聞いたことはあるけれど、詳しくはよくわからない、あの仕事。具体的な業務内容を知りたい、適性を知って転職活動の参考にしたい ―。そんな人のために、気になるあの仕事で活躍する人に聞く「気になるしごと」。今回ピックアップする仕事は、転職アドバイザーです。

株式会社MAP キャリア/リクルーティングアドバイザー 岩渕真理奈さん

気になるしごと人

株式会社MAP キャリア/リクルーティングアドバイザー 岩渕真理奈さん

岩手県出身。大学時代を静岡で過ごし、卒業後様々な職種・業界にチャレンジ。2021年4月より、MAPにてキャリアアドバイザー・リクルーティングアドバイザーを兼任し、活躍中。

岩渕 真理奈(いわぶち まりな)です。27歳、転職エージェント勤務です。岩手で生まれ、静岡で大学時代を過ごしました。その後地元岩手に戻り1年間過ごしたのち、上京。現在は東京で働いています。

色々な仕事を経験した20代前半

これまでに販売接客、営業アシスタント、映画宣伝、PRなど、さまざまなポジションや業界に挑戦してきました。それぞれにやりがいも楽しさもあったのですが、自身の幅広い経験を活かしたいと思い、人材業界に飛び込みました。多くの人と接する中で、人は皆一人一人が、自分の人生の主人公だということをいつも感じてきました。人生の中で多くの時間を占める「働く時間」をいかに充実したものにするかで、生き方も大きく変わっていくと考えたのが、人材業界に転職したきっかけかもしれません。

悩める方々のキャリアに寄り添い、未来を描く上での力になりたいと日々考えており、それがモチベーションにもなっています。

学生時代の夢(将来就きたい職業)は?

小学生の時から高校1年生の夏までは、保育士になりたいと思っていました。進学先の大学や習う楽器を決めたり、関連する書籍に目を通したり。保育体験にも積極的に参加していました。ただ、16歳の夏に、なぜ保育士を目指しているかを熟考した時、「子どもが好き」という理由しか出てこず…。先々でモチベーションを維持できるかとか、実際に職業としての保育士を考えたのですが、あまり現実的ではないかもしれないと感じ、断念しました。

ですが、他にも興味を持っていたものがあります。発展途上国の支援です。そこからは、「ODAでの勤務」「国際協力士」などが、新たな夢になりました。きっかけは発展途上国の同年代の少年少女たちが、家族のために過酷な環境で働いているのをテレビで目にしたこと。「なんで同じ地球にいるのに、こんなにも環境が違うのだろう」と疑問を持ち、次第に自分の力でその現状を変えたいと考えるようになりました。

その後は夢のために国際社会学・発展途上国の開発について勉強できる大学を目指し、入学。ゼミや授業で、貧困問題についてどのようなアプローチ方法があるのかを勉強していました。

「人材業界」での主な業務は?

今は20代・30代の方の転職支援をしているエージェント(人材紹介会社)で働いており、キャリアアドバイザー・リクルーティングアドバイザーを兼任しています。前者は求職者様の転職支援が主な業務です。面談でお人柄やご経歴、ご希望などを知ることから始め、その方に合った求人案件を紹介します。ただ案件をお渡しするだけでなく、書類作成の指導や面接の練習など、転職に関する全面的なサポート・フォローを行います。

後者は企業様の採用支援です。「こんな人を採用したい」というご希望をヒアリングし、求職者様をご紹介するというのが大きな動きです。担当する企業様の業界・ポジションは様々なので、常に企業や業界研究を欠かさないよう、知識をアップデートしています。

転職アドバイザーの仕事の醍醐味とは?

