女性の社会進出や共働き家庭は、今や珍しいことではありません。

実際に、女性の管理職も年々増加傾向にあります。

しかし一方で、

・結婚や出産などのライフイベントを経た後も働き続けられるのだろうか?
・将来、今と同じように活躍し続ける体力はあるだろうか?

など、女性の働き方やキャリア形成については悩みはつきません。

今回は、上記のような悩みを抱えている女性が活躍できる人気職種を紹介します。

転職を考えている女性必見!女性におすすめの職種ランキングTOP3!

女性の転職におすすめの職種・第1位・・・営業職
女性の転職におすすめの職種・第2位・・・ITエンジニア
女性の転職におすすめの職種・第3位・・・事務職
なぜ、この3つがおすすめの職種なのでしょう?早速、理由を見ていきましょう。

女性人気職種・第1位:営業職。実は女性にとって働きやすい!

営業職といえば「ノルマがキツそう」など、あまりいいイメージを持てない女性は多いかもしれません。

しかし、女性にとって実は営業職はとても働きやすい一面もあるのです。

以下ではその理由をお伝えします。

女性の転職におすすめの理由その①【営業職は時間の融通が効きやすい!】

営業職は外回りも多く、事務職といったオフィスワークに比べて自分の裁量で業務を進められる部分が多くあります。

また、最近は直行直帰型の営業スタイルを採用している企業も増えているため、家庭がある女性・子供がいる女性にとって時間の融通がききやすく、より働きやすい環境かもしれません。

もちろん、責任は伴いますがやりがいも大きく、チャレンジする価値のあるお仕事ではないでしょうか。

女性の転職におすすめの理由その②【営業経験者は重宝される!】

営業職はどの会社でも必要とされるポジションです。

そのため、求人数が多く採用される可能性も高くなります。

また、営業のスキルはあらゆるビジネスシーンの基本になるため、

営業経験を活かして別職種に転職することも容易になります。

若いうちに営業経験を積んでおくとキャリアの選択肢が増え、ライフイベントを経た後も復帰しやすい。

女性人気職種・第2位:ITエンジニア。実は女性がたくさん活躍している

女性の転職におすすめの理由その①【IT業界は女性の比率が意外と多い!】

ITエンジニアといえば男性が多く、理系の職業というイメージが強いかもしれません。

ですが、女性の割合も年々高くなっており、経済産業省の統計によると

2014年(平成26年)時点でIT人材の4分の1は女性という結果が出ています。

現場に女性が多いと、職場全体が女性の働き方に理解を示し、良い環境を作ろうと取り組んでいる場合が多いです。

また、職場に同じく女性が多くいると、色々共有し合いやすく、単純に心強いですよね。

参考:経済産業省「IT人材の最新動向と将来設計に関する調査結果」https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/27FY/ITjinzai_report_summary.pdf

女性の転職におすすめの理由その②【女性のライフスタイルに合った働き方もできる!】

また、Web関係の仕事はPCがあれば場所を問わず取り組めることが多く、実際にリモートワークを導入している企業も年々増えています。

子供を育てながら働きたいという女性にとっても、転職先の一つの選択肢として考慮してみるのも良いでしょう。

更に先ほどの統計によると、国内のIT人材供給力は今後も低下し、エンジニア人材不足は深刻化する傾向にあります。

この先もIT化がどんどん進む見通しの世の中。その分、開発する人材も必要なのです。

このような状況の中で、希少価値の高いITエンジニアのスキルを身につけた場合、転職に有利になるというのは明白です。

世の中が欲しているスキルを身につけていれば、労働条件や環境など、こちらの希望で交渉をすることも不可能ではないのです。

これは、男女限らず覚えておくと転職の助けになるかもしれませんね。

希少価値の高いスキルを身につけることで、転職も有利に進めることができる

女性人気職種・第3位:事務職。根強い人気、おなじみの職種

女性の転職におすすめの理由その①【事務職は比較的残業が少ない!】

事務職は昔から女性に人気の職種で、ハローワークでも事務職には応募が殺到するといいます。

オフィスワークで、比較的残業が少ないのが人気の理由の一つです。

しかし採用募集人数が少ないことが多く、事務職の経験者でないとどうしても採用されにくいという現状もあります。

また、IT化により、今後事務職の仕事がなくなってしまうのではないかとも言われています。

勤務時間の融通がききやすく、残業も少なめな事務職が人気であることは確かです。

何か良い方法はないのでしょうか…?

女性の転職におすすめの理由その②【事務職でスキルも身につけることができる】

そこで、せっかく事務職に転職するのなら、スキルが身につく事務職に転職することをおすすめします。

例えば、IT事務職なら将来的にネットワーク関係の知識が身につき専門的なスキルを身につけることも可能になります。

知識が必要となるため、研修制度が充実している企業も多くあります。

その場合、未経験者も幅広く受け入れてくれるので、是非転職先の一つとして検討してみてください。

事務職経験者は転職でも重宝されますが、逆に「次に転職しようとした時にまた事務職で働くことになる」など、選択肢が狭くなりがちです。

一度事務職になってしまうと、キャリアチェンジが難しい、ということですね。

そんな場合もIT事務職など他の部署と連携をとる事務職であれば、転職先の幅も広がります。

事務職そのものが長く働ける職種ではありますが、将来的に上のポジションやマネジメント、キャリアチェンジを考えている場合、少し変化のある事務職にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

事務職に転職するなら、将来スキルが身につくのかどうか、5年後10年語を想像してみましょう!

まとめ:大切なのはスキルを身につけられるかどうか

いずれの職種も人気の理由は様々ですが、女性の転職で一つ鍵になるのは「スキルを身につけられるかどうか」です。

スキルを身につけることが出来れば、出産後もそれを活かして復帰しやすくなりますし、転職を有利に進めることで、結果的に希望する労働環境が手に入る(家庭も大切にしながら就業できる)かもしれません。

転職をすることで時短勤務・ワークライフバランスを叶えようとすると、どうしても選択肢が狭くなってしまいます。

選択肢を狭くすることで、あなたの才能や可能性まで狭まってしまうのは非常にもったいないことです。

まずは自分の経験やスキルを磨いておいて、転職を有利に進めるというのがベストなのではないでしょうか。

比較的働きやすい若手のうちに経験やスキルを身につけ、将来の自分の選択肢を増やしましょう。

あなたがよりよいキャリアを築けるよう、応援しています!

女性の転職なら、MAPウーマンキャリア

ライフステージの変化に左右されない強いキャリアが欲しい。スキルアップして、もっと活躍したい。そんな女性の転職とキャリアアップをサポートする転職エージェント、MAPウーマンキャリア。アドバイザーは全員女性だから、安心して相談できます。