厚生労働省が30日発表した2014年1年間平均の有効求人倍率は前年比で0.16ポイント上昇し、1.09倍となった。大きさとしてはバブル経済末期である1991年の1.40以来、23年ぶりの高水準で、1.0倍を上回ったのは2007年の1.04以来7年ぶり。

昨年12月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0.03ポイント上昇の1.15倍と大幅に改善し、3カ月連続の上昇となった。1.15倍は1992年3月以来、22年9カ月ぶりの高水準。

昨年12月は新規求人倍率が前月より0.13ポイント上昇して1.79倍となり、求人が増えた。一方、求職者数は前月比で2.2%減少しており、この結果として有効求人倍率が大きく改善した。

この傾向は続いており、昨年はすべての月で有効求人倍率が1倍を超えた。

 一方、総務省が30日発表した昨年12月の完全失業率(同)は、前月比0.1ポイント低下し3.4%となり、2カ月ぶりに改善した。2014年1年間の平均は前年比0.4ポイント低下し3.6%と改善した。

引用元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150130-00000509-san-bus_all