ベストモチベーションチームアワード2018に選定されました。

高卒・一人暮らしはお金がかかる?

そろそろ一人暮らしをしようかな…という方や、就職・転職をきっかけに一人暮らしをする方。「一人暮らし」のきっかけは人それぞれですが、一体、月にどのくらいのお給料があれば一人暮らしできるの?というシンプルな疑問を、今日は紐解いていきたいと思います!

1.引越し費用も意外とかかる

まずは、イニシャルコスト。引越し業者に依頼するだけで数万円かかりますが、これに加えて家具や家電一式が必要になります。業者への依頼料金は、距離や荷物の多さによって変わってきます。比較・見積もりサイトもあるので、引越しが現実的な場合は参考に見てみるのも良いでしょう。

・引越し費用

 

・家具(ソファ、ベッド、棚、テーブル…)

 

・家電

(冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、照明器具…)

 

・住居の敷金・礼金

(最初に数ヶ月分の家賃を納めることが一般的)

 

・火災保険等の加入

初期費用を意外と忘れがちですが、しっかり蓄えはありますか?まずは50万円くらい資本がないと、引越しは難しいかもしれません。

2.想像してみよう、月々の経費

初期費用はクリアできたとして、次に考えなくてはいけないのが月々のランニングコスト。

・家賃

 

・光熱費(電気代・ガス代・水道代)

 

・食費

 

・その他 交際費、衣服代、医療費、消耗品費…

地域によって金額は幅があるので、どれがいくらということは一概には言えませんが最低でもこれらの部分はかかるという認識が必要。今までレシートはすぐ捨ててしまってお金の流れがつかめていなかった…という方は、今からでも家計簿をつける癖をつけてみましょう。家計簿アプリも、フリーでわかりやすいものがたくさんありますよ!

ちなみに…昔は「手取りの1/3が家賃の目安」と言われていたようですが、今は「1/4が目安」という説もあるようです。物件を決めるときの参考にしてみると良いかもしれません。

3.貯金はできる?

工夫次第で貯金はできます。先ほども記載したように、お金の流れを追えるようにしておけば、いつどのような出費があったか、その中の何が無駄なのかなどを把握することができます。月に1万円でも貯金できれば、1年で12万円です。コツコツ積み重ねていくということが重要!少額でも貯金があれば、突然の出来事にもなんとか対応できます。家計簿と同じく、貯金の癖もつけておきましょう。

4.斬新!新しい暮らし方

お金がかかりそうで一人暮らしはちょっと無理だな…と諦めている方。ルームシェアやシェアハウスなど、新しい暮らし方で自立した生活を送っている人も多くいます。

 

・ルームシェア…一つの物件を、親族などではない人物同士が借りて生活を送るスタイル

 

・シェアハウス…自分の部屋以外に共用スペースがあり、入居者との交流もできるタイプの住居

 

・地域の寮など…稀にですが、地域の学生向け寮なども社会人の受け入れをしてくれる場合もあるようです。

家事や家賃の分担が必要な生活スタイルには、一緒に生活する人ときちんと話し合うことが必要です。不平等や不満のないように、約束事は決めておきましょう!

5.まとめ

イメージですが、一人暮らしにかかるお金はこんな感じ。家賃を仮に60000円と設定してみました。

非常にざっくりした計算ですが、目安と思われる金額を合計すると133,000円でした。貯金するにはこれにプラスαの金額は必要です。

…なんとなく、イメージがつきましたでしょうか?お金の話ばかりになってしまいましたが、一人暮らしの醍醐味はやはり自分の自由が増えること。空間も時間も、自分が好きなように使うことができるというのはとても素敵ですよね。上記はあくまで参考に、という部分。かねてよりの希望だった方も、止むを得ずの方も、長い人生の中での一人暮らしの機会はとても貴重。せっかくだから自由を楽しもうとポジティブに考えて、一人暮らしライフを満喫してくださいね!