20代半ばは、諸々のライフイベントを意識し始める年頃です。

結婚や出産、家や車の購入など…。

そこで「年収を上げたい」と転職を考える人も少なくありません。

同時に、20代半ばといえば仕事の裁量が増え、チャレンジしたいことも増えていく時期でもあります。

これもまた転職を考えるきっかけにもなります。

20代での転職は、誰しもが一度は考えたことがあることでしょう。

しかし、20代で転職するというのは「早すぎる」のでしょうか?

今回は、20代の転職が「本当に早いのか」を考えていきます。

20代で転職するのは難しい?

20代は、体力もありライフイベントの変化も多く、転職を一番意識する年代かもしれません。

その一方で、「20代で転職は早い」という説から、「そもそも20代の転職は難しい」説まで色々な話もあります。

20代の転職は、早すぎる・難しいものなのでしょうか?

結論から言うと、20代の転職は早すぎることはありませんし、十分可能です。

20代の転職が「ちょうどいい」理由とは?

一昔前まではスキルや経験が重視され、少し年齢が上の求職者であっても良しとする、「即戦力」の風潮があったのも事実です。

しかし、今は時代が変わって、企業側は主に20代の若手社員を求めるようになってきています。

その理由とは。

20代とは、先ほど少し触れたように、人生の中でも体力がある時期。

また、20代は記憶力も優れているので、仕事もどんどん覚えて、パワフルに長く活躍してくれるだろうと考える採用担当者が多いようです。

このように、様々な優位性があるため、20代の転職が成功する可能性は十分にあります。

例えば、大卒で3年働いて転職を考えても、26歳。

平均年齢が高めの企業であれば「若手」としても通用する年齢です。

3年間働いての転職であれば、企業側にも「何か正当な退職理由があったのだろう」と納得させやすくなります。

また、20代の転職は、未経験業種や職種に挑戦しても成功する可能性が高いのをご存知でしたか?

若手社員には即戦力のスキルや経験より、やる気を重視する企業も多いのです。

スキルや経験がなくても、若くてやる気があれば採用に至るー・・これを、ポテンシャル採用と言います。

未経験であっても、若ければ覚えも早い上に長く活躍してくれるという期待があります。

ポテンシャル採用の可能性を存分に活かせば、20代の転職も不可能ではありません。

20代の転職が「早過ぎない」理由とは?

「でも、入社数年で転職なんて、早すぎるのではないだろうか…?」

初めての転職を考える時、そう思うかもしれません。

ここで、データを見てみましょう。

転職する人は、昔に比べて増えているのです。(2010年の調査以降、転職者の数は年々徐々に増加しています。)

参考: 労働力調査 平成29年(2017年)平均(速報)
総務省統計局 労働力調査
※表12:年齢階級別転職者及び転職者比率の推移をご参照ください。

いかがでしょうか?

データの通り、終身雇用が当たり前の時代に比較し、転職者の数は増えています。

「転職」そのものも重要なライフイベントであることに変わりないのですが、昔に比較し、転職は若干カジュアルで身近なものになりつつあります。

昔の転職のイメージといえば、その職場にいられなくなった特別な理由がある人がするもので、イメージもそれほど良いものではありませんでした。

少し前までは、日本では、終身雇用が当たり前だったのです。

しかしここ数年で、転職へのイメージは大きく変わりました。

新しいチャレンジをしたい、年収を上げたい…など、「転職は、より良い未来を作る手段の一つ」として考えられるようになってきています。

では、「転職成功」の概念は?

先ほどから、「転職成功」という言葉を使っていますが、何をもって「転職成功」なのでしょうか?

答えは人の数だけあります。

仕事に打ち込みたい、年収をUPしたい、ワークライフバランスを重視したい、変化に富んだ仕事がしたい…

あなたが望むことが転職によって叶うなら、それは「転職成功」と言えます。

では、現状に耐えられず転職する・倒産などやむを得ず転職する場合は、どうでしょう?

この場合もぜひ、転職によって叶えたいことを一つでも見つけてください。

転職成功のためには、まず自分の希望を明確にする必要があります。

希望をはっきりさせずに転職活動を進めてしまうと、失敗に終わってしまいがちです。

20代に限ったことではありませんが、若いうちについ陥りやすいのが安易な気持ちからの転職。

マイナス面から転職を考えてしまう場合は要注意です。例えばこんな理由だけで、転職を考えていませんか?

