベッド
  • テーブル
  • 本棚
  • テレビ台

必要な家電の例…

  • テレビ
  • 掃除機
  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • 冷蔵庫
  • 炊飯器

ざっと見ても、これだけあります。ベッドやソファは実家の自室から持ち出せるとしても、さすがに冷蔵庫や洗濯機を持ち出すわけにはいきませんので、新調する必要が出てきます。

「家具・家電の用意には少なく見積もっても数十万円はかかりそう…!」と、ここでもまた費用の問題が。

ですが、最近は家電量販店やインテリアショップで、一人暮らし用の家具や家電のセット販売などがされています。こういった企画商品を賢く使うことで、イニシャルコスト(初期費用)を抑えることは十分に可能です。

参考

新生活の必需品2019ニトリネット

あらかじめセットになった家電(家具)を買うことで、『買い漏らし』を防げるのも嬉しいですね。

しかし、いずれにしてもそもそも引越しをするためのお金が必要という新たな課題が出てきてしまいました…。

もちろん、必要なものを買い揃えるだけでなく、引越し業者の手配(=配送料)なども必要です。距離や荷物の量によりますが、数万円〜数十万円と、こちらも幅が広いです。

つまり、一人暮らしのイニシャルコストだけで見ても、数十万円のお金が必要ということになります。

3.敷金や礼金、忘れていない?

加えて、賃貸住宅に入居する時には、敷金や礼金が必要な場合があります。どちらも入居する時に支払う、家賃1ヶ月分程度のお金ですが、両者には違いがあります。

敷金:退去時に部屋を現状回復(元の状態に戻す)するため、あらかじめ預かるお金。退去時に修復費用が差し引かれて返金される。

礼金:部屋を提供してくれた大家さんに対して支払う「お礼金」。退去時に返金されない。

このように、敷金+礼金、さらにそこに加えて家賃1ヶ月分を前払いすることが一般的。合計すると、入居にあたり家賃3ヶ月分のお金が必要なことになります。また、ここに火災保険の加入が加わります。火災保険は概ね2年更新の契約で20,000円。先ほどの例にならうと、家賃を60,000円と仮定+火災保険20,000円⇨入居するだけで200,000円が必要となります。

(敷金:60,000円+礼金:60,000円+初月の家賃:60,000円+火災保険:20,000円)

一人暮らしを始めるには、これらと家具・家電・運送代金を合わせて少なくとも500,000円くらいお金を用意しておいた方がゆとりがあるでしょう。

4.節約生活で一人暮らしを成功させる!

色々と厳しい現実を見てきましたが、では高卒には一人暮らしが厳しいのかというと、決してそうではありません。

まず第一に、序盤で見たのはあくまで高卒の『初任給』。2年目、3年目とキャリアを重ねてお給料がUPすれば、決して難しいことではありません。

次に、削れる部分を削る。つまり、節約です。入ってくるお金に限界があるなら、出て行くお金を最小限にすれば良いのです。例えば、敷金礼金ゼロの物件を探す、引越し業者の相見積もりを取って少しでも安いところにする、家具や家電も少しリーズナブルなものを選ぶ、欲しいものを少しだけ我慢してみる…などです。家計簿をつけてみるのも、お金の動きが可視化されるので有効ですよ。

気をつけたいのは、削るべき部分とそうでない部分をはっきり見極めること。特に若年層の方は多少無理しても体調を崩すことはそうそうありませんが、人間はやはり健康あってこそなので、食費や医療費などを削るのは望ましくありません。栄養の偏りがないようきちんと食事をとり、体調がすぐれない時は無理せず病院へ行く。このような考えはぜひ崩さずに、水道や光熱費、雑費の中から節約できるものを見つけてみましょう。

5.まとめ

一人暮らしは高卒でも余裕かどうか?

答えは、「少しの気配りで余裕ができる」です。

それはどんなビジネスパーソンにも共通していること。どんなにお給料が良い人でも、無駄が多過ぎれば、余裕がある生活とはかけ離れていってしまいます。

お金の大切さを理解することで、きっと日々の節約が習慣になっていくでしょう。

一人暮らしを始めるには、イニシャルコスト+ランニングコストがかかる!

まずは、これを覚えておきましょう!

また、根本的な年収UPを狙いたい…さらに余裕がある環境で生活したい…と転職を考えている人は、ぜひTOP GEARにご相談ください!高卒のみなさんをしっかりサポートさせていただく、専門の転職エージェントです。