ベストモチベーションチームアワード2018に選定されました。

面接で聞かれる”あなたの「夢」”答えられますか?

面接官:「あなたの夢を教えてください」

ぱっとこたえられる人は少ないのではないのでしょうか。
この「夢」について考えてみましょう。

この質問…一番詰まってしまうんですよね。。

ケイスケ

 

子供の時に聞かれていた「夢は何になりたい?」の回答はバリバリ働くサラリーマン、パイロット、通訳、パティシエ、スポーツ選手…私たちの身近にあるたくさんの職業を思い描いていたと思います。

私たちは上記のように、将来の夢=就きたい職業と考えがちですが、本当に、夢=職業なのでしょうか?

面接では「将来の夢」を聞かれることも多々あります。そんな時に「この職業に就くのが夢です」と答えるのはちょっと違う気がしませんか?入社後の成長意欲がないのでは…という印象を与えかねません。

また、「将来の夢が見つからない」と悲観している人にとっても、「夢=職業」の考え方をやめることで、少し楽に生きることができるかもしれません。

少しだけ、「夢」の定義を見直してみましょう。

夢=就きたい職業の考え方をやめてみる

これは多くの人が錯覚しているのですが、夢=職業という法則は、昔から私たちに「将来の夢」というキーワードで刷り込まれてきました。
「将来の夢は?」「将来は何になりたいの?」この質問はほぼイコールで幾度となく誰もが問いかけられているはずです。(もちろん私もたくさんの人に聞かれてきました)ただ、これだと、就きたい職業についた時点でゴールになってしまいます。
それって、本当に「夢」でしょうか。本当は、”その仕事に就いたらやりたいこと”で溢れているはずでは?

ちょっとだけ、考えてみてください。

そもそもの夢の定義とは?

  1. 睡眠時に生じる、ある程度の一貫性をもった幻覚体験。多くの場合、視覚像で現れ、聴覚・触覚を伴うこともある。
  2. 非現実的な内容である場合が多いが、夢を見ている当人には切迫した現実性を帯びている。「 -を見る」 「 -からさめる」
  3. 将来実現させたいと心の中に思い描いている願い。 「少年らしい-を抱いている」 「 -は果てしなく広がる」
  4. 現実を離れた甘美な状態。 「新婚の-の日々を送る」 「太平の-をむさぼる」
  5. 現実とかけはなれた考え。実現の可能性のない空想。 「宇宙旅行は-ではなくなった」 「 -のような話」心の迷い。迷夢。 「見果てぬ-を追う」
  6. はかない物事。不確かな事。 「 -と消え去る」 「 -の世」

出典 三省堂大辞林 第三版

と、色々な意味がありますが、一般的に言う「将来の夢」は3.ですね。

ところがどうでしょう、どこにも「就きたい職業」という記載はありません。つまり、夢はもっと自由で、いくつあってもいいはずです。

職業は夢を叶えるための「手段」

夢は「将来実現させたいと心の中に思い描いている願い」という定義ということがわかったところでもう一度振り返ってみましょう。

もちろん、希望の職業に就くことを夢としても良いのですが、それはあくまで通過点。
本当にやりたいことは、その先にあるのでは?入社はスタートライン。そこからさらに目標を広げていくことが、面接において聞かれる「夢」です。
間違っても面接で「御社に入社することが夢です!」の一言で終わってはいけません。

consultant

君はその会社に入社してどうしたい?

面接官が聞きたいのは、その先に思い描いている夢です。入社後にいかに成長していきたいかを、しっかりアピールしましょう!
もっと大きな括りで言えば、夢は、本当に広い定義です。
「バリバリ働いて、どんどん成績を伸ばしたい」とか「自分の仕事で、みんなを笑顔にしたい」はもちろん、「仕事も家庭も大切にしたい」「趣味を極めたい」など、人それぞれだと思います。

広義の意味での夢は、それでいいのです。仕事を通して夢を叶えたい人、そうでない人、色々だと思います。
そんな風に思えれば、「夢(就きたい仕事)がない」という気持ちを抱えている人も、少し楽になれるのではないでしょうか?好きという気持ちが傾く方向に、小さくても目標はあるはずです。ひとたび仕事を離れたら、それを夢と呼ぶのも、素晴らしいことです。 なりたい自分の姿×やりたいこと=夢、と言っても、過言ではないと思います。

ここまで読んでみて、いかがでしたか?ぜひ、自分の「夢」を、振り返ってみて、そしてすぐにできそうなことから初めてみましょう。
目標に向かってひたむきになっている姿は、きっと輝いているはずです。
本当の夢に向かって、動き出すなら今!今日より早い日はないのですから。