学校を卒業し、社会に出て働く…。

20代序盤は身の回りの変化で慌ただしく目の前のことで精一杯ですが、働き始めて数年もすると、色々と落ち着いて考えられるようになります。

ここで陥りやすいのが、年収に関する悩み。

「自分の年収って、低いのかな…」

「もう少し高ければ、もっと良いのに…」

「自分のスキルと経験なら、もっと年収が高くてもいいはず…」

気になる年収を20代でUPさせる転職方法、早速見ていきましょう。

給与所得者の平均給与…みんなの年収は、どのくらい?

国税庁が報告している平成28年現在の源泉徴収義務者を確認してみましょう。

1年を通じて勤務した給与所得者、年間の平均給与は422万円(前年に比べて0.3%増加)。

男性の平均給与は521万円、女性の平均給与は280万円。

男女ともに前年に比べて、男性は0.1%の増加、女性は1.3%の増加となった。

つまり、データから働く人の年収は僅かながらUPしているということがわかります。

働き方改革・人口減少・景気回復など、これら複数の要因が重なり、平均年収が増加したと考えられます。

しかし、全体平均年収がUPしたと言っても、実際にみんなが自分の年収に満足しているかというと別の話。

自分の生活をより充実させたいという気持ちは、誰しもが持っているごく自然な感情です。

【20代の転職】年収UPのための転職・ポイントは3つ!

世の中的には上昇傾向でも、自分は今の給与に満足していない…

このように今働いている環境で年収を上げることが難しい場合は、転職で年収UPをはかるのも一つの手段です。

20代の転職で年収UPを叶えるためのポイントがいくつかありますので、早速紹介します。

1.自分の経験やスキルをしっかりと売り込もう
2.自分に有利に転職を進めよう
3.「手取り」はしっかり計算しよう

自分の経験やスキルをしっかりと売り込もう

自分の経験やスキルをしっかりと売り込む。

当たり前のようですが、この部分は難しい部分でもあります。

というのも、そもそも自分の経験やスキルを把握できていないという人が多くいるためです。

「コミュニケーション能力がある」「提案力がある」

そのままではどれも、聞いたことがある言葉です。

そこで意識したいのが、自分だけのエピソード

自分はどんな場面で何をどのように行い、どのくらいの成果を上げたのか…。

ここまで考えたことがあるという人は、少ないのではないでしょうか。

転職となると、転職本やサイトを見て、良いことを言っている人の真似をしたくなりますが、それはあなたの言葉ではないはず。

自分の言葉で、自分の実体験のエピソードに絡めて長所を話すことで、採用担当者にも伝わりやすくなります。

また、「今までこんなことを頑張ってきた」→「だからこそこんな形で御社の役に立てる」ということを述べるのも忘れずに。

あなたがやってきたことだけでなく、あなたがこれからできることにもフォーカスしてみましょう。

ちなみに、スキルや経験をしっかりと売り込むのは非常に大切ですが、面接をパスしたいからと、無理して期待に応えようとするのはよくありません。

なぜなら…無理して入社したその会社で、あなたは今後ずっと働くことになるからです。

また、できないことをできると言ったり、ないスキルをあると言うのは、虚偽ですので絶対にやめましょう。

自分に有利に転職を進めよう

ある程度の謙遜はマナーとも言えますが、必要以上に自分を小さく見積もると、採用担当者にも過小評価されてしまいます。

自信がなくおどおどしていると、それだけで損をしてしまいます。

「この程度しかできません」ではなく、「これだけのことができます」と胸を張りましょう。

堂々と、企業とイーブンに話す気持ちが大切です。

希望を伝える時も、一方的に「こうしたい、あれとこれはやりたくない」ではなく、

「自分にはこれだけのことができて、このように役に立てる。なので、こちらの希望も伝えたい」

という、こちらが対価をきちんと提供できるというスタンスで臨みましょう。

逆に企業側があなたの足元を見るような発言があった場合、その企業は良い企業とは言えません。

面接は、企業と求職者のマッチングの場。

あなたが一方的に企業に評価・ダメ出しされる場と考えず、あなた自身も企業の本質を見抜くように、見る目を養うよう心がけましょう。

「手取り」はしっかり計算しよう

忘れてはいけないのが、自分が実際にどのくらいの給与を受け取れるのかという「手取り」の計算。

年収のことばかりを確認するのはあまりよろしくありませんが、面接でキャリアプランなどと絡めて聞いてみても良い部分です。

月給や年俸はよかったものの、賞与がなくむしろ以前より年収ダウン…ということがないよう、あらかじめ求人票を読み込んでおくことも大切です。

【20代の転職】年収UPのための転職・まとめ

20代で年収UPというのは、何だかハードルが高そうにも聞こえますが、上記3つのポイントを押さえれば、難しいことではありません。

年収だけが全てではないですが、やはりお金はあって困らないもの。

ライフイベントの変化や自己研鑽、プライベートなど、お金が必要になるシーンは多くあります。

特に、20代後半~30代にかけては、交際範囲やライフスタイルなどの変化につれ、金銭の使い道で、最も大きな変化がある時期とも言われています。

あっても困らないお金のために、年収UPを狙った転職は、一つの方法です。

また、転職は年収だけでなく経験値やスキルもUPさせてくれるものでもあります。

30代で確実なステップアップをするためにも、20代の過ごし方は自身の基礎作りになります。

年収はもちろん大切ですが、こうした経験やスキルを積み重ねて自分を磨くこともとても大切。

将来、理想の自分に近付けるよう、今できることからチャレンジしていきましょう。

20代、30代の転職エージェント MAP

年収アップ、異業種転職他成功実績多数あり。転職のプロによるキャリアアドバイスや職務経歴書の作成、面接対策、スケジュール調整など、転職活動を成功に導くサポートが、すべて無料で利用できます。転職サイトには掲載されない「非公開求人」も。