未経験からエンジニアを目指す人のための無料体験会、はじめます!

WORX
2019年より開始したプロジェクト「長期的転職事業WORX(ワークス)」では、IT業界未経験、また、就業経験のない状態からエンジニアを目指す方に向けたエンジニア体験会を開催することになりました。そこで今回は体験会の詳細や「卒業(退職)を前提に入社する」というちょっと変わったWORXの働き方について、採用担当である金澤汐織に聞きました。

過去や背景にとらわれない。誰もが活躍できる社会を。

WORXは「現時点のスキルに見合った転職先を紹介する」という従来型の転職支援ではなく、より長期的な視点を持った人材教育専門機関を目指して立ち上げたプロジェクトです。キャリア形成段階にある20代の方をMAPで正社員雇用し、社内研修と実務経験を積みながら、3~5年かけて「複合型キャリア人材」を育成・輩出する新たな試み。現在は特にIT領域での人材育成を行っています。

WORXは「過去や背景にとらわれない。誰もが活躍できる社会を」というコンセプトを掲げています。学歴やこれまでの経歴に関係なく、成長したい人、変わりたい人が挑戦でき、未来へ目を向け進むことができる。そんな働き方を提案しています。

2019年11月現在、46名がWORXメンバーとして在籍しており、うち40名が大手メーカーや金融機関、官公庁などでエンジニアとしてのキャリアをスタートさせています。あとの6名は今月入社したばかりなので、現在社内研修と資格取得に向けた勉強に励んでいるところです。

インフラエンジニアって、どんな仕事?

WORXメンバーは入社前のオリエンテーションで、事務手続きと同期との顔合わせや、資格取得試験の申し込み、スキルシートの作成を行ってから入社日を迎えます。

入社後は社会人としての心得をはじめ、名刺交換、電話応対、言葉遣いやコンプライアンス知識など、一般企業で就業するために必要なビジネスマナー研修や、エクセル関数をマスターする基本OA研修を行います。これらの基礎研修と並行して、ITパスポート試験受験に向けた授業も受講。2週間で必ず合格できるカリキュラムを組んでいます。

ITパスポート試験(情報処理推進機構)

WORXは主にインフラエンジニアの育成に注力しているのですが、インフラエンジニアと聞いてもどんな仕事かわからない人が多いのではないでしょうか。

道路や鉄道、通信網など、産業や生活に欠かせない基盤となるもののことを「インフラ」と表現しますよね。これは英語の「infrastructure(下部構造)」からきています。インフラエンジニアも同じで、全てのITサービスの基盤作りに欠かせない存在といえます。業務内容はシステムの設計から導入作業、運用、保守など多岐にわたり、ネットワークやデータベース、サーバーやハードウェアなど幅広い知識が求められる仕事です。

ITパスポート試験は、ITに関する基本的な知識があることを証明できる国家試験です。受験に向けた学習・対策を通じて、インフラエンジニアとしてのキャリアをスタートするための知識を広く身に着けることが可能だと考え、資格取得を支援しています。

入社後たった2週間でITパスポート試験合格を目指すとなると不安があるかもしれませんが、初心者でも段階を踏んで理解を深められるオリジナルのカリキュラムがあり、一緒に学べる同期がいる点がWORXの最大の強み。勉強の進め方がわからない、独学だとついサボってしまう、という方でも、同じスタートラインに立っている同期の存在に大きな刺激をもらえます。

採用担当として、学歴や経歴よりも重視していること

WORXメンバーの採用にあたっては、応募者の経歴は重要視していません。求めるものは非常にシンプルで、「意欲」と「コミュニケーション力」の2点のみ。

エンジニアを目指す以上、ITへの興味は必要ですが、現時点でIT知識の有無は問いません。現在在籍しているメンバーもほとんどがIT未経験者で、中にはこれまでアルバイトしかしたことがない、働いたことがないという人もいます。

必要なのは学歴や経験ではなく、なりたい自分の姿を目指し、目の前のことに取り組んでいく意欲。今できることがないなら、できることを増やしていこうという前向きな気持ちが何より必要です。

