ベストモチベーションチームアワード2018に選定されました。

転職を家族に反対される…どう説明する?【夫婦間・親子間】

転職の話題を出したら、パートナーや親に反対された…。

このように、家族と自分の考えに不一致が起こるというのは、誰にでもあり得ること。今回は、「家族の反対」とどう向き合って行くかをご紹介していきます。

1.家族はあなたのことが心配!

まず第一に、家族は頭ごなしにあなたの考えを否定しているわけではないということを心得ておきましょう。あなたが「転職のことを話そう」と思い切って打ち明けた相手であるなら、何かきっと理由があるはずです。では、その理由に多いものとはどんな内容なのでしょうか?

●妻(夫)が転職に反対する理由の例

  • 結婚(出産)したばかりで、パートナーの環境が大きく変わるのが不安。
  • パートナーが、家庭との両立ができるのか不安。
  • パートナーの年収が下がってしまうのではないかという不安。

妻(夫)があなたの転職に不安を持つ場合、環境の大きな変化や年収ダウンなど、生活に直結する理由が多くあります。「本当に転職で年収UPできるのかな?」「子育てに協力してもらえるのかな?」「環境が変わったことで、パートナーのストレスにならないだろうか?(自分がそれを支えていけるだろうか?)」などです。今の環境に不満なく、キャリアアップのための転職となれば尚更でしょう。

「今、あなたはとってもうまくいっているのに、転職する必要があるの?」

なんて言われてしまった経験は、ありませんか?

続いては、親があなたの転職に反対する場合です。

●親が転職に反対する理由の例

  • せっかく大手に入社したのに、やめてしまうのは勿体無い。
  • 転職は、うまくいかない人がすることだからやめたほうがいい。
  • 環境が変わって、うまくやっていけるのか心配。

今でこそ転職市場は盛んですが、少し前までの日本は、終身雇用制度が常識で「転職は、仕事がうまくいかなくなった人がするもの」というネガティブなイメージがありました。そのため、「やめたほうがいい」と感じる親世代も少なくないようです。また、あなたが大手企業で働いている場合、退職を「勿体無い」と考え、引き止めるケースがあります。ご両親にとってはあなたが独立していても、「まだ若くて、考えが甘い」という認識がどこかにあるのかもしれません。

理由を一つ一つ見てみると、あなたの家族は、闇雲に転職に反対しているというわけではないことが分かるのではないでしょうか?

あなたのことが心配。そして、あなたに何かあった時に支えてあげられるか心配。

大体は、そんな複雑な思いで、反対しているものです。

2.反対にあったら、まずは理由を聞いてみよう

もし、転職を家族に反対されたら…。そんな時は、落ち着いて話し合ってみましょう。誰でも反対にあえば悲しくなったり、あるいはカッとなったりするものですが、一旦相手の意見を受け止めます。

「心配してくれてありがとう。

よかったら、なぜそう思うか(反対意見を)聞かせてもらえる?」

「なんで反対するの!?」と感情的に言い返したりせず、まずは相手の意見を聞いてみます。そうすれば、相手もどういう思いで反対したかを聞かせてくれるでしょう。この時大切なのが、あなたが転職に対して自分の軸を持っていること。自分が転職を考えた理由。どうしても、成し遂げないといけないという理由。家族に説明するというこのステップは、ある意味最初の面接とも言えるかもしれません。

3.説明はロジカルに、だけど相手の感情も受け止めて

説明は簡潔に、わかりやすく伝えましょう。長々と結論にいつまでもたどり着かない話は、「結局何が言いたいの?」「うまく説明できないことに挑戦するの?」と、相手に疑問を持たせるだけです。

例えば、キャリアアップを狙った転職であれば…

「今の環境もとても良いけれど、身につけたことを活かして、もっと大きな仕事に挑戦してみたいと思っている。社会勉強も今の会社である程度積んだし、20代という転職しやすい今のうちに、実行に移したい」

のような言い方ができますね。ここで分かってもらえれば良いですが、もちろんそうはいかない場合もあります。そんな時も言い返そうとするのはやめましょう。結局、冷静な話し合いができなくなってしまいます。

…反論された時の説明…

大手の方が幸せだよ⇨中小・ベンチャーにもやりがいや充実した福利厚生は多くある

 

給料DOWNは嫌⇨長い目で見ればスキルがもっと評価されるはず。一時的に落ち込んでも結果、給料UPできるかも

 

うまくいくか分からないでしょ?⇨実行しないで後悔するより、やってみて失敗だった方が良いと思っている

など、色々な角度から反論されることが考えられます。そもそも転職に抵抗がある相手の場合は、データを用いるのも良いかもしれませんね。以下は、20代の男女を対象に調査した、転職経験の有無に関するアンケート結果です。

参考

年代別に聞いた転職のホンネ20代編マイナビニュース

こういったデータがある話も交えて、転職市場がいかに活発かを知ってもらうのも良いでしょう。(「他人は他人でしょ!」と言われてしまわないよう、あくまで傾向を知ってもらう程度に留めておきましょう。)

真剣に向き合ってくれる家族に感謝し、自分の考えを正直に述べましょう。

4.まとめ

反対されてしまった場合、すぐに賛同を得るのは難しいと言えます。その場合は、繰り返し話し合いましょう。その中で相手の考えが変わるかもしれないですし、もしかしたらあなたが考え直すことになるかもしれません。ベストなのは、家族の理解をきちんと得られて応援してもらえること。くれぐれも、大事なことは事後報告にならないように注意しましょう!

また、転職がうまくいくのか心配している家族に、転職エージェントの話をしてみるのも良いでしょう。TOP GEARでは、高卒のみなさんの転職を応援しています!書類作成や面接対策など、色々なサポートを行なっていますので、ご家族の方に説明することで、安心に繋がるかもしれません。

ぜひ、家族への感謝の気持ちを忘れずに、上手に話し合いを進めて行きましょう!