【お金】25歳を過ぎたら貯蓄を意識!様々なライフイベント

ライフスタイル

最近、考え事が多いみたいね。
何か悩んでる?

うん、結婚って、いくらくらいお金が必要なのかなと思って。
ネットでシミュレーション計算してたんだけど、意外とかかるな〜。

相手もいないのに、もうシミュレーションしてたの!?
それはさておき、いざという時の貯蓄は大切よね。

突然の入り用に備えて貯蓄が必要

20代半ば頃から、色々と人は忙しくなり始めます。冠婚葬祭や自身のライフステージの変化など、大きなイベントが立て続けに起こる…という人も少なくありません。20代前半にはあまり身近ではなかった出来事も、どんどん自分の身に起こってきます。では、例えばどんなことに向けての貯蓄が必要なのでしょうか?一緒に見ていきましょう。

冠婚葬祭

(この項では、参加する側としての冠婚葬祭を扱います)

結婚式

20代後半からは結婚ラッシュが始まり、友人や会社の同僚の結婚式などに参加する機会が多いという方もいるでしょう。ここで必要になるのが、参加する場合のご祝儀。20代であれば、

職場の同僚・友人…30,000円

親族…50,000円

ほどを包むのが一般的と言います。他にも、遠方の場合の交通費(飛行機・宿代など)、着ていくドレスやスーツの新調などがあれば必要な金額はプラスされますね。おめでたい機会をしっかりお祝いするために、必要な金額をしっかり押さえておきましょう。

お葬式

人間は生きていれば誰しもいずれは亡くなるもの。葬儀の際も、お香典を包む必要がありますね。こちらも故人との関係によりますが、

職場の同僚・友人…5,000円から10,000円

職場の同僚・友人の親族、ご近所の方…3,000円から5,000円

を用意するのが一般的です。こちらも遠方からの参加の場合、交通費(飛行機・宿代など)も必要になりますね。葬儀は結婚式と異なり、スケジュールを前もって押さえられるものではありません。時間の確保ができるよう、予測できそうな場合は仕事に少しのゆとりを持っておくことも重要です。

自身のライフステージの変化

結婚

結婚には多くの場合、引っ越しが伴います。どちらかが一人暮らししていて、そこにもう一方が住むという形であればスムーズですが、二人で新居を一から決める場合などは少し予算が必要です。新しく家具や家電が必要になるのはもちろん、衣類や新居に持参したいものなどそれぞれの荷物を持ち寄るための引っ越し代がかかります。更にお互い一人暮らしの場合は家を引き払う際に修繕費を請求される場合もあります。(敷金0で入居したケースなど)引っ越しは想像以上に、体力とお金がかかるイベントです。数十万円は見ておいた方が良いでしょう。

また、挙式する場合はその資金も必要です。形式にもよりますが、300〜500万円ほどがボリュームゾーンのようです。ご祝儀で補うことを考えても、150〜200万は自分たちで支払うつもりでいないとプランを選ぶことになるかもしれません。引っ越しと挙式、この二つが大きな金額を要するポイントです。

出産

子どもが生まれ家族が増えるという嬉しいイベントも、十分な貯蓄が必要です。進学パターンにもよりますが、子ども一人にかかる金額は養育費や教育費含め3000万円と言われています。もちろん出産準備期間も何かとお金はかかるので、貯めておくに越したことはありません。結婚も出産も、パートナーと協力しあって計画的に進めていくのが良いですね。

親族の介護

自身の成長の一方で、親など育ててくれた人たちの老いは避けられません。両親も十分な貯蓄をしている場合は良いですが、必ずしもそれをあてにしていてはいけません。施設の入居や利用、また自宅で介護する場合にも十分な心の準備と貯蓄が必要です。

身近な人の不幸

身近な人の、突然の逝去。急な事故などの可能性もゼロではありません。故人を送り出すのにもある程度のまとまったお金は、必要になってきます。例えば、お香典も身近な人であればあるほど大きくなります。

祖父母、おじ、おばなどの親戚…10,000円から30,000円

親…50,000円から100,000円

兄弟や姉妹…30,000円から50,000円

また、葬儀そのものを行うのにももちろんお金はかかりますので、備えが必要になります。形式にもよりますが一般的な相場は100〜200万円ほどです。

まとめ

人は日々、色々なライフイベントに直面する可能性を秘めており、それは20代中盤くらいから多く発生します。いざという時の備えとよく言いますが、ざっとその内容を見ても、実際にかなりの金額がかかるということは想像に容易いでしょう。大切な場面でお金が足りず、満足な選択ができず後悔したということがないよう、普段からお金のことは意識して過ごしたいですね!

いざという時に大切な人を守れるように、お金は必要ね。

本当だね!今日から無駄遣いをやめて、結婚資金を貯めるぞ!!
(並行して相手も募集しなきゃね…)