そして、社会人として働くために必要なコミュニケーションができることも大切。

コミュニケーション能力というと、とにかく明るく、話し上手で、リーダーシップがあって…という優等生タイプを想像されるかもしれません。

けれど、学校でも社会でも、何人か人が集まれば、場を盛り上げる人がいて、しっかり話を聞く人がいて、騒がしい人もいれば、おとなしい人もいる。それが当たり前ですよね。みんなが同じようなキャラクターを目指して、自分以外の何者かになる必要はありません。

私たちが求めているのもきちんと挨拶ができる、報告・連絡・相談を怠らない素直な姿勢があるという意味での「コミュニケーション力」なんです。

月に一度メンバーが集まる「帰社日」は、近況を報告しあう大切な時間

現在在籍しているWORXメンバーも、タイプは見事にバラバラです。それぞれに特徴があって、得意分野も違う。だからこそ、他者の存在や発言、アイデアを否定しない、遮らない「他者を許容する文化」が形成されつつあります。

チームが目指す姿、自分自身の目標

現在はビジネス研修やIT研修などを社内で内製化できるようになりました。このスクール事業をより発展させて、WORXメンバーが教育事業に関わっていく未来を作りたいと考えています。

また、メンバー個人を外部プロジェクトにアサインするだけでなく、クライアントからプロジェクトを請け負い、メンバーがプロジェクトリーダーとなって全体をマネジメントできるようなチームを目指したいですね。

事業責任者の高橋(左)を中心に、現在5名の社員がWORX事業に携わっています

私自身、今は主に採用業務を担当していますが、今後は協力企業の開拓など、営業面も担える力をつけたいです。

現在それらを担当している先輩から受ける影響はとても大きくて、目標を具体的な行動に落とし込む方法や論理的思考など、常に学ばせてもらっています。尊敬できる先輩と一緒に仕事できるのはラッキーなこと。いいところを目一杯吸収して、彼の仕事を全て奪えるようになりたいと思っています。

正直なところ、入社してから今が一番忙しいし、大変(笑)。でも、仕事はめちゃくちゃ面白いし、毎日楽しくてしょうがないんです。それは、仕事や研修を通じて日々変わっていくWORXメンバーに刺激を受けているから。私たち運営側も、メンバーと共にどんどん成長しているという実感があります。

ITパスポート試験対策研修を担当する前川

エンジニア体験会、こんな人におすすめです

グループ会社の日本若者転職支援センターに転職相談に来られる方と接していて感じたのですが、ITエンジニアという仕事を理解している人は多くないんです。手に職をつけたいし、将来性のあるエンジニア職が気になるけど、結局どんな仕事なんですか?と聞かれることがよくあって。

そんな人たちが、エンジニアの仕事や役割について知り、実務体験までできる機会を作りたいと考えて企画したのがエンジニア体験会です。これまで試験的に実施してきた中で、

「エンジニアのすばらしさ、重要性を感じることができた」
「仕事のイメージがクリアになり、挑戦したい思いが強まった」
「私達の生活に密接したIT事例を知ることができ、具体的なイメージがわいた」

などの声をお寄せいただき非常に好評でした。そこで、今後は定期開催することにしたんです。体験会では

  • 映像で見るエンジニア職の役割
  • パソコン音声を使った自己紹介
  • コマンド入力でエンジニア体験

などのプラグラムを準備しています。

パソコン操作に不慣れな方でも気軽に取り組んでいただける内容なので、IT業界やエンジニア職について詳しく知りたいという方におすすめです。ITエンジニアへの興味が本物かどうかを確かめる、そんな機会にもなると思います。もちろん、WORXメンバーになりたいという方も大歓迎です!

金澤汐織(かなざわ・しおり)
ハイブランドのアパレルで販売員を経験した後、2018年にMAPグループ入社。日本若者転職支援センターで転職者を支援するアドバイザーを経験した後、2019年からWORXの採用を担当。