「WORXファーストキャリア構築への道」は、働きながら仕事に必要なスキルを身に付けられる「WORX(ワークス)」に参加し、ゼロからキャリアを形成すべく奮闘する人たちの、変化と成長を追いかけるシリーズです。vol.1は、2020年6月からWORXメンバーとなった藤川さんにインタビュー。これまでの経歴や、今後の目標を聞きました。

藤川佐知さん 26歳

Profile

藤川佐知さん 26歳

通信制高校を卒業後、保育士を目指して専門学校へ進学するも、1年で中退。その後コンビニやスーパーでのアルバイト勤務を経て、2020年6月からWORXに参加。エンジニアを目指し研修受講中。

複雑な家庭環境、まともに学校に通えなかった子供時代

幼少の頃両親が離婚したこともあり、落ち着かない家庭環境で育ちました。転居・転校を繰り返したからか、なかなか学校に馴染めず、小中学校はほとんど通学しないままで終わってしまいました。

通信制の高校を卒業した後は、保育士を目指して勉強することに。夜間の専門学校に通いながら、日中は学校から紹介された保育補助の仕事をしていました。でも、小中とまともに学校に通った経験がないまま、通信制の高校へ進んだ私は、毎日同じ場所に通学して勉強する生活や、学校での人間関係に徐々にストレスを感じるようになったんです。

保育士の仕事に憧れがあったものの、挫折。3年制の専門学校を1年で退学してしまいました。自分で決めた道を断念したことに落ち込み、精神的に大きなダメージを受けました。

同級生と結婚、アルバイト生活の葛藤

専門学校を退学した21歳の時、ずっとお付き合いしていた通信制高校時代の同級生と結婚しました。家電関連の仕事をしている夫は

「外で働いてもいいし、家にいてもいい。好きに過ごしていいよ」

と言ってくれていましたが、考えた末に高校時代のコンビニバイト経験を活かして働くことに。

スーパーのレジ業務は大きな問題もなくこなせていましたが、このままずっとアルバイト生活を続けることに漠然とした不安はありました。とくに働いていた店にセルフレジが導入されたときは、メディアで話題になっている「AIに仕事を奪われる」という感覚が、自分事としてリアルに迫ってくるのを感じました。

コミュニケーションが苦手で、子供の頃は学校にちゃんと通えなかったし、勉強が得意なわけでもない。資格もなければ、正社員として働いた経験すらない。このままではダメだと思うけど、何もできない。また専門学校のときのように挫折するのではないかと考えると、就職活動も怖い。

現状を変えるために行動を起こしたいけど、結局何もできない。そんな状態がしばらく続きました。

ニュースで知った「働きながらスキルを身につける」という方法

もやもやを抱えたままバイト生活を続けていた2020年の2月。たまたま見ていたテレビのニュース番組で、引きこもりの人や働いた経験のない人でも、働きながらIT関連の資格を取ったり、エンジニアとしてのスキルを身に着けられる仕組みがあると紹介されていました。それが、WORXだったんです。

関連記事:未経験からエンジニアを目指す人のためのWORX無料体験会、はじめます!

自分と似た経歴でも、未経験からエンジニアとしてキャリアを築いている人たちがいる——。

キャリア構築支援をしてくれるWORXの仕組みと、エンジニアという仕事に興味を持ち、さっそくネットでWORXについて検索。WORX事業が生まれた背景や、入社後に受けられる研修の内容、どんな人たちが働いているのかなどを調べました。

WORXでは入社後にITパスポート資格の取得を推奨していることがわかったので、とりあえず独学で勉強を始めることに。たまたま夫が高校時代に同資格を取得していたので、わからないところは質問しながら勉強を進めました。

実は同じ頃「手に職」を意識して、簿記の資格勉強も始めていました。でも、夫の影響もあってかIT系の勉強の方が楽しく思えてきて、エンジニアとWORXの働き方に対する興味がますます大きくなっていったんです。

ニュースでWORXを知った約1ヵ月後、「エンジニア体験会」に参加しました。「一般企業のオフィス」に足を踏み入れることすら初めてだったのでかなり緊張してしまいましたが、用意されたパソコンを使ってコマンド入力にチャレンジしたり、WORXの働き方についての詳細説明を聞いたりするうちに、WORXで働く気持ちが固まりました。

その後3月末にWORXの最終面接を通過。内定が出た数日後、独学で勉強を続けていたITパスポート試験にもチャレンジしたところ、こちらも無事合格!「私もやればできるんだ!」という小さな自信が生まれました。

苦手だった勉強を、続けられる理由

入社後研修を受けている今でも、通勤電車などのすきま時間を利用して、コツコツと資格試験勉強を続けています。

勉強に苦手意識があった私が独学でITパスポート試験に合格したり、勉強を継続できている理由は、夫の存在が大きいと感じています。

夫は仕事柄IT関連技術に興味があって、私よりずっと詳しいんです。これまでパソコンを使う仕事すらしたことがない私が、WORXでエンジニアを目指すようになって夫婦共通の話題が増えて、なんだか夫もうれしそうにしていて。

働きながら資格取得の勉強をするのは大変だけれど、誰かに相談できたり、わからないところを質問したりして、悩みを共有できると続きやすいのではと思っています。

だから私もWORXメンバーのグループチャットでは積極的に「わからないことがあったらなんでも聞いて」と、声をかけるようにしています。私は同期より一足先にITパスポートに合格しているので、同期に教えられることがきっとあるはずだから。

グループを盛り上げたり、引っ張ったりするのは得意じゃないけど、夫がしてくれたように、私も誰かの役に立てたらいいなと思うんです。

私のキャリアは、まだスタートラインの手前

子供時代に学校生活に上手く馴染めなかった経験があるので、同年代の仲間がいるWORXの働き方に多少の不安は持っていました。入社から数日間は緊張から他のメンバーとほとんど話せなかったけれど、1週間ほどでどうにか慣れて、今は同期と一緒に帰ったり、アニメや漫画など趣味の話をしたりしています。

WORXの研修ではみんなの前で発言・発表する機会が多く設けられているのですが、人前で話すのが苦手な私にはこれも苦痛でした。でも、数をこなせばなんとか慣れてくるもので、平気とはいかないものの、今ではどうにかこなせるようになってきたと思います。

研修を終えた2020年7月以降は、就業先でエンジニアとしてのキャリアがスタートします。そもそも「会社」という場所で働いたことがないので、電話の受け答えやメール作成経験がないし、Excelの使い方だってわからない。研修をみっちり受けたとはいえ、不安なら山ほどあります。

今はまだエンジニアとしてスタートラインにも立てていないので、将来こんな仕事がしたい!という具体的なプランは描けないけれど、半年後には就業先の業務に慣れていたいし、LinuC 101、102の資格も取っていたいし、CCNAの勉強も本格的に始めたい。学ぶ習慣はできているので、実務に入ってもスキルアップのための勉強を続けていくつもりです。

今はまだスタートラインにも立っていないと語ってくれた藤川さん。未経験からエンジニアを目指す彼女が、WORXでこの先どのようにキャリアを構築していくのか。引き続き成長の過程を記録していきます。

WORX(ワークス)

Data

WORX(ワークス)

20代の転職をサポートするMAPグループによる「ファーストキャリア構築支援事業」。学歴や経歴に自信がない、正社員就業経験がない人を、資格取得支援やビジネスマナー研修を通じて即戦力人材へと育成するプログラム。現在は主に未経験からのITエンジニア育成を行なっている。