これまで様々な仕事をしてきましたが、共通して醍醐味と感じるのは「自分の行動・提案で物事が改善した・良い結果が出た」瞬間です。

今の仕事は、ひとの人生や企業の成長に大きく関わる内容なので、ある意味「正解がない」んです。ですが、その中でも自身の助言や提案がポジティブな結果となったときは、自分自身の介在価値を実感でき、ダイレクトにやりがいになっています。

あとは、求職者様との面談で、「彼(彼女)は、どんな会社でどんな仕事をしたときに活躍できるだろう」「どんな環境だとイキイキ働けるだろう」と思いを巡らせる時、責任重大な一方で、心からワクワクします。

自分のサポートで、目の前の人を笑顔にできるかもしれない、もっと輝かせることができるかもしれない。常に緊張感を持っていますが、人生のターニングポイントに立ち会い、お手伝いできるということそのものが、大きな醍醐味だと思っています。

休日のリフレッシュ方法は?

自分なりの方法はたくさんあるのですが、特に映画を見てリフレッシュ…というのが多いですね。映画館でも自宅でも、異世界に入り込む感覚が好きです。色々なジャンルを見るのですが、映画はポジティブな考えを教えてくれたり、生き方のヒントを与えてくれる、これもまた自分にとって欠かせないものです。

ここ2年くらいは読書する時間も作っています。本屋さんはもちろん、図書館や古本屋さんで過ごすことも多いです。他には散歩をして外を眺めることも大好きだったり…

あとはお酒も大好きなので、友人と飲みに行くことが最大のリフレッシュかもしれません。コロナ禍でここ数年は機会がなく、少し寂しいかな。

憧れる女性像や自分磨きについて

「この人みたいになりたい!」という明確な憧れ像はないのですが、「他の誰かじゃなくて、自分の人生を生きている」人になりたいと思っています。周囲に流されないというか…〇歳だから、女性だから、周りがそうしてるから、こうしなきゃいけない…という固定概念に縛られるのではなく、自分の好きな事や挑戦してみたい事に素直に向き合えるような、自分を好きでいられる、大切にできる女性はかっこいいなと思っています。

あとは落ち着きと柔軟性を兼ね備えた人も魅力的だと思います。自分とは異なる考え方に触れても否定せず、多様な価値観を受け入れられる方は素敵ですよね。

「自分磨き」は…あまり特に何もしていないかな…(笑)。強いていうなら、自分磨きとはちょっとズレるかもしれないのですが、定期的に「書く」ことでアウトプットをしています。形式は色々で、日記だったり、目標を紙に書き出してみたり。仕事でもプライベートでも、自分が今後どうなりたいかを書き出してノートに記すことで、考えがまとまるんですよね。時には目標を書き出して壁に貼ってみたり…(笑)。

週に1回は日記を書いて、自分の今のモヤモヤを整理してみたり、今後どうしたらいいかなと考えてみたりして、自分の「軸」を見失わないようにしています。

どんな30代になりたいですか?

毎日を楽しめる30代にしたいです。歳をとったな…とネガティブに思う時もあるのですが、生きていくとは、多くの経験をして、自分をどんどん知っていくということ。自己理解をして(何が好きか、何をしていると楽しいか、嬉しいか)仕事もプライベートも楽しんでいきたいです!

特に仕事面では自信をつけることが楽しさに繋がると思うので、大好きなこの業界でもっと多くの人と出会い、経験をして、結果を出していきたいです。

20代前半は様々な仕事をしてきましたが、30代は今の仕事をさらに追求し、より専門性を身につけていきたいです。楽しく働く人の創出、きっかけ作りに貢献していけるような30代を目指します!

転職アドバイザーとは

「企業の採用活動と求職者の転職活動を支える、【働く】ことのプロフェッショナル」

転職エージェントの「コンサルタント」と呼ばれるポジション。企業の採用活動を支援する「リクルーティングアドバイザー=RA」と、求職者の支援を行う「キャリアアドバイザー=CA」がいる。それぞれが分業という場合も、岩渕さんのように両方を兼任する場合もあり。体制はエージェントの規模感や組織体制により異なります。

キャリアアップ転職ならMAP

20代、30代ビジネスパーソンのキャリアアップ転職ならMAP。一般的な転職サイトには掲載されていない「非公開求人」も多数保有しています。