新型コロナウイルス感染症が流行し始めて、もうすぐ1年。この1年で、経済活動や市場はもちろんのこと、私たちの働き方も大きく変化しました。時差出勤、テレワーク、会議のオンライン化…日本中、いや世界中の人たちが様々な工夫のもと、経済活動と感染症対策の両立をはかっています。

今回は、「withコロナの時代」に注目されている働き方とその姿勢に着目してみます。

増えるテレワーク、その概要は

まず、「テレワーク」とは「tele = 離れた所」と「work =働く」をあわせた造語です。 日本テレワーク協会は、以下の3つのうちのいずれかで仕事を進めることをテレワークと定義づけています。

①在宅勤務(自宅での勤務) 

②モバイルワーク(顧客先や移動中にモバイルを使用) 

③サテライトオフィス勤務(勤務先以外のオフィススペースの活用) 

中でも今年に入って特に注目されているのは、移動を伴わない①の在宅勤務です。 今回のような環境起因のケースはもちろん、社員自身が(怪我や障がいなどで)出社できない場合も、テレワークを導入することで、変わらずに仕事を続けることができます。 テレワークにより、時間や場所にとらわれないフレキシブルな働き方が実現するのです。 

ちなみに「リモートワーク」は「remote=離れた」と「work=働く」を組み合わせた造語です。一見、テレワークとリモートワークは同じことにも思えますが、テレワークは明確に上記3つの定義づけがあるのに対し、リモートワークにはそれがありません。遠隔勤務の総称がリモートワーク、というイメージなので極論を言えばカフェで仕事をするというのも、リモートワークになります。(コンプライアンスやセキュリティ上の問題からおすすめはしません。)似て非なる2つですが、一旦本コラムでは「テレワーク」の言葉で進めていきます。

テレワークに必要な要素

セルフマネジメント能力

自宅にいても、勤務時間は勤務時間。きちんと自分の業務を遂行しなければなりません。テレワークでは、個人のセルフマネジメント(自己管理)能力によって、アウトプット量やパフォーマンスがかなり違ってきます。また、多くの人がテレワーク中に家事を並行できると考えていますが、これも間違いです。もちろん自宅にいればお昼休みにお皿を洗ったりなどのちょっとした家事はできるかもしれませんが、基本的に日中は勤務時間です。そのため、勤務時間中に買い物に出たり、保育園の迎えに出たりなどはできません。もちろん会社規定による部分はありますが、勤務時間とそうでない時間を混同してしまわないよう、従業員は自覚を持ち、雇用者は相応のマネジメントをする必要があります。(出社時と同様のKPIを設ける、チャットで進捗をこまめに共有するなど)

雇用者と従業員の信頼関係

テレワークは、雇用者と従業員の信頼関係が重要です。

「自社でもテレワークを導入したい。でも、働いている姿が見えないと、社員がさぼるのではないか?」そういった意見があるのも自然なことです。しかし雇用者は、隠れて仕事をさぼるような人を、そもそも採用するのでしょうか。きっと、答えはノーです。テレワーク時に仕事をさぼるような人は、通常出社時でも仕事への意識が高くないからです。テレワークに大切なのは、雇用者が従業員を信頼すること。そして、テレワークをする従業員も、その信頼に応えて、全力で仕事に取り組むべきです。本当にシンプルなことですが、この「信頼関係」がとても大切になってきます。

ニューノーマル=善ではない

コロナ禍で「ニューノーマル」という言葉も生まれました。「ノーマル」という言葉は多少乱暴にも聞こえますが、決してマジョリティを指すのではありません。フラットな視点で「これまでに無かったけれど、新しい時代に『当たり前』になること」と解釈することをおすすめします。テレワークになった人、ならない人、物理的にできない業種の人。それぞれに背景があります。「テレワークじゃない働き方は古い」「出社したから偉い」どちらでもないのです。ニューノーマルは、新しい時代に生まれた新しい在り方を、ただシンプルに表現する言葉として、ぜひ考えてみてください。

働くことは生きることであり、その生き方は人それぞれ、多様性に富んでいて当たり前なのです。「ニューノーマル=テレワーク」「これからはテレワークが当たり前」という固定概念にとらわれず、業種やポジション、仕事の進捗によって柔軟に勤務状況を変更したり、場合によっては周囲の状況を踏まえた働き方を提案してみましょう。能動的で柔軟な姿勢を持つ人こそが、withコロナの時代に求められる人材であるとも言えます。

先送りにしていることは、たくさんあるはず

今回、止むを得ない状況で働き方が多様化しましたが「(テレワークやオンライン会議などを)やってみたら、意外とできた」という人がどれほど多かったことでしょう。きっと、私たちの生活の中には「やらなくてはいけないが、先送りにしていること」が多くあります。その一つが働き方であり、今回急速に浮き彫りになったのです。

働き方というフレームの部分はもちろんですが、仕事の中身も掘り起こしてみると「先送り」にしていることがたくさんあるはずです。いつもと違う今だからこそ、仕事そのものの無駄の削減や問題の根本解決に向き合うことで、コロナ禍の今が悲観すべきことばかりではないと気づかされるでしょう。

様々な働き方を受容し、自分(自社)に合ったものを取り入れる取捨選択の能動的姿勢、セルフマネジメントスキル、雇用者・従業員間の信頼関係など、社会生活を営む上で大切な要素を、今一度見直してみてはいかがでしょうか。