【お金】簡単解説:ふるさと納税の仕組み・メリット

ライフスタイル

1年間頑張った自分へのご褒美に、プチ贅沢したいな〜。

ふるさと納税、始めてみようかな!

ふるさと納税、聞いたことあるけど、どんなものなの?
お金を払って、モノがもらえる制度…?

『ふるさと納税』という言葉は聞いたことあるけど、仕組みをご存知ですか?ふるさと納税は知ってても実際やったことない。仕組みがわからないといった人も多いと思います。『ふるさと納税』は地元や応援したい自治体に寄附をできる制度。手続きをすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられたり、返礼品がもらえたりします。近年、利用する人が増えている制度なのです。

今回は『ふるさと納税』について解説します。

ふるさと納税って何?

ふるさと納税は、平成20年から開始された生まれ故郷や応援したい自治体に対して寄付ができる制度のこと。利用者は

・自治体に貢献することができる
・税金の控除が受けられる
・お礼の品がもらえる

などのメリットがあります。自治体も直接寄付を受け付けていますが、その他多数のサイトでも受け付けており、クレジットカード払いやコンビニ払い他、色々な支払いに対応しているサイトも多くあります。気軽に応援したい地域に寄付をすることができ、たくさんのメリットを得られるのがこの『ふるさと納税』です。

ふるさと納税のメリット

自治体への貢献

生まれ故郷に限らず、全国の自治体に自由に寄付ができます。昔住んでいた街や行ってみたい街に貢献したい、個人的に応援している街を元気にしたいなど、色々な視点から寄付する街を選ぶことができます。また、寄付金の使い道を指定することもできるため、透明性が高いとも言えます。

所得税・個人住民税などの税金の控除

自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(所得額・家族構成により一定の上限があります)。

例えば、あなたが1万円のふるさと納税をすれば、所得税と個人住民税を合わせて8000円が安くなるのです。これは実質、本来収めるべきだった居住地への住民税を希望する自治体に収めたということになりますので、寄付でありながら『納税』の名前がついているのです。実際にどれだけの控除を受けられるのかなどは、シミュレーターを使ってみるのも良いでしょう。

 

また、控除を受けるために原則としてふるさと納税を行った翌年に確定申告を行う必要がありましたが、平成27年4月1日から、確定申告の不要な給与所得者等(サラリーマンなど)はふるさと納税先の自治体数が5自治体以内である場合に限り、ふるさと納税を行った各自治体に申請することで確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が始まりました。つまり、寄付先が5自治体以内であれば、サラリーマンは確定申告不要になるケースが多いのです。より気軽に、寄付をすることができるようになったのですね。

豪華な返礼品

今はほとんどの自治体で、ふるさと納税をすると返礼品としてお礼の品を送ってくれるようになりました。特産品や地域の観光ツアーなど、その自治体ごとに返礼品は異なります。どこに寄付をしていいか迷った時は、返礼品が好みの街を応援してみるのも良いかもしれません。

ふるさと納税で注意したい3点

専業主婦(主夫)名義で申し込むと、損をしてしまうことも

ふるさと納税は「寄附をした年の分の所得税」と「寄附をした年の翌年に課税される住民税」から控除される制度のため、収入がない人がふるさと納税をしても意味はありません。パートナーに頼まれて専業主婦(主夫)が自分名義で手続きをしてしまうと、返礼品を高いお金で買ったことになってしまいます。必ず収入が多い人の名前で手続きしましょう。

早めに申し込もう

人気の返礼品を目的に納税をしようとしたが、受付開始と同時に終了してしまっていたということも。また、年末ギリギリに申し込むと金融機関がお休みに入っていたりで年内に間に合わないことも。余裕を持って手続きしましょう。

数回、同じ自治体に寄付する時は…

通常、返礼品はその年の最初の1回のみもらえるというケースがほとんどです。つまり、2回、3回と同じ自治体に寄付をしても返礼品がもらえるのはその年の最初の1回ということです。毎回もらえると思い込まず、しっかり各自治体の説明を受けましょう。また、『その年』が暦(1/1~12/31)に1回なのか、年度(4/1~3/31)に1回なのかも確認する必要があります。

まとめ

色々なメリットがあるふるさと納税。返礼品を選ぶ楽しさや、地域を応援できる喜び、控除での節約など、そのシステムは非常に画期的です。みなさんもふるさと納税を通して、地域に貢献してみませんか?

返礼品もだけど、地域に貢献したい気持ちが大切よね。

色々な街のことについても調べてみようっと!

シミュレーターを使って、実際に計算できるのがいいね。
僕も来年は飲み会を控えめに、挑戦してみよう!