【転職】民間企業から公務員に転職するための方法

CAREER

みなさんは公務員にどんなイメージがありますか?安定している、国や地域に関わる仕事…。色々なイメージがありますね。平成29年度現在、日本には約332万3,000人の公務員がおり、うち約58万4,000人(17.6%)が国家公務員、残りの約273万9,000人(82.4%)が地方公務員というデータがあります。この中には民間企業から公務員へ転職した人ももちろん含まれております。では、どのようにすれば民間企業から公務員へ転職できるのでしょうか?

公務員ってどんな仕事?

国の機関で働くのが国家公務員、地方自治体で働くのが地方公務員です。国家公務員と地方公務員には以下のような職種があります。

国家公務員
国家公務員総合職、国家公務員一般職、皇宮護衛官、法務省専門職員、財務専門官、国税専門官、労働基準監督官、航空管制官、刑務官、自衛官、国会職員など
地方公務員
都道府県庁や市役所の職員、消防士、公立機関で働く看護師・薬剤師・獣医師・保健師・栄養士・司書など

引用:マイナビ転職

公務員に転職するための方法

例えば新卒の国家公務員であれば、総合職・一般職・専門職に分かれており「採用試験⇨官庁訪問(面接)⇨内定」という流れが一般的ですが、転職する方の場合はまた異なります。大きく分けて「一般枠」「経験者枠」という2種類の試験があり、このどちらかを受験することになります。

[一般枠]

一般枠は、各省庁や自治体が定める年齢条件(30歳前後)を満たしていれば、基本的に誰でも受験できます。学歴制限が設けられている場合もありますが、職歴や社会人経験については問われないため、フリーターや司法試験浪人の方が公務員になったというケースもあります。しかし、新卒の学生もこの枠で入ってくるため、誰でも簡単に公務員になれるというわけでもありません。

[経験者枠]

経験者枠は民間企業などでの職務経験がある人が対象のため、上限の年齢も一般枠に比較し高い傾向にあります。即戦力の採用が目的のため、民間企業でのある程度の経験が必要になります。また、それをどう活かせるかをアピールするのがポイントです。この辺りは、民間企業の面接にも似ているのではないでしょうか。採用人数が一般枠に比較し少ないですが、経験豊富な方ならチャンスがあります。

公務員試験は

・教養試験
・専門試験
・論文試験
・面接試験

の4つで構成されています。(経験者枠は論文試験と面接試験重視で、教養試験は実施されない場合もあります。)試験の難易度や内容については、各自治体や人事院から発表される内容を確認する必要があります。

公務員への転職を成功させるには?

公務員への転職で失敗しがちなのは、「安定している」の他に「楽そう」「残業がなさそう」という、いわゆる昔の「お役所の仕事」をイメージしている場合です。公務員の仕事も、自分で考えて自発的に動く必要がもちろんあります。例えば地方公務員でも国家公務員でも、地域や国のPRをどのようにしていくかなどの画期的で新しいアイディアが求められますし、言われたことだけやっていればいいという考え方はそもそも仕事向きではありません。

転職での公務員デビューであれば即戦力を期待される可能性はありますし、仕事の進め方が民間の時代と違いすぎて慣れるのに大変だったということもあるかもしれません。公務員の仕事に誇りを持ち、やり通せる人が転職を成功させられます。今一度、なぜ公務員になりたいのかを考えてみると良いでしょう。

まとめ

公務員への転職は

・一般枠または経験者枠で試験を受ける
・イメージだけで転職しないこと

がポイントです。特に一般枠と経験者枠、どちらが自分に合っているのかはあらかじめしっかり考えておきましょう。みなさんの公務員への転職が成功することをお祈りしています!