・人間関係が嫌になった
・通勤時間が長すぎて嫌になった
・残業が多すぎて嫌になった

このような内容は20代の転職理由としてよく耳にする内容。

ですが、理由としては相応しくありません。

面接時の回答として相応しくないか、ではなく、転職でこれらを解決しようとしているのは、少し極端な思考になっている、という話です。

例えば人間関係や残業時間なら、転職までせずとも、社内のジョブチェンジや部署異動などで解決できる可能性もあります。

もちろん、転職時の面接で志望理由や転職理由は必ず聞かれますが、これを建前にしようとしている場合は要注意。

「転職じゃないと叶えられない希望」を明確にする必要があります。

自分にも人にも嘘をつかず、前向きな転職であるのが、結果としてあなた自身のためになります。

また、マイナスな気持ちから転職を考えている人は、内定=ゴールと考えてしまいがち。

内定はむしろスタートラインと考え、その先の叶えたい希望と自分の未来を、しっかり考えましょう。

転職は未来への希望をもって計画しよう

20代の転職、何が成功の鍵になる?

転職で叶えたいことが決まったら、行動力とスピード感をもって転職活動をすすめていきましょう。

スピードと言っても「焦って即応募」するのではなく、エージェントへの相談や情報収集などの準備にスピード感をもって臨む、ということです。

特に在職中での転職活動だと、「明日やろう」と後回しにしがち。

そうなると、どんどん時間だけが過ぎてしまいます。

仕事の合間を縫っての履歴書作成や面接対策は大変ですが、そんな時はぜひMAPにご相談ください。

・作成した書類を第三者の視点で見て欲しい
・転職したいけど求人がなかなか見つからない
・就職活動のスケジュールプランを考えたい

「スピード感と言っても、転職活動の手順がわからない…」

「どんな風に何をすればいいのかわからない…」

そんな方はぜひご相談ください。

迷っている時間こそ、最大のロスです。

20代後半の転職って、実際どうなの?高卒の方が有利?

一口に20代といっても、20歳〜29歳までが該当する年齢です。

20歳の転職と29歳の転職では、だいぶ違うものになります。

20代前半といえば、高卒で一足早く社会人になっている人がイメージしやすいかもしれません。

先ほどのポテンシャル採用のことを考えると、若ければ若い方がいいのでは?

高卒で同年代なら、社会人経験は自分の方が短い…と不安になるかもしれませんが、大丈夫です。

20代後半・大卒の転職は…

社会人経験は3年程度と考えると、ビジネスパーソンとしてのマナーも経験も十分身についている頃。

社会人経験なら、高卒の方が上だし…と諦めることはありません。

高卒20代後半は大卒に比較し経験者としての印象が強く、単純な作業経験だけではなくマネジメント能力や部下の育成能力などが求められる場合が多くあります。

そのため、高卒20代後半は、よりレベル・専門性の高い仕事を求められる可能性もあるのです。

また、大卒はそもそも応募できる求人の幅が広い、つまりより多くの選択肢があるというアドバンテージがあります。

応募条件が「大卒以上」となっている求人案件も、多くあるのです。

その点では、高卒の20代後半よりも、転職において求められるものはシンプルかもしれません。

しかし、3年も働いていれば、立派な経験者。

自分の成績や会社・所属部署の業績は普段から数字にして記録・閲覧・分析する習慣をつけておかないと、面接で焦ることになってしまいます。

油断せず、準備は十分に行いましょう。

【20代の転職】まとめ

20代だから不利、転職してはいけない、ということは決してありません。

むしろ20代だからこそ前向きに希望を持って転職を成功させていけるのです。

もし、あなたが転職するかを迷っているなら、新しい環境でどんな自分になりたいか、何を叶えたいかをぜひ考えてみてください。

・転職を通して「叶えたい希望」があるか
・希望に向かってスピード感を持って行動する

この二つを押さえたら、自己分析をしっかり行なって、自身のことを振り返りましょう。

自分と向き合った分だけ、より成功に近づいた転職ができるはずです。

20代、30代の転職エージェント MAP

年収アップ、異業種転職他成功実績多数あり。転職のプロによるキャリアアドバイスや職務経歴書の作成、面接対策、スケジュール調整など、転職活動を成功に導くサポートが、すべて無料で利用できます。転職サイトには掲載されない「非公開求人」も。