ベストモチベーションチームアワード2018に選定されました。

高卒キャリアの転職成功 / 何があっても折れない。~両親の離婚・死別・介護を乗り越えて~IT/SES営業決定

本記事取材・編集:高橋

【転職前】

略歴:26歳男性2社経験

福祉系専門学校を家庭の事情で中退。介護職5年、営業1ヵ月

【転職後】
従業員:2000人程度
業界:IT
職種:SES営業(法人営業兼コーディネーター、後フォロー)

経歴補足:離婚・中退・離別・死別・介護・早期離職

8歳小学校時代に両親が離婚。姉と妹3兄弟、中学生の時に父が再婚。

高校の時に、父が倒れる。福祉業界にて働くことを決意。福祉系の専門学校へ進学するも、専門2年目で父が他界。
金銭を理由に中退。福祉業界で5年程従事されてきました。

より多くの人を助ける仕事をするため、昨年転職をするも、今度は母が倒れ看病をするため、また同時に義理の弟(小学生)の面倒も併せてみる必要があったため、に退職。休職を打診されるも、復帰のめどが立たない為退職の決断。現在姉と妹は音信不通のため手助けを借りることはできない。

義理の弟は発達障害のため、面倒を誰かがしっかり見ないといけない状況であった。

 

 

親戚の助けもあり、再度職を探すことが可能に。複数のエージェントを利用する中、『高卒キャリアの転職』を見て、TOP GEARの面談に至る。

 

今回決定に至る背景をお聞きしました。

だからこそ、人の為になりたい。

Q.常に前向きで明るいのですが、どこからそのモチベーションはくるのでしょうか?

A.自身のモチベーションは原体験にあります。他の人が経験していないからこそ、つらい経験をした人の気持ちは僕にはわかります。自分自身が強くなればどんな状況に置かれても前向きに考えられると思っています。でも今は力がない。力は仕事で身に着けて誰かの為にがんばりたいなと思っています。

でも本当は辛くて辛くてしょうがなかった。

と・・・今偉そうなこと言いましたが…

最初はそんなことは考えてなかったんです。今回の転職経緯が自分にとってとてつもなく大きな影響をもたらしたと考えています。MAP(TOP GEAR)を利用するまでに転職エージェントを大手2社を利用しました。

こんなもんか。

淡々と履歴書を一通り聞かれ、やりたいことを聞かれ。あとは求人を説明。送られてくるものもいまいちパッとしないし、書類も通過しない。自分の人生を否定されたと思いました。

仕方ない。あきらめてました。

 

そんな中、高卒・転職エージェントという軸で検索していたら、高卒に強いエージェントとしてMAP(TOP GEAR)をネット上で見つけました。そこで担当頂いた、北村さんというアドバイザーが本当に良かったんです。

とにかく聞いてくれた。

求職者に対して、寄り添うような支援をしてくださいました。エージェントって上辺だけだと思っていたけど、こんなとこまでやってくれるんだ。と。

一歩踏み込んだところまで聞いてくださって、ほんとによかったなと思いました。正直自信を持って言える過去なんてないと思っていましたが、話して言語化することで、それが逆に生きる意味になったのだと思います。

悩んでくれることも聞いてくれて、モチベーションが高まっていきました。

そしたら、上記のような考え方に代わり、自分自身に自信がつきました。

人の人生を扱う仕事。本気で仕事していきたい。

SES営業は大変なことは承知しています。ただ、それ以上に人に対して真摯に向き合っていきたい。もし後ろ向きな人も自分が関わることで少しでも前向きになってくれればいいなと思います。

 

会社の社風もダイバーシティ(人材の多様性)を認めてくれる会社で理念共感が決め手でした。
先方とも意気投合し、自分自身を認めてくださる会社は初めてでした。
北村さんも事前に面接にあたりお話していただいた会社情報はその通りで、とてもスムーズに事が運びました。

自分一人ではこの企業に入社するなんて絶対にたどりつかなかったと思っています。そういった意味でもとても感謝しております。

自分の人生を生きる。仕事を通じて自己成長する。誰かの為に働きつづける。

取材を通して

今回の決定もまた、我々にとってもとても勇気の出る決定でした。人生に対する考え方、何があっても前向きに、明るく考える事が切り拓く力になると感じました。転職者に寄り添い、少しでもはたらく明日を明るくする為に精進していきます。

新天地でも頑張ってください!