ベストモチベーションチームアワード2018に選定されました。

20代のうちに、30代の自分のキャリアをどう描くか

20代、しかも前半であれば、30代なんて遠い未来に思えるでしょう。ですが、意外と時間が経つのは早いものです。時間は、全ての人々に平等に与えられています。もちろん、寿命は人それぞれですが、1年、1時間、1分、1秒の長さは誰にでも平等です。誰にでも同じ、30歳までの時間。その過ごし方によって、30代からの人生が大きく変わってきます。

1.30代なんてまだ先の話…?

30代、というと、まだまだ先の話のように思えませんか?しかし、思いの外時間は早く過ぎ去っていきます。30代までをぼんやり過ごしても、目標を持って過ごしても、時間という単位で考えると同じですが、その密度は雲泥の差です。20代をどう過ごすかで全てが決まるわけではありませんが、やはり30代に影響してくるものはあります。

  1. 20代のうちに「どう働くか」
  2. 30代になったら「どうなりたいか」
  3. 20代の今、「何ができるか」

順番に見ていきましょう。

2.20代のうちに「どう働くか」〜今の環境に目を向けよう〜

20代。高卒キャリアの人たちであれば社会人経験を数年積み、ビジネスマナーや仕事の進め方も身についてくる頃です。若さがあるので飲み込みも早く、体力もあるこの時期。しかし、考えが二極化する時期でもあります。

「とりあえず、今の仕事をしていれば大丈夫。食べていくことはできる」

「今の仕事では満足できない。もっと良い条件や環境で働きたい。」

「卒業後すぐに就職した会社に大満足」というよりは「とりあえず」で仕事を続けてしまう人は、確かに高卒キャリアの人たちには多くいます。それはなぜか。転職は大卒のもの、また、転職がキャリアダウンに繋がると考えているケースが多いためです。もちろん、今の環境に満足しているのであれば、ぜひその仕事を続けるべきです。

しかし、少しでも疑念がある場合…その疑念は、1年後、2年後、5年後…そして30代になった時に後悔となってしまいます。それが、「今までもこれからも、やりたいことをやれない」なのか「もっと高い給料で働きたかったが叶わない」なのかは人それぞれです。しかし、疑念がある場合はそれについて一度しっかり考えてみる必要があります。今の仕事は、本当に自分に必要なのか。与えられた環境でただ働くことが大切なのではありません。自分の頭で考え、この仕事がこれからの時代に必要で伸び代があって、自分にとってもスキルが身につくキャリア形成に大きな役に立つものなのか。ぜひ、20代のうちに一度考えてみましょう。

また、仕事は、せっかくなら楽しくやりがいがある方が良いです。毎日ただなんとなく仕事をするのか、やりたいことをやって能動的に仕事を進めるのかでは成長度合いも違います。そういった点からも、一度今の環境を見直してみましょう。

転職に関する相談はもちろん弊社でもお受けいたします。まずは、ご登録ください!

3.30代になったら「どうなりたいか」〜未来の自分に目を向けよう〜

漠然とした想像でも構いません。どんな30代を過ごしたいか思い描いてみましょう。その時にならないと分からないという声ももっともですが、例えば、年に何回かは海外旅行に行きたい、家族と過ごす時間を大切にしたい、仕事をバリバリこなしたい…など、自分の「軸」になる部分を考えてみましょう。大切なのはそこから逆算していくこと。「自分が思う理想の30代とは何か?」⇨「●●ができる環境、▽▽ができる自分」⇨「じゃあ、今からできる■■をしよう」という逆算ができれば、30代までの時間も計画的に過ごせます。自分の思い描く未来と、そこに向かってこれからすべきことを炙り出す練習をしておくと良いです。あなたが30代、40代…と年齢を重ねていった時にもまた、これは都度考えることです。今のうちから未来を思い描き、そこに向かって何をするかを考え出す力を養っておきましょう。

4.20代の今、「何ができるか」〜今やるべきことを実行しよう〜

前項で述べたように「今の環境」と「将来どうなりたいか」が把握できたら、すぐにできることをとことんやりましょう。今の環境でがむしゃらに働くのか、または転職するのか。

「将来の理想の自分」ー「今の環境」=「やるべきこと」

この公式を念頭に置いて、自分にとって後悔のないように20代を過ごしましょう。

5.女性のライフプランとキャリア

ところで、女性は結婚や出産などで大きく生活が変わる可能性があります。20代後半〜30代は特にそういったライフイベントが発生する時期です。予測が難しい部分もありますが、もし将来を考える相手がいるのであれば、様々なライフイベントも視野に入れて将来設計をしてみましょう。例えば子どもが欲しいと考えているなら、子育てしながら働ける企業にどういったところがあるのかを今から探すのも良いですし、将来的にそういった職場に転職するには今どんなスキルを身につけておくべきかなどを考えてみるのも良いですね。

また、注意したいのが男女ともに『パートナーをあてにしすぎる』こと。「専業主婦(夫)になるから、自分は働かなくていい。」と腰掛けで自分のキャリアを考えるのは少し危険です。どうせこの仕事はすぐやめるから、どうせ結婚して退職するから。そう考えて中途半端に仕事をすることは、パートナーにどこか依存した考え方です。仮に、パートナーにもしものことがあったら、あなたは働いて彼(彼女)を支えていくことができますか?お互い話し合って、どちらかが働かないという選択はもちろんOKです。しかし「自分は一生この人に食べさせてもらう」という考えではなく、働かないという選択肢を取ったとしても、常にキャリアの意識やスキルを磨く努力、必要があればいつでもまた社会に出るという気持ちを持っている状態がベストなのではないでしょうか。あなたもパートナーも自立した上で、お互い時間を共にしたいと思えれば、それはとても素晴らしいことですね。

6.まとめ

20代という体力も若さもある年代。ですがそれは10年間という短い期間です。30代を極端に恐れることはありませんが、計画的に自分のことを考え、一つ一つやり遂げて道を作るという行動や考え方は、若いうちにしておくに越したことはありません。人生は、計画と実行の連続です。なんとなく今日まで過ごしてしまったという人も、これだけは頭の片隅に入れておいて、今後のご自身の人生を充実させるためにどうか、役立ててください。誰のせいでもない、また、誰のためでもないあなたの人生を生きるためにぜひ、覚えていて欲しいと思います。

  • 人生は、計画と実行の連続。若いうちに考える癖をつけよう
  • 今の環境・将来の自分を考え、必要なことをしよう
  • 誰かをあてにせず、自立したキャリアを描こう