ベストモチベーションチームアワード2018に選定されました。

優良エージェント紹介/グッドエージェント大賞受賞者(株式会社アールストーン 小須賀さん)が語る。選ばれるエージェントになるには

 

大学中退でニートに近い人を転職決定させた事がある。その人(Aさん)は今誰もが使っているSNSを提供する会社に勤め、海外で責任ある立場で活躍している。

Aさんは当時どのエージェントも企業も振り向いてはくれなかった。でも私はAさんの背景を知り、優秀であることを確信し、決定することができた。

『転職エージェントは人を変える事ができる仕事』

入社当時の成功体験が今の私を創っている。そう語るのは株式会社アールストーン コンサルタントの小須賀陶子さん。先日キングオブエージェントともいえるグッドエージェントアワード2017にて大賞を受賞しました。

小須賀さんは弊社(株式会社MAP)代表飯田が運営するチームHRという転職エージェントで活躍するコンサルタントが参加する組織の一人。今回はMAPにお越しいただき、成功の裏側を語っていただきました。

私はこうしてグッドエージェント賞をとりました。

そもそもグッドエージェント賞って何?

<グッドエージェント賞 -Good Agent Award->

株式会社リクルートキャリア主催による、単に転職紹介⼈数といった数値で把握できる実績ではなく、「どれだけ真剣に、転職者や採⽤企業のことを考え転職エージェントとしての仕事をしたか」という質的な評価基準を元に、有識者による審査で評価される年に1度の転職エージェント業界最大の式典。

consultant

とにかくすごいエージェントってことさ。
と…とりたい。

ケイスケ

consultant

MAP代表の飯田も受賞歴があり、とっているエージェントは本当に信頼できる人だと言えるんだ。

小須賀さんってどんな人なの?

profile 小須賀 陶子(※素材:アールストーンHP/コンサルタント紹介より)

4年制のデザイン専門学校卒業後、広告代理店のオプトに新卒入社。 クリエイティブディレクターとして人材、不動産、エンタメ、金融などあらゆる業界のWebマーケティング、広告制作に 従事。
「統計的なデータを相手にするよりも、個人の多様な価値観に向きあいたい」 「”人の長所や才能を見つける”という自分の強みを活かした仕事がたい」
「BtoCだけじゃなくてBtoBもやりたい!」
と思い、人材業界へ。
2013年アールストーンに入社
2016年にチームマネージャー(管理職) 2017年にトップキャリアアドバイザー(専門職)になりコンサル業に戻る。

web系に本当に強いっていうのがわかるね。

ケイスケ

転職エージェント『アールストーン』って?

アールストーンって何系のエージェントなの?

ケイスケ

consultant

アールストーンはIT・web・ゲーム業界に特化した転職エージェントだ。ただ特化しているだけではなく、HPから求人検索ができり、案件情報も豊富にある。なにより小須賀さんが証明しているように真摯にエージェント業をやっている信頼できるエージェントだ。

グッドエージェント決定エピソード

「研究領域をビジネスに活かし、社会に貢献したい」技術研究者の新たな道を切り開いた “GOOD AGENT AWARD 2017” 大賞

参考

“GOOD AGENT AWARD 2017” 大賞リクナビNEXT

何故小須賀さんは選ばれ、転職者は決定するのか?

小須賀さんに直接聞いてみました。

Q:普段から意識していることを教えてください。

A:ゴール設定とキャリアの道筋を一緒にすり合わせしています。

例えばですが…大手に行きたい・年収1000万円稼ぎたいと方がいたとして、いますぐは無理でもそのために何をすべきか?ということを話します。私たちは年収1000万円にするにはどういう道をたどればいいのか?という正解がわかっているので。実際に先輩の話ではあるのですが、年収350万円の方を何回かの支援の上で現在は2000万円稼ぐ方になりました。

 

Q:必ずやっていることを教えてください。

A:毎朝共有を徹底しています。

面談した方のやりたいことはコレでできることはコレ。この条件を目指せる企業を教えてくれー、と。これは毎朝全員でやります。会社全員でその人を決めてあげる。を大切にしています。

Q:アールストーン特有の文化はありますか?

A:open&fareという文化です。

全員が全力で転職者・企業の決定をうみだすこと。そのために情報を共有(open)し、公平(fare)に進めることを大切にしています。転職者の担当は転職者のために全力になる。企業担当は企業のために全力になる。open&fareの分化を徹底することが双方に向けてのサービス向上につながると考えています。大切なのはやりきること。

Q:求職者に怒ることがあると聞きましたが…

A:怒ること…あります。(笑)

ポイントがあって、例えば、訳も分からず20社とりあえず受ける・面接辞退を軽くとらえているなど、企業に対しても自分の人生に対しても、しっかりと伝えることを伝えた上で真剣になっていない場合は『それはないぞ』という話をすることはあります。これは求人企業に対しても同じで、転職者や人材会社に対して軽く見ている対応をされる場合そうです。

企業は必死に採用をしているし、転職者は人生をかけて活動をしている。本気でやっているからこそ自分勝手なことは許さない。でも逆にそれは双方から信頼される要素になっていると思います。

小須賀さんから見るMAPとは?

MAPさんはみんな仲が良い

チームHRに参加してみて、飯田さんの人柄のよさをとても感じています。MAPさんは飯田さんの影響で雰囲気がとても良いです。自分が転職してくる立場だとしたら本当に安心して働ける会社だと思います。

実はアールストーンに入る前にMAPに面談に来ていた!?

転職活動時に実はMAPさんに来ているんです。転職サイトに登録後、スカウトメールでほとんどがweb系の案件ばかりでした。その中でMAPさんから来るメールに、本当はエージェントで働きたいのでは?という内容が印象的で伺うことにいたしました。

 

 

可能性を広げるために何でもやる。

 

小須賀さんのやわらかい表情から来るズシっと来る言葉の重みは本物だと感じました。MAP・TOP GEARも転職者や企業様へのスタンスや想いは同じ。その両者の為に、ただひたすら邁進していきます